【2020最新】ディズニーランド・シーを楽しむポイントを詳しくレポート

TDL TDS

2020年10月に入園して確認した最新ディズニーランドディズニーシーのパーク内のコロナ感染対策混雑の状況アトラクション入場時の様子ショーなどの様子を詳しく報告します。

9月28日にオープンした「美女と野獣エリア」など最新の内容も追加しました。


最新のディズニーランド・シーを楽しむポイントまとめ

ランドに「美女と野獣エリア」など新施設がオープン

ディズニーランドに「美女と野獣エリア」や新アトラクション「ベイマックスのハッピーライド」、新グリーティング施設「ミニーのスタイルスタジオ」がオープンしました。この影響で、シーとランドの人気が逆転しました。

新エリアについて下記記事で詳しく紹介しています。

新エリアのエントリー受付やレストラン事前予約を事前にチェック

ディズニーランドの新エリアは、コロナ対策で人数制限を実施しています。アトラクションやグリーティング施設の利用にはエントリー受付という抽選や、新エリアのレストラン「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」などはレストランの事前予約が必要です。

新エリアの抽選、予約などは以下の記事でまとめているので参考にしてください。

エントリー受付の当選率は「美女と野獣“魔法のものがたり”」で50~60%くらい、「ミニーのスタイルスタジオ」などグリーティング施設で20~30%くらいです。下記記事ではエントリー受付の当選率を分析しています(読者のみなさま、ご協力ありがとうございます)。

シーの人気アトラクション「ソアリン」乗車にはスタンバイパスが必要

シーの一番人気「ソアリン:ファンタスティックフライト」に乗車するには「スタンバイパス」というものを公式アプリで取得する必要があります。これまであったアプリの「ファストパス」とほほ同じ仕組みです。

2番人気の「トイストーリーマニア」も11時以降は乗車に「スタンバイパス」が必要です。

スタンバイパスの取得方法についてはエントリー受付と同じく下記記事で詳しく紹介しています。参考にしてください。

グリーティングが再開。利用にはエントリー受付が必要

中止されていたグリーティングが9月下旬から再開されました。こちらもエントリー受付で当選しないと利用できません。

ランドではミートミッキーなど5つ、シーではミッキー&フレンズ・グリーティングトレイルなど6つの抽選ができます。

最近はパークのいろいろなところにキャラクターが登場します。近づくことはできませんが、キャラクターの写真を撮影できます。

ショー・パレードのスケジュールが公開

再開後、ショー・パレードのスケジュールは密を避けるためにスケジュール・場所が非公表になっていました。最近は公式アプリなどでスケジュールが表示されるようになり、計画が楽になりました。

夜の花火ショー「ディズニー・ライト・ザ・ナイト」も9月1日から再開されています。

アトラクションの待ち時間が長めになっている

7月の再開直後は、パーク内がガラガラでアトラクションも待たずに乗り放題でしたが、入場人数が徐々に増えアトラクションの待ち時間は伸びています。

シーの人気アトラクションでは1時間以上待つものも出てきました(ランドは1時間以内)。一方、最大120分待ちを超えていたソアリンにスタンバイパスを導入するなどの対策も実施されています。

なお、主要なアトラクションはほぼ運行しています。メンテナンスのために短期間運休するアトラクションがあるので、公式アプリで運行状況を確認してください。

公式発表の9時より早く開園することが多い

9月1日から入場時間は9:00とアナウンスされています。しかし実際は、ディズニーランドでは8:30前後、ディズニーシーでは8:45前後に入場を開始しています。

ディズニーランドでは早く入園するとエントリー受付の9:00~の枠で抽選できます。ディズニーシーも早く入園すると早い時間のソアリンのスタンバイパスが取れます。
※10月12日時点での状況です。今後変更される可能性がありますのでご注意ください

その他のポイント

アトラクション、ショー、レストランなど、どこでもパーク側はできうる限りの新型コロナ感染対策を継続して実施しています。

ファストパス、シングルライダーは休止中です。

レストランはテーブルの間が広くあけられて、ソーシャルディスタンスが確保されています。ただ、レストランによっては隣のグループと背中合わせになる席もあり、「近っ!」と感じることもあります。

レストランが混雑してきて、長い列ができているところもありました。できれば事前にレストランのプライオリティー・シーティングを予約しておくことをおすすめします。

ショップは入場制限がなくなっています。ただし、閉園間際の混雑時間帯は入場制限が行われます。早めにお土産を購入すると安心です。美女と野獣エリア以外にも予約が必要なショップがあるのでご注意ください

マスク着用が必須です。入園時に検温があり37.5℃の発熱がある場合は入園できません。

以上、最新のディズニーランド・シーを楽しむポイントです。

コロナ禍でもミッキーたちは元気です。動画を撮影できましたので、ミッキーたちの姿をごらんください!

ミッキー&フレンズのキャッスルグリーティング@ランド

ミッキー&フレンズのハーバーグリーティング

ランド・シーへの電車の混雑ぐあい

パーク内の新型コロナウイルス感染対策については安心できても、行き帰りの交通機関が心配という方も多いと思います。

9月からオープンが1時間遅い9時になり、平日は通勤時間帯とガッツリ重なります

舞浜駅への経路はたくさんありますし、時間帯でことなりますが、参考までに10月の平日7時30分ころ東京駅から舞浜駅へ京葉線で移動したときの状況をレポートします(舞浜駅到着8時)。

説明が不要な場合、下記ボタンで舞浜駅到着後の説明へジャンプできます。
電車の説明をスキップ

東京駅内は平日の通勤時間(7時半ころ)ということもあって普通に混雑しています。

京葉線ホームへ向かう歩く歩道にもたくさんの人がいます。

舞浜駅前の京葉線車内です(8時舞浜駅着)。朝の下り方面は、このようにあまり混みません。上り方面の電車はもっと混んでいますが、ギューギュー詰めというほどではありません。

8時ころの舞浜駅前の様子です。7月はガラガラでしたが、最近は待ち合わせも多くなり、人でごったがえすようになりました。

パークへのアクセス、入場の流れ

パークへのアクセスと入場の様子をシーとランドに分けて紹介します。

リゾート・ライン&シーの入場を先に紹介をします。ランドへ行く方は、下のボタンでランドの説明にジャンプします。

ランド入場の説明へジャンプ

リゾートライン

舞浜駅からリゾートライナーへ向かう通路です。

10月現在、リゾートラインのフリーきっぷには新エリアがオープンした「美女と野獣」デザインや「ミニーのスタイルスタジオ」デザインが販売されています。券売機によってデザインが異なるので、希望のデザインのきっぷを販売している券売機で購入してください。こちらは「美女と野獣」デザインです。

リゾートラインの乗り場には、ソーシャルディスタンスを保つために黄色い枠があります。グループごとに、この枠内に並びます。

今年から運行がスタートしたリゾートライナーのType Cが来ました。クリーム色とオレンジの波打つ線が目印です

座席がうまるくらいの混雑でした。Type Cのシートはミッキーカラーで背もたれが波打っているのですが、隠れてみえません。

ドア上部のピクシーダストは扉が開閉するときにきらめきます。

シーの入り口手前には、新型コロナ対策の注意書きがあります。

シーの入園の流れ

続いて、シーの入園の流れを説明します。

エントランスにも、ソーシャルディスタンス確保のための黄色い枠が用意されています。後ろのほうは黄色の線です。線に靴のつまさきがくるようにして、前のグループを距離を取ります。

8時45分に到着しました。最後尾は真ん中と一番後ろの生け垣のちょうど間くらいの場所でした。シーは8時45分入場になることが多く、ちょうど入場が開始しました。

荷物を金属探知機に通すようになりました。これで少し入場に時間がかかるようになっています。ポケットの中のものをかばんにしまい機械に通します。荷物検査が終わったらすぐ、検温を受けます。検温はおでこで行います。

ゲートでチケットのQRコードを読ませます。スマホアプリでチケットを提示する人が多いと思います。スマホアプリの起動に時間がかかることがあるので、早めに起動しておくと良いです。

8時45分に到着して、ゲートを通過したのが9時7分でした。ゲートを通過したら、すぐ「ソアリン」のスタンバイパスを取ることをおすすめします。

私はすぐに取得して10:50~11:10のパスでした。

メディテレーニアンハーバーです。通常はミッキーたちが登場するマリタイムバンド公演の場所取りが行われているのですが、雨だったので人が少なかったです。

9月まではみんなソアリン方面へ向かっていたのですが、スタンバイバス導入の影響でトイストーリーマニアのあるアメリカンウォーターフロントへ向かう人が増えました。

トイストーリーマニアは朝11時までスタンバイパスなしで乗ることができます(10月上旬現在)。9時10分ごろに行って25分待ちでした。

次に、ランドの入場の様子を紹介します。下のボタンでスキップして、アトラクションの説明へジャンプできます。
アトラクションの説明へジャンプ

ランドの入園の流れ

舞浜駅からランド方面への通路を進みます。

通路を下った左側には、エントランス左エリアへのゲートがあります。

奥(ランドホテル側)の方が空いているとのことだったので、左にあるゲートに進まず、奥に向かいました。

ディズニーランドではエントランス広場に入る前に、金属探知機を使った手荷物検査があります。ポケットの中のものをかばんの中にしまって機械に通しましょう。荷物検査を受けたあとに、おでこで検温を受けます。

8時28分に到着したら、すでに8時25分ころから入場が始まっていました。左右に蛇行しながら前へ進みます。入場開始に到着した場合は、黄色い枠の中でソーシャルディスタンスを保って待ちます。

ゲートにチケットのQRコードを読み取らせて入場します。スマホアプリの起動に時間がかかるので、早めにチケットを表示しておくと良いです。

入場はスムースで8時32分にはゲートを通過しました。新エリアオープンの影響か以前よりランドの人が増えているような気がしました。

ほとんどの人が新エリアを目指して、シンデレラ城前の広場(プラザ)を右側に進みます。

トゥーンタウンを目指して進むと、美女と野獣エリアで一番手前にある「モーリスのコテージ」が見えてきます。

現時点では美女と野獣”魔法のものがたり”などは9:00枠のエントリー受付の当選確率が高いようなので、8:55までにエントリー受付をしてみるのも良いと思います。

エントリー受付は、どこでもできるのでシンデレラ城前で行われるキャッスルグリーティングの場所取りをしながらでも良いと思います。

アトラクション

アトラクションの混雑状況

7月の再開直後は、ほとんど待ち時間がなかったアトラクションですが、入除者数が増え待ち時間が毎月長くなっています。

シーではスタンバイパス導入でソアリンとトイ・ストーリー・マニア(トイマニ)に並んでいた人が分散し、インディジョーンズ、タワーオブテラーの待ち時間が1時間を超えることもあります。

ランドは、新エリアのアトラクションに人が流れ、アトラクションの待ち時間はそこまで伸びていません。一番人気のスプラッシュマウンテンで50分前後です。

ディズニーシーのアトラクション攻略

ディズニーシーのアトラクション攻略では、入園してすぐソアリンのスタンバイパスを取得することが大切です。

入園の様子で紹介したように私は入場開始の8時45分にエントランスに付き、9時8分頃に入場と同時にスタンバイパスを取得し、10:50~の時間帯のパスでした。

11時入園でもスタンバイパスは取得できそうです。ただし、14時入園だと発券終了していることが多いです。

10月13日時点では、ソアリンは終日スタンバイパスが必須、トイ・ストーリー・マニア(トイマニ)は朝11時から閉園間際まで乗車にスタンバイパスが必須です(20時ころから不要になることがあります)。

スタンバイパスは、2つ同時に取得できません。早い時間帯のソアリンのスタンバイパスを取得して、ソアリンのスタンバイ列に並んでいるときに、トイマニのスタンバイパスを取得するのがベストです。

トイマニは朝はスタンバイパスなしで乗車できるので、朝一にトイマニに並んでしまうのも作戦です。

スタンバイパスの取得方法は、下記記事を参考にしてください。

なお、スタンバイパス導入でゲストが分散したため、インディージョーンズ、タワーオブテラー、センターオブジアースなど三番手以降の人気アトラクションの待ち時間が伸びています。

ディズニーランドのアトラクション攻略

ディズニーランドのアトラクション攻略で一番のポイントは、新アトラクション「美女と野獣”魔法のものがたり”」と「ベイマックスのハッピーライド」です。

両アトラクションに乗るには上で説明したようにエントリー受付で当選する必要があります。時間帯によって当選率が変わっているので、下記の記事などを参考にエントリーする時間を検討してください。

ランドも入場者が増えていますが、新アトラクションに人が流れアトラクションの待ち時間は長くありません。

一番人気のスプラッシュマウンテンで50~55分、他の人気アトラクションは30~40分の待ち時間です。特に順番は気にしないでも大丈夫です。

アトラクションの感染対策

スタンバイ列やライドで密になるのを心配される方も多いと思います。

基本的には、アトラクションでは、スタンバイ列でのソーシャルディスタンス確保、1回の乗車人数の削減など、対策が取られています。

アトラクションの感染対策は基本的には、共通化されているのでポイントをご紹介します。

スタンバイ列(キューライン)には黄色い線や黄色い枠が書かれています。枠がある場合は枠内に立ちに、線の場合はつま先を線に合わせるように距離を取ります。

多くのアトラクションでは、3人以上のグループは、2名を超えないように分かれて並ぶように指示があります。3人グループの場合は、2人と1人に別れます。

待ち時間が長いアトラクションでは、スタンバイ列の後方には黄色い線がないところがあります。

ゲストが自主的に間隔をとって並びます。キャストさんが「他のグループとは1~2m以上の間隔をあけて並びましょう」と声かけしていますが、以下のように1mあけている人のほうが少ないです。

普段よりスタンバイ列が長くなります。ただし、列の進みが速いので待ち時間は短いです。列が長くてもほぼアナウンスされている待ち時間で乗車できます。

ソアリンやタワー・オブ・テラーなど、ライドに乗る前のプレショー付きのアトラクションがあります。ソアリンは密を回避するためプレショーがカットされていました。7月は実施されていたタワー・オブ・テラーのプレショーも現在はなくなっていました。

また、マジックランプシアターの待機ルームも、このように間隔をあけて黄色い枠が設置されていまた。普段の印象からすると、がらがらという感じです(このように人数を制限しているため、マジックランプシアターの待ち時間は少し長めです)。

3Dメガネはキャストさんが渡してくれるので受け取ります。自分で取る形式から変わりました。

グループごとに1列あけて乗車するなど、ライドでも距離が保たれています。例えば、インディージョーンズは、1列目と3列目のみの乗車です。以前は他のグループと同じ列に座ることはありませんでしたが、最近は1人同士の場合、離れて同じ列に乗車します。

ソアリンでは別グループと1席空けて座るなど、距離のとり方はアトラクションによって変わりますが、どのアトラクションも距離が保たれていました。

マジックランプシアターやタートルトークなどのシアター系もシートが1列おきになっています。また、別グループとは1席以上あけて座ります。

その他、アトラクション固有の対策がとられている場合もあります。キャストさんから説明があるので、指示にしたがってください。

なお、シーとランドに分けて人気アトラクションの営業再開後の様子、待ち時間などを以下の記事で詳しくレポートしています。こちらも参考にしてください。

「シーの人気アトラクションのレポート」を見る

「ランドの人気アトラクションのレポート」を見る

以上、アトラクションの感染対策のポイントをご紹介しました。どのアトラクションも対策のおかげで、これまで同様に楽しめます。

ディズニーシーの休止アトラクション

フォートレス・エクスプロレーション
アリエルのプレイグラウンド
マーメイドラグーンシアター
海底2万マイル

ディズニーランドの休止アトラクション

ペニーアーケード
スイスファミリー・ツリーハウス
トムソーヤ島いかだ
シンデレラのフェアリーテイル・ホール
グーフィーのペイント&プレイハウス
チップとデールのツリーハウス
トゥーンパーク
ドナルドのボート
ミニーの家

なお、定期メンテナンスで短期に運休するアトラクションがあります。公式アプリ等で休止スケジュールを確認してください。

ショー・パレード


ショー・パレードを一番の楽しみにディズニーへ行かれる方も多いと思います。

ショー・パレードは、アトラクションよりゲスト集中をコントロールしにくいため、ディズニー側も手探りで再開を進めていて、すこしずつ開催される数が増えています。

ショー・パレードの開催状況

9月からショー・パレードの開催スケジュールが公表されています。

紙のパンフレット(TODAY)は配布されていないので、公式アプリで開催スケジュールを確認してください。

以前は時間未公表だったのでTwitterなどで情報収集する必要がありましたが、ショー・パレードを見る計画を建てるのが楽になりました。

ランドで「ミッキー&フレンズのキャッスルグリーティング」、「ミッキー&フレンズのグリーティング・パレード」、「ナイトフォール・グロウ」と「ディズニー・ライト・ザ・ナイト」が開催されています(10月13日時点)。

ミッキー&フレンズのキャッスルグリーティング

ミッキー&フレンズのグリーティング・パレード

シーでは「ミッキー&フレンズのハーバーグリーティング」、「トランジットスチーマー・グリーティング」と「ディズニー・ライト・ザ・ナイト」が開催されています(10月13日時点)。

「ミッキー&フレンズのハーバーグリーティング」ではミッキー、ミニー、ドナルド、デイジー、グーフィー、プルート、チップ、デールがバージに乗ってハーバーに登場します。

「トランジットスチーマー・グリーティング」では、ウッディー、バズ・ライトイヤー、ジェシー、ロッツォがトランジットスチーマーラインに乗って登場します。通常のトランジットスチーマーラインと同じコースでパーク内を一周するので、どこにいても見やすいショーです。9月中旬まではダッフィー&フレンズでしたが、グリーティング開始にともない、トイストーリーに変わりました。

ディズニーシーではミッキー広場で開催されるマリタイムバンドの演奏の初回に、ミッキー&ミニーが登場しています(10月上旬現在)。

ランド・シーのキャラクターショー・パレードについて下記記事で詳しくご紹介しています。

「ランド・シーのショー、パレードの詳しいレポート」を見る

ショー・パレードの感染対策

シーでは、メディテレーニアンハーバーなどショーを見られる場所には、黄色い枠が設置されています。この枠内で待ちましょう。

ショー開催が近づくと黄色い枠が埋まってしまいます。その場合は、黄色い枠の後方に白いポイントがあります(写真だと見にくいですが)。ここに一人ずつ立って待ちましょう。
黄色い枠とずれて設置されているので、白いポイントからも比較的見やすいです。

グリーティング

常設グリーティングが9月から再開されました。待ちに待ったキャラクターとの写真撮影ができるようになりました。

ただし、グリーティング施設を利用するには、新アトラクションと同じく入場後に公式アプリでエントリー受付をする必要があります。

10月13日現在、以下の施設でグリーティングができます。

ディズニーランド

ミニーのスタイルスタジオ
ミッキーの家とミートミッキー
ウッドチャック・グリーティングトレイル
シアターオーリンズ
プラザパビリオン・バンドスタンド前

ディズニー・シー

“サルードス・アミーゴス!”グリーティングドッグ
ミッキー&フレンズ・グリーティングトレイル
マーメイドラグーンシアター
ブロードウェイ・ミュージックシアター
ドックサイドステージ

グリーティングの利用方法

グリーティングのエントリー受付で当選した時間になったらグリーティング施設へ向かいます。

キャストさんにエントリー受付のパスのQRコードを読み取ってもらい入場します。

パスには表示時間5分前からQRコードが表示されます。ですので、実際は5分前から入場できます。入場後、キャラクターに会えるまで20分くらい待たされる場合も多いです。

ソーシャルディズタンス確保のため、キャラクターと触れ合うことはできません。しかし、距離を取りながらキャラクターたちがコミュニケーションをとってくれます。写真撮影は1グループ1枚です。キャストさんにスマホ・カメラを1つ渡して撮影してもらえます。頼めば、キャラクターのワンショットも可能です(ただし、一緒に写真は撮れません)。

パークのあちこちにキャラクターが登場

常設のキャラクター・グリーティングに加えて、パーク内で不定期にキャタクターが登場することがあります。

ディズニーランドのスペースマウンテンに登場したスティッチ&エンジェルです。

ポートディスカバリーに登場したMr.インクレディブルとエドナ(後ろ姿)です。キャストさんがソーシャルディスタンス確保に大わらわでした。

レストラン

レストランも密になりやすいですし、マスクを外すので感染リスクが考えられる場所です。

パーク内はレストランはテーブルの間隔を開けたり、利用できないテーブルを設けたり、距離を確保する対策がなされています。

プライオリティー・シーティングの予約

混雑するレストランが増えてきたので、事前にプライオリティー・シーティング対応のレストランを予約しておくのもおすすめです。

美女と野獣エリアの新レストラン「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」、トゥモローランドのポップコーン専門店「ビッグポップ」は事前予約が必須です。

プライオリティー・シーティング対応のレストランの予約は、1ヶ月前の同日10:00~に開始されます。

予約開始直後、1分以内に埋まってしまうレストランも多くあります。

新しくオープンした「ラ・タベルヌ・ド・ガストン」「ビッグポップ」やスイーツビュッフェ「スウィートタイムセレクション」が開催されている「クリスタルパレス」などが人気です。

レストランの予約攻略法を下記記事で紹介しているので、予約が難しいレストランを予約される場合は参考にしてください。

「レストラン予約攻略法」を見る

ちなみに私は、レストランの混みぐあいが事前にわからなかったので、ゆったり座れそうな「マゼランズ」を予約していきました。

隣のテーブルと仕切られているボックス席を運良く利用できました。ボックス席以外のテーブルも広めにスペースが取られていました。

落ち着いてゆっくり食事ができたので、頑張って予約したかいがありました。

レストランを予約すると、エントリー受付やスタンバイパスの時間と重なる場合もあるので注意してください。

レストランの混みぐあい

営業再開直後はガラガラだったレストランですもランチタイムを中心に混雑するようになっていました。

こちらはシーのヴォルケイニア・レストランの12時半ころの様子です。右奥にヴォルケイニア・レストランの入り口が見えますが、外に列が20m以上続いています。写真手前の列はソアリンの列で、壁際の列がヴォルケイニア・レストランの列です。平日はもう少し空いていました。

ディズニーランドは、シーと比べて比較的空いていますが、レストランは少し混雑しています。こちらは、センターストリート ・ コーヒーハウスの12時ころの様子です。平日ですが、入場待ちの列ができてます。プライオリティーシーティングを予約しておくとスムースに入場できそうです。

スマホアプリのレストラン情報で、待ち時間を確認しておくと確実です。

レストランの感染対策

レストランの感染対策についてポイントをご紹介します。

レストラン入店もソーシャルディスタンス確保のため、黄色の枠や線に並んで待ちます。

レストラン入口にはアルコール消毒液がおいてあるので、手を消毒します。

レジにも黄色の枠や線があるので、並んで待ちます。接触をさけるため、レジではクレジットカードや電子決済などキャッシュレスでの支払いが推奨されています。

テーブルの約半分は、「他のテーブルをご利用ください」という札が立ってて利用できません。そのため、テーブル間の距離がかなり離れます。それでも心配な場合は、オープンエアーのテラス席があるレストランを利用するのも良いと思います。

食事をするときに外したマスクを収納する袋をもらえるレストランがあります。

マゼランズなど座席でオーダーするタイプのレストランでは、紙のメニューが廃止されています。その代わり、テーブルの上にQRコードがついたプレートが置かれています。QRコードを読み取ると、レストランのメニューページにアクセスします。QRコードを読み取らなくても、スマホアプリからレストランを選んでメニューを見られます。

ショップ

営業再開時は厳密に人数制限がされていたショップですが、最近は閉園間際の夜の時間帯を除き、普通に入れるようになりました。

ショップの入店事前予約

ディズニーランドの美女と野獣エリアの「ビレッジショップス」など、以下のショップでは事前来店予約システムでの予約が必要になっています。

ディズニーランド

ビレッジショップス(ラ・ベル・リブレリー、リトルタウントレーダー、ボンジュールギフト)
ギャグファクトリー/ファイブ・アンド・ダイム ※10/20から不要
キングダム・トレジャー ※10/20から不要
プラネットM ※10/20から不要

ディズニーシー

ロストリバーアウトフィッター

予約時間が近くなったらショップへ行きます。キャストさんに予約メールを見せて、列にならんで入場します。

事前来店予約は入園日5日前の深夜0:00開始です。予約開始と同時に予約いっぱいになることも多いです。

事前来店予約システム(9/18から公開)

下記記事で「ビレッジショップス」など予約が必要なショップの予約攻略法をご紹介していますので、参考にしてください。

「事前来店予約システムの予約攻略法」を見る

ショップの様子

ショップは基本的には、閉園時間が近づくと混雑します。混雑する前にお土産を買っておくと列に並ばずにすみます。

以前はソーシャルディスタンス維持のため、入口と出口が1つずつ決まっていましたが、現在は自由に出入りできるようになっています。入口には、消毒用アルコールがおいてあるので消毒に協力してください。

ショップ内は夕方までは、このような感じで空いています。

ただし、閉園間際の混雑する時間帯は列に並んで入場することになります。ギリギリだとお土産を買うのに時間がかかるので、早めに買い物を済ませておくことをおすすめします。

ディズニーランドのショップも混雑する夜の時間帯になると、昼間は出入りできた扉が閉じ、入場口が限定されます。

ランドのショップでは、「美女と野獣」「ベイマックス」など新エリア関連のグッズがおいてありました。


新グッズはオンラインショッピングでしか購入できないものも多いので注意してください。

新グッズの詳細は公式ページを参考にしてください。

新グッズの一覧(公式ページ)

ディズニーシーでは新しいダッフィーのお友達「オル・メル」のグッズのパーク内ショップでの販売が始まりました。

売り切れが続いているエコバッグは時々、再販されているようです。10月2日にはたくさん並んでいましたが、また売り切れたようです。

ディズニーリゾート公式サイトで、各ショップの混雑予想が確認できますので、こちらも参考にしてください。

ショップ混雑予想(公式サイト)

ディズニー周辺でGoToトラベル 地域共通クーポンが使える場所

GoToトラベルのキャンペーンを利用してディズニーランド・シーに来園する方も多くいると思います。

残念ながら、パーク内のショップ、レストランでは地域共通クーポンは使えません(10月13日現在)。

ただし、ミラコスタなどディズニーホテルのレストランでは使える店舗があります。

私も実際にミラコスタのオチェーアノで地域共通クーポンを使ってディナービュッフェを食べました。

ディズニーホテルのレストランはオンライン予約が必要なので注意してください。

ディズニーランド周辺ではイクスピアリのディズニーストアなどでも地域共通クーポン(紙クーポンのみ)が利用できます。

下記記事でディズニーランド周辺の地域共通クーポン取扱店舗をご紹介しています。

おまけ:7月の営業再開直後と最近のパーク内の比較


7月の営業再開直後のテレビ報道の影響が強く、「ディズニーランドは今もガラガラ」と思われている方も多いので、再開直後と最近(9月)の様子をわかりやすく比較してみました。

暇つぶしにごらんください。

まとめ

以上、10月の最新状況を反映して、ディズニーランド・シーを楽しむポイントを詳しくレポートしました。

全般的に新型コロナ対策がしっかりなされていますし、多くのゲストはルールをしっかり守っています。

一方、入場者の増加にともない、必要な場所でのマスク未着用なども見受けられます。

パークとゲストが協力して、今後も楽しくて安全な運営を継続してほしいと思います。

おしらせ
ディズニーと並んで人気のUSJGoToトラベル割引で格安に行く方法を徹底調査しました。往復航空券+オフィシャルホテル1泊+1デーパスで1人17,500円の激安プランもありました 詳しくはこちら

東京ディズニーランド・シー

世界のディズニー再開情報

-TDL, TDS
-, , , , , , , , , ,

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です