【最新版】「サグラダ・ファミリア」入場チケットの予約方法、最安価格 徹底ガイド

バルセロナ

2019年最新の「サグラダ・ファミリア」の入場チケット選び方予約方法、安く買えるサイト、などを誰でもわかるよう詳しく解説します。

バルセロナのシンボル「サグラダ・ファミリア」(Sagrada Família)は世界有数の人気観光地です。そのため、入場チケットの事前予約がほぼ必須になっています。

サグラダ・ファミリアの入場チケットは公式サイトで予約できます。ただし、サイトが英語でちょっとわかりにくいので、予約手順を詳しく解説します。

また、公式サイトとツアー予約サイトのチケット料金を調査し、一番安く予約できるサイトをご紹介します。

サグラダ・ファミリア 入場チケットの攻略法

サグラダ・ファミリアのチケットを予約する上で、知っておくべき攻略法をはじめに解説します。

攻略法1:サグラダ・ファミリアの入場チケットの種類

サグラダ・ファミリアの入場チケットは6種類ほど販売されています。ほとんどの人は教会内部の入場料と尖塔(タワー)に上がるエレベーターがセットになったSAGRADA FAMÍLIA WITH TOWERS 32 €を購入します(日本語オーディオガイド付き)。なお、教会内部の見学だけのチケットは17 €で、オーディオガイド付きは25 €です。

17 €と比べると32 €(約3,800円)は倍くらいの値段になりますが、タワーにはそれだけの価値が十分にあります。サグラダ・ファミリアのシンボルである尖塔や屋上の装飾を間近で見られます。

シンボルであるサグラダ・ファミリアからバルセロナの街を眺めるのも格別です。

サグラダ・ファミリアに来てタワーに上がらないのはもったいない、というのが個人的な意見です。

余談ですが、約10年前、私が初めてサグラダ・ファミリアの塔に登ったときの料金はなんと2 €でした。教会内部はたしか無料だったと思います。10年で料金が16倍というのはびっくりですが、この入場料がサグラダ・ファミリアの建設費用になっていると思えば、支払う価値はあります。

攻略法2:入場の待ち時間は?チケットは事前予約が必要?

サグラダ・ファミリアは世界有数の人気観光スポットなので、入場チケットは実質上、事前予約が必須と言えます。特に夏休みの期間は、以下のように1週間予約がいっぱいになります(下線の日は予約不可)。

サグラダ・ファミリアのチケットは教会に入場する時刻と、タワーにあがるエレベーターの乗車時刻が決まっています。そのため、チケットを予約しておけば、入場待ちで長時間並ぶ必要はありません(セキュリティチェックのため多少は並びます)。

訪問日の間近に予約すると、都合の悪い時間帯の予約しか空いていない、という状況になります。サグラダ・ファミリアへ行くスケジュールが決まったら早めに予約すると良いです(3ヶ月前から予約できます)。

とはいえ、ミラノの「最後の晩餐」のように予約開始日に完売、というほどではないので、予定をしっかり決めて予約してください。予約してしまうと基本的にキャンセルできません。

記事中で、安く予約できるサイトの調査結果をご紹介しますが、公式サイトでの予約が一番安い(定価)です。ただし、英語での手続きになるので手順を記事中で詳しくご紹介します。

攻略法3:生誕のファサードか?受難のファサードか?

サグラダ・ファミリアには2つのファサード(建物の正面)があります。生誕のファサード(Nativity facade)と受難のファサード(Passion facade)です。地上からは両方のファサードを見学できますが、タワーはどちらかしか上ることができません。

予約のときに、どちらのタワーに上がるか選びます。で、どちらを選ぶか?に悩みます。一般的には、工事が先に進んでいる生誕のファサードのほうが見晴らしもよく人気があるようです。

入場チケット料金が一番安いサイトを比較

サグラダ・ファミリア公式サイトはチケットを購入できるサイトが複数あります。一番安く買えるサイトを調べてまとめました。公式サイトは英語での予約になるので、他のサイトは日本語で手続きができるサイトから選びました。

ツアー会社料金
公式サイト:英語
32.0
サグラダ・ファミリア
ケーケーデイ
35.0
手順・クーポン解説
サグラダ・ファミリア
ボヤジン
37.0
手順・クーポン解説
サグラダ・ファミリア
ゲットユアガイド
生誕
39.5
受難
39.5
手順・クーポン解説
サグラダ・ファミリア
ベルトラ
46.0
手順・クーポン解説
サグラダ・ファミリア
チケッツ
50.0
手順・クーポン解説

公式サイトが32 €で最安です。公式サイトは英語での手続きになるので、このあと公式サイトでの予約方法を詳しく解説します。また、公式サイトは予約時に入場時間を選べるメリットもあります。

日本語で購入できるサイトではkkdayが35€で最安でした。プランの中に、サグラダ・ファミリア優先入場チケット+オーディオガイド+塔入場 (受難のファサード) 35 €サグラダ・ファミリア優先入場チケット+オーディオガイド+塔入場 (生誕のファサード)35 €があり、上るタワーを選びます。公式サイト以外は、即時予約はできないようです。

GetYourGuideでの予約をオススメしているブログが多いですが、サグラダ・ファリミリアに関しては割高でした。他の観光スポットでは、GetYourGuideが最安なケースも多くあります。観光スポットごとに安く買えるサイトは変わります。ですので、複数の予約サイトを調べるとお得に予約できます。ただし、微妙に条件が違ったりもするので、調べるのはけっこう手間がかかります(私も、この表を作るに半日以上かかりました)。

以下で説明する公式サイトの予約手順を見て、英語での手続きで問題がなさそうなら、公式サイトでの予約をオススメします。一点、サグラダ・ファミリアの予約サイトは日本発行のクレジットカードだと決済に失敗するケースがあります。この点はリスクとして認識しておくと良いです。

3€差ですが日本語で予約するほうが楽という方は、下記のボタンから最安(2019年8月時点)のkkdayで予約できます。

サグラダファミリア入場チケット(教会+タワー)(KKday:日本語)

タワー付きのプランを間違えずに選んでください。

公式サイトのチケット予約手順

サグラダ・ファミリア 公式サイトでのチケット予約方法を解説します。

まず、サグラダ・ファミリアのチケット予約ページにアクセスします。

公式サイト チケット予約ページ(英語)

チケット購入サイトにアクセスすると、情報取得の許可が表示されます。許可しないとチケット購入へ進めないのでOKをクリックします。

次に同行者の人数を選択します。同行者が9人までの場合は、Individual(個人)をタップします。

次にチケットの種類を選択します。チケットの種類がたくさんありますが、攻略法で説明したように事実上の選択肢は多くありません。チケットで主要なものを選択します。

SAGRADA FAMÍLIA WITH TOWERS 32 €はタワーの見学が付いたチケットです。オーディオガイドも付いています(タワー見学にはオーディオガイドが人間のガイドが必ず付きます)。ほとんどの観光客がこのチケットを選んでいると思います。BUYをタップします。

「タワーは見学しない」という場合は、サグラダファミリア教会の内部見学のみのチケットがあります。オーディオガイド付きSAGRADA FAMÍLIA 25 €で、オーディオガイドなしSAGRADA FAMÍLIA BASIC TICKET 17 €です。オーディオガイド分の差額は8 €です。オーディオガイドありなしアイコンで表示されているので、確認してください。



この他、SAGRADA FAMÍLIA WITH GUIDED TOUR 26 €(ガイド付きツアー)やGAUDÍ HOUSE MUSEUM 5,50 €(ガウディの家博物館)のチケットもあります。ガイド付きツアーは日本語の説明がないので選ぶ理由がないです。ガウディの家博物館はサグラダ・ファミリアでなくグエル公園にあります。

続いて、見学日やどちらのファサードのタワーに登るかなどを入力します。画面を下にスクロールしてください。

最初に見学日を選択します。日付をタップするとカレンダーが表示されます。


カレンダーで日付の下線が表示されているのは、予約がいっぱいの日です。下の例は、8月中旬の最も混雑する時期ではありますが、一週間先までタワーの予約がいっぱいになっています。予約可能な18日もタワーに登る時間の選択肢が非常に限られていました。旅行のスケジュールが確定したら、早めに予約したほうがよさそうです。ただし、予約してしまうとキャンセルが基本的にはできないので注意が必要です。

次にどちらのファサードの塔に登るかを選びます。受難のファサード(Tower on the Passion facade)生誕のファサード(Tower on the Nativity facade)を選びます。タワーを選ぶと、下に入場可能な時間帯が表示されます。希望の時間帯を選択し(選択可能な時間帯が少ない場合は表示されません)、タワーに上がる時刻を選びます。チケットの残り枚数も表示されています。

次にサグラダ・ファミリアへの入場時間を選択します。タワー入場の30分前か45分前にか、に決められています。つまり、入場して30分後か45分後にはタワーに上がるエレベーターに乗ることになります。

次にチケットの枚数を選択します。General(一般)、Student(学生)、Chlidren under 11 years old(11歳以下の子供)、Senior(シニア)ごとに枚数を選びます。

枚数を選択したら、CONTINUEをタップして、次に進みます。

次にプロモーションコードの入力です。プロモーションコードは特別に配布されるもので通常は入手困難です。CONTINUEをタップして、次に進みます。

最後にオーディオガイドの言語を選びます。リストから「日本語」を選択します。選択したら、CONTINUEで次の画面へ進みます。

続いて、チケット受け取りのための情報を入力します。必須項目のみ入力すれば大丈夫です。必須項目は、Name(名:ローマ字)、Email address(電子メール)、Repeat your email address(電子メール:確認用)、Country(国)です。

続けて支払い方法の選択ですが、Card payment(クレジットカード)しか選べません。利用規約への同意をチェックして、PAYをタップします。

続いて支払い用のクレジットカード情報を入力します。VISA、MASTER、AMERICAN EXPRESSが使えます。支払い画面は、一部表示がスペイン語になります(ヨーロッパの予約システムでよくあるパタン)。

下記の通り、カード情報を入力してください。カード番号を入力すると、円(JPY)で払うか、ユーロ(EUR)で支払うかの選択画面がでます。カード番号を自動入力してしまうと、通貨の選択が表示されないことがあるので手入力してください(自動入力されてしまった場合は、一旦削除して再入力)。支払いは円でもユーロでも大差無いですが、日本円の場合は2%の為替手数料がかかるようです。ユーロを選ぶと、クレジットカード側で為替手数料がかかります。カード会社によって異なりますが、安いカード会社で1.65%~です。2%を超えるカード会社は少ないはずなので、EUR払いのほうが微妙に良いかもしれません。

Pagerボタンをタップすると支払いが確定します。キャンセルできないので、よく確認してからタップしてください。

クレジットカード決済に成功すると下記画面になります。私は日本のクレジットカード会社発行のVISAカードで決済しましたが、問題なく完了しました。タイミングが早いと、この時点でチケットが添付された電子メールが届きます。長い画面ですが、下のCONTINUEをタップしてください。

最後に以下の購入完了の画面になります。チケットは電子メールに添付されて届くので、この画面ではダウンロードしません。画面下のDownload the tour mapをタップすると、入場の流れが簡単に解説されたPDFをダウンロードできます。

チケットは、下記のような電子メールで届きます。メールに予約の詳細などが記載されています。電子チケット(PDF)が添付されます。購入枚数分のチケットが1つのPDFになります。

以下が入場チケットです。チケットには見学日が日/月/年の順で表示されています。予約した教会への入場時刻や、選んだタワー、タワーのエレベーターに乗る時間も記載されています。

サグラダ・ファミリア入場の流れ

当日の入場の流れを簡単に説明します。

サグラダ・ファミリアは、地下鉄Sagrada Família駅が最寄りです。サグラダ・ファミリアのすぐ横に出ます。

どちらのタワーに上るときも生誕のファサード側から入場します。

チケット予約時にダウンロードできるマップで位置関係を説明します。個人の入場口は、生誕のファサード側の向かって右側(①)です。左側は団体入り口です。

<出所>サグラダ・ファミリア公式マップ

入り口では、チケットの確認と荷物検査があり、少し並びます。

オーディオガイドの受け取り場所は、生誕のファサードの一番右の入り口です。上のマップの②の位置です。オーディオガイド受け取りもちょっと列ができます。

タワーのエレベーターの時間になるまで教会内を見学します。

時間になったら予約したほうのエレベーターに向かいます(上のマップの③ or ④)。手荷物はエレベーター乗り場の横のロッカーに預けます。1ユーロのコインが必要です。

このエレベーターで昇ります。

塔の上からの眺めを楽しみます。

下りはエレベーターでなく、螺旋階段を下ります。

地下には博物館があります。サグラダ・ファミリアの模型や建設途中の様子などを見られます。ファサードの脇から入場できます。

以上、サグラダ・ファミリアの入場チケットの予約方法について詳しくご紹介しました。

この他にもバルセロナ観光に役立つ情報を解説しています。

-バルセロナ
-, , , , , ,

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です