【8月更新】ディズニーシー 人気アトラクションの営業再開後の待ち時間など攻略法をレポート

TDS

営業再開後のディズニ・シーのソアリン、トイマニなどの人気アトラクションへ実際に乗車して確認した感染対策待ち時間これまでとの違いなどを詳しくレポートします。

8月になって、7月の営業再開直後と比べて入場者が大幅に増えておりアトラクションの待ち時間が2~3倍くらいになっています。

8月の最新状況を調査してきたので、内容を更新しました。

なお、ディズニーランドの人気アトラクションは、 こちらの別記事でご紹介しています。


ディズニー・シー アトラクションのポイント

最初にも書いたように営業再開直後より入場者数がかなり増えており、アトラクションの待ち時間が増えています。

7月頭にニュースで流れた「ガラガラのパーク」ではなくなり、アトラクションに好きなだけ乗れる状態ではなくなっています。

最初に、営業再開後のディズニー・シーでアトラクションを楽しむためのポイント(8月更新版)をまとめます。

ソアリンは120分待ちを超すこともあります。シーを快適に楽しむためには、「いつソアリンに乗るか」がポイントになっています。

ソアリンは、オープン直後にゲストが殺到して待ち時間が最長になります。ランチタイムの12時台か15時以降は、待ち時間が短めになるので、このタイミングでソアリンに乗るのがおすすめです。

ソアリン以外では、トイストーリー・マニア、インディージョーンズの待ち時間が40~50分と長めです。朝一にソアリンをやめてトイマニ、インディへ乗れば、待ち時間が大幅に短縮できます。

待ち時間が長いアトラクションでは離れた場所にスタンバイ列の最後尾があります。最後尾を見つけにくいので記事中で最後尾の見つけ方をご紹介します。

マジックランプシアター、タートル・トークなどシアター系は入場者数を制限している影響で、待ち時間が長めです。

その他のアトラクションの待ち時間は短めです。

スタンバイ列が長くなっている影響で、屋外の日よけのない場所で待つ時間が増えています。8月は猛暑日が多くなるので、水分補給や日傘などの熱中症対策をしっかりとってください。

ファストパス、シングルライダーは休止されています。スタンバイ列に並びます。

各アトラクションでは、感染対策が実施されています。ゲストがちゃんと指示を守れば、ソーシャルディスタンスが確保されています。

ただし、ソアリン、トイマニなどスタンバイ列が長くなっているアトラクションでは前後のグループとのソーシャルディスタンス確保がゲストまかせになっています。場合によっては、前後のグループとかなり密になることもあります。

なお、影響再開後のパーク入場、レストラン、ショップなどについては、以下の記事でレポートしています。こちらもごらんください。

「営業再開後のパークのレポート」を見る

人気アトラクションの運行情報、混みぐあいレポート

乗車して確認した人気アトラクションの待ち時間、感染対策、最後尾の見つけ方、従来からの変更点などをレポートします。

①ソアリン:ファンタスティック・フライト

エリア:メディテレーニアンハーバー
混雑度:★★★★★
(休園前: ★★★★★)

ソアリンは昨年、トイ・ストーリー・マニア以来の目玉アトラクションとしてデビューし、初日に最大350分(6時間弱)待ちになった超人気アトラクションです。

再開後も人気が集中して、入園と同時にたくさんのゲストがソアリンへ向かいます。ダントツの人気No.1です。

8月上旬現在の待ち時間はピーク時で120~140分くらいになります。ピークを避ければ70~80分待ちです。

ダントツに待ち時間が長く、2番人気のトイマニの2~3倍の待ち時間です。そのため、ソアリンにどのタイミングで乗るかが、シーのアトラクション攻略のポイントになっています。

基本的には朝一を外して、ランチタイムの12時台か15時以降に乗ると待ち時間が短めです。

ソアリンのおすすめの乗車時間、スタンバイ列の見つけ方、乗車レポートを下記記事で特集してお伝えしています。こちらを参考にしてください。

「ソアリンの詳しい攻略法」を見る

ソアリンのスタンバイ列は、ミステリアスアイランド⇒マーメードラグーン(※通らない場合もある)⇒アラビアンコースト⇒ミステリアスアイランド⇒メディティレーニアンハーバー⇒ソアリンのルートになります。

<出所>ディズニーシー公式パンフレットを加工 ©Disney

ソーシャルディスタンス確保のため間隔があくので列が長くなります。パークの一番奥のエリアにあるシンドバッドの方まで列ができます。

足元にソーシャルディスタンス確保用の黄色いラインが引かれています。つま先がラインに来るようにして並びます。途中、ラインがない場所は、前のグループと同じくらいの間隔を保つようにならびます。

ミステリアスアイランド付近では、休止中の海底2万マイルのスタンバイ列を使うこともあり、ちょっとレアな体験ができます。

ソアリンの建物「ファンタスティック・フライト・ミュージアム」内は、長い待ち時間を飽きさせないよう、かなり凝った作りになっています。しかし、列が進むのが早いので、ゆっくり展示を見られないのが残念です。

おまけ:営業再開した7月1日午前中には、待ち時間が10分前後になってネットもざわつきました。

二度とないだろう貴重な瞬間なので、私もしっかりスクショをとっておきました。

②トイ・ストーリー・マニア!

エリア:アメリカンウォーターフロント
混雑度:★★★☆☆
(休園前: ★★★★★)

ずっと人気No.1だったトイ・ストーリー・マニア!(トイマニ)は、ソアリン登場後も引き続き人気No.2です。

休園前の待ち時間は90分前後が平均でしたが、営業再開後は45~50分くらいが多いようです。

人気を考えると比較的短い待ち時間で乗れますが、1日中、平均して混雑しています。入場直後にソアリンへ行かずトイマニへ行くと待ち時間が少なくてすみます。

スタンバイ列は直射日光があたる場所が多いので注意してください。

スタンバイ列の最後尾は、ウォーターフロントパークにあることが多いです。ハーバー側から来るとエレクトリックレールウェイ付近でキャストさんがウォーターフロントパーク側へ誘導しています。

<出所>ディズニーシー公式パンフレットを加工 ©Disney

以下で45分待ちだったときの様子をレポートします。

最後尾は、ウォーターフロントパークの上(西)側の入り口付近でした。公園内を折れ曲がるように列ができます。直射日光があたるので、かなり暑いです。

10分ちょっとでウォーターフロントパークを抜けて、ブロードウェイ・ミュージックシアターの手前まで来ました。

ブロードウェイ・ミュージックシアターからタワテラ方面へ列が進みます。

タワテラの入り口あたりで折り返します。この付近も直射日光を受けまくります。並び始めて30分くらいです。

トイ・ストーリーエリアの入り口まで35分かかりました。このあたりから足元にソーシャルディスタンス確保用の黄色い線があります。ここまでは線がないので、前後のグループとの間隔がかなり近かったです(一応、1m以上あけるルールになってますが、ほぼ守られていません)。

建物に入ると普段、ファストパスレーンになっているところをまっすぐ進みます。

接触感染を避けるため3Dグラスは自分で取らず、キャストさんから受け取ります。

ライドにはこれまで通り乗車します。乗車人数が減っていないので、待ち時間が短めになっているようです。

おまけ:7月上旬のトイマニの様子

7月上旬はアメリカンウォーターフロント自体がガラガラでした。これまではトイマニのファストパス取得とスタンバイ待ちの行列で大混雑しているイメージが強いので驚きました。

トイ・ストーリーエリア内もほとんど人がおらず、どんどん先へ進めました。

驚異のスタンバイ10分待ち表示です。休園前だったら0が一つ多い100分待ちです。

③タワー・オブ・テラー

エリア:アメリカンウォーターフロント
混雑度:★★☆☆☆
(休園前: ★★★★☆)

通常60分前後の待ち時間が多いタワー・オブ・テラーも25~35分前後の待ち時間になっています。

スタンバイ列は短めなので、タワテラの入り口付近で、最後尾をすぐ見つけられると思います。列が長くなるとトイストリーエリアの入り口あたりで押し返しになります。

私は午前中、10分待ちだったときに乗りました。

屋外の列は短めで、ホテルの建物内に入るまで5分くらいでした。

ホテル内の通路も短くなっており、すぐに入り口までたどりつきました。

残念ながら7月上旬は実施されていたプレショーが8月上旬はなくなっていました。そのまま乗り場へ進みます。

エレベーターは、1回に4グループの乗車になっています。最前列と最後列の2列のみ利用し、左右には同じグループしか乗車しません。

ちなみに、私が乗車したときの4グループはタワテラに乗りなれた人ばかりだったようで、乗車中、一人も悲鳴をあげず、史上まれにみる静かなタワテラでした。

なお、アトラクション出口にあるショップ「タワー・オブ・テラー・メモラビリア」には直接入場できず、一旦外に出てから入場しました。

④センター・オブ・ジ・アース

エリア:ミステリアスアイランド
混雑度:★★☆☆☆
(休園前: ★★★★☆)

シーの中央ミステリアスアイランドあるセンター・オブ・ジ・アースも人気のアトラクションで、ソアリン、トイマニに続き3番目に待ち時間の長いアトラクションでした。

休園前は90分前後の待ち時間でしたが、30~40分前後の待ち時間が多くなっています。

スタンバイ列はそこまで長くならないので、センター・オブ・ジ・アースの入り口付近へ行けば見つけることができると思います。

スタンバイ列が洞窟内にあるので、直射日光にさらされないのも嬉しいところです(蒸し暑いですが)。

私が乗車したときは40分待ちで、センター・オブ・ジ・アースの入り口付近からハーバー側に列が伸びていました。

洞窟の出口あたりで列が押し返しになります。

アトラクション内に入ると涼しくて快適になります。7月は入り口から直にエレベーター乗り場まで行けましたが、8月はアトラクション内の通路が長くなりました。

エレベーター乗り場には、黄色い枠があるので、グループごとに別れて待ちます。

地下800mまで降りるエレベーター「テラベーター」の中も黄色い枠でソーシャルディスタンスが確保されます。

ライドは、1列ずつ開けて乗車します。その他、通常の運行との大きな違いはありませんでした。

⑤インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー: クリスタルスカルの魔宮

エリア:ロストリバーデルタ
混雑度:★★☆☆☆
(休園前: ★★★☆☆)

パークの一番奥ロストリバーデルタにあるのがインディ・ジョーンズ・アドベンチャーです。

以前は60~80分くらいの待ち時間でしたが、再開後は40分~50分が多いようです。

他のアトラクションと比べて、待ち時間が長めなのは1台のライド(ジープ)に2グループしか乗車できないからだと思われます。

午後は待ち時間が長くなるので11時前に乗っておくと楽です。

45~50分待ちになると、スタンバイ列はポートディスカバリーとつながる橋(プエンテ・デル・リオ・ペルディード)の方まで伸びます。列はポートディスカバリー側へ伸びるので、左側からアトラクションへ近づくと最後尾を探しやすいです。

スタンバイ列の途中に、日陰やベンチがあるので、並んでいて比較的楽でした。

20分ほどでアトラクションの中に入りました。

さらに10分くらいで魔宮の内部に入りました。

内部に入ると列は比較的サクサク進みます。

乗り場直前の左右の列に別れるところで、キャストさんが列を振り分けていました。乗り場に降りる階段にも、こんな感じで黄色い枠がありました。

ライドは1列目と3列目しか乗車しません。

別グループと一緒の列にならないので、十分に間隔があきます。その分、混んでいるようです。

おまけ:7月上旬のインディの様子

7月上旬は、11時くらいまでロストリバーデルタには、ほとんど人がいませんでした。11時でもインディが5分待ちでした。

普段は人であふれる遺跡のエリアもガラガラなので、ゆっくり内部の撮影ができました。

⑥レイジングスピリッツ

エリア:ロストリバーデルタ
混雑度:★☆☆☆☆
(休園前: ★★★☆☆)

レイジングスピリッツはこれまで60~70分くらいの待ち時間でしたが、再開後は20分~40分が多いようです。

絶叫系アトラクションの中で、再開後、一番待ち時間が短くなっているアトラクションです。

スタンバイ列はジャスミンのフライングカーペットの方に伸びます。

15分待ちだと、この写真くらいの場所に最後尾があります。

列の進みは早めでした。

ライドは2人✕3列になっており、真ん中の1列をあけて乗車します。インディと比べると、ソーシャルディスタンスを確保しても、乗車できる人数が大きく減らないようです。

おまけ:7月上旬のレイジングの様子

レイジングも11時をすぎた時点で、ほとんど人がいませんでした。キャストさんがちょっと暇そうにしていました。

無人の通路をひたすら進み、乗り場まで誰も合わずに到着しました。

私一人の乗車はだったので「どこでも好きなところに乗車してください」と言われました。

一周して乗降場所に戻ると、6人のキャストさんが一人乗車する私を囲むように手を降ってくれたので、頑張って振り返しました。

⑦マジックランプシアター

エリア:アラビアンコースト
混雑度:★★★☆☆
(休園前: ★★☆☆☆)

マジックランプシアターは、シーで唯一営業されている大型シアター系のアトラクションです。

他のアトラクションは待ち時間が短くなるなか、マジックランプシアターは以前より長いことがあります。

営業再開後は一時、ソアリンを上回り、シーで一番待ち時間が長くなりました。

感染防止対策でシアターの入場者数が半分以下になっているのと、もう一つのシアター系のマーメードラグーンが休止になっていることが理由だと思います。

1回の公演が約23分なので、次回公演に入場できないと最大1時間近く待つことになります。

スタンバイ列は最初黄色い線になっています。私がこの位置で待っていたときは、次回公演で入場できました。

シアターの入り口そばは、黄色い枠が設置されています。入場時にキャストさんから3Dメガネ(魔法のメガネ)を受け取ります。

プレショーが行われる部屋は通常、かなりになりますが、現在は絨毯に黄色い枠が書かれています。この中で待機するので、隣のグループとの距離が保たれます。

シアター内では1列おきに座ります。また別グループとは、座席をあけて座ります。そのため、シアター内はガラガラのイメージです。

通常320名が定員ですが150名以下の人数だと思います。

ショーでは、シャバーンがマジックをするときに「1、2、3」と全員でカウントするところがあります。通常は、声が出ていないとやり直しですが、大声を出さないように指でカウントしました。

声を出すか、出さないかの明確に指示がないので、声を出している人もいました。

⑧タートル・トーク

エリア:アメリカンウォーターフロント
混雑度:★★★☆☆
(休園前: ★★☆☆☆)

タートル・トークはミニシアターで行われる参加型ショーです。

タートル・トークもシアターの入場人数が限定されているせいか、待ち時間が休園前と変わっていません。

SSコロンビア号内部のスタンバイ列は密になっているので、黄色い枠が離れて設置されていました。

これまで通りのプレショーが行われます。マジックランプシアターと同様に、プレショーの部屋は黄色枠で間隔をあけています。

「お前たち最高だぜ~」の掛け声は、「ウォーィ!」と声を出さずに、両手を挙げるように説明があります。

シアター内の座席には、一列おきに黄色いテープが貼ってあります。テープを貼っている席に座ります。別のグループとは席をあけます。

小さめのシアターですが、こちらも人数が半分以下なので、ガラガラというイメージでした。

クラッシュが相変わらずが軽快にゲストをいじっていて、楽しめました。人数が減っている分、クラッシュから選ばれる可能性があがっています笑

⑨ニモ&フレンズ・シーライダー

エリア:ポートディスカバリー
混雑度:★☆☆☆☆
(休園前: ★★☆☆☆)

ニモ&フレンズ・シーライダーは、これまで40分待ち前後でしたが、再開後は25分~30分が多いようです。

列が長くなると、アクアトピア寄りのエリアが最後尾になります。

館内に入る前のスタンバイ列には、黄色い線が設置されています。

入場後は、1列おきに待機列で待ちます。待機列では、隣のグループと距離をあけるために黄色い枠があります。

ライドは、他のアトラクションと同じように1列おきにシートを使い、隣のグループとは席をあけて座ります。

⑩シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ

エリア:アラビアンコースト
混雑度:★☆☆☆☆
(休園前: ★☆☆☆☆)

個人的に愛してやまないシンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの状況も確認しました。

「安定の5分待ち」と言われるシンドバッドですが、私も含め根強いファンが多く14時入園が始まるころから待ち時間が伸び20分待ちになることがあります。

20分待ちになると、スタンバイ列の最後尾がサルタンズ・オアシスのあたりになります。

アトラクションの建物内に入ったあと、なんと左側にある通路へ進みます。

通常はめったに通ることができない屋外の通路を通りました。

ボートには1列おきに乗船します。久しぶりに聞く「コンパス・オブ・ユア・ハート」に感動しました。

⑪ジャスミンのフライングカーペット

エリア:アラビアンコースト
混雑度:★☆☆☆☆
(休園前: ★☆☆☆☆)

これまで10~15分待ちだったジャスミンのフライングカーペットですが、営業再開後は5~10分待ちが多いようです

スタンバイ列は短いので、最後尾を探すのも簡単だと思います。列が短いわりには直射日光があたる所が多いので気をつけてください。

これまでと同じように1~16番までの指示された番号で待機して、同じ番号のカーペットに乗ります。

⑫ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ

エリア:ポートディスカバリー
混雑度:★☆☆☆☆
(休園前: ★★☆☆☆)

シーの貴重な移動手段エレクトリックレールウェイも入場者数が減った分、待ち時間が減り10分くらいになっています。

黄色い枠でキャストさんが誘導するのを待ちます。シートの片側に、スペースをあけて2~3グループが座ります。

車両内は、先頭の窓があけてあり、十分換気されるので安心できました。

⑬ヴェネツィアン・ゴンドラ

エリア:メディティレーニアン・ハーバー
混雑度:★★☆☆☆
(休園前: ★★☆☆☆)

ヴェネツィアン・ゴンドラは、日中は10~25分待ちが多いですが、夏場は涼しくなる夕方以降、混雑して40分待ち近くなります。

待ち時間が長いときは、イソラ・デル・ゴンドリエーレ橋を渡った運河対岸に長い列ができます。

ゴンドラは、他のグループとは隣り合わないように乗船します。

以上、人気アトラクションの状況をご紹介しました。

この他にも、マーメードラグーンのお子様向けのアトラクションなど、多くのアトラクションが営業しています。

8月になって入場者が増えていますが、各アトラクションの待ち時間は休園前より短いです。

ただし、ファストパスが休止されていて必ずスタンバイ列にならぶので、アトラクション待ちの時間は実質的に以前と変わらなくなっていると感じました。

ディズニーシーの休止アトラクション

8/3現在、ディズニーシーで休止になっているアトラクションは以下の通りです。

フォートレス・エクスプロレーション
アリエルのプレイグラウンド
マーメイドラグーンシアター
海底2万マイル

主要なアトラクション・ショーは、マーメイドラグーンシアター、海底2万マイルでしょうか。

休止中のアトラクションは今後変更される可能性があります。最新情報はディズニーシーの公式サイトで確認してください。

ディズニーシー休止中アトラクション(公式サイト)

以上、営業再開後のディズニーシーのアトラクションの様子について詳しくレポートしました。


東京ディズニーランド・シー

世界のディズニー再開情報

-TDS
-, , , , , ,

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です