【12月最新】ディズニーシー 人気アトラクションの攻略法レポート

TDS

ディズニ・シーのソアリン、トイマニなどの人気アトラクションへ実際に乗車して確認した感染対策待ち時間これまでとの違いなどを詳しくレポートします。

最新状況を調査して、ソアリンやトイストーリーマニアなどのスタンバイパスなどアトラクションに効率的に乗る攻略法などの内容を更新しました。

なお、ディズニーランドの人気アトラクションは、 こちらの別記事でご紹介しています。


ディズニーシー アトラクションの最新情報(12/27更新)

12月22日から下記の人気アトラクションでスタンバイパスの取得が必要になっています。

■ 東京ディズニーシー
8:35-21:00
ソアリン:ファンタスティック・フライト

10:30-19:00
トイ・ストーリー・マニア!
センター・オブ・ジ・アース
インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー:クリスタルスカルの魔宮

12:00-19:00
タワー・オブ・テラー
レイジングスピリッツ

14:00-17:00
マジックランプシアター
タートル・トーク

乗車には公式アプリでスタンバイパスを取得する必要があります。ただし、ソアリン以外は朝と夜の時間はパスなしで乗車できます
スタンバイパスのとり方や発券時間は下記記事で詳しく紹介しています。参考にしてください。

ディズニーシーでは12月から一部のアトラクションでソーシャルディスタンスに関する運用が変わっています。下記の記事にまとめたので、最新状況はこちらを参考にしてください。

運営が休止されていた「海底2万マイル」、メディテレーニアンハーバーとロストリバーデルタの間を片道運行するトランジットスチーマーラインが12月から再開しています。

ディズニー・シー アトラクションのポイント

営業再開直後より入場者数がかなり増えており、人気アトラクションにはスタンバイパスの取得が必要になりました。

パス取得が必要になったかわりに、以前のようにソアリンのスタンバイ列に「100分以上待つ」ということはなくなりました。

最初に、営業再開後のディズニー・シーでアトラクションを楽しむためのポイント(12月更新版)をまとめます。

ソアリン、トイストーリーマニアなど人気アトラクションに乗車するには、公式アプリで「スタンバイパス」を取得する必要があります。スタンバイパスの取得方法は、こちらの記事 を参考にしてください。

ソアリンのスタンバイパスは他のアトラクションより、かなり早く発券終了してしまいます。パークに入場したら、まずソアリンのスタンバイパスを取得することをおすすめします。

ソアリン乗車には終日スタンバイパスが必要です。それ以外のアトラクションは、スタンバイパス発行時間以外はパスなしでスタンバイ列に並ぶことができます。スタンバイパスを全部取ろうとすると大変なので、待ち時間が短いアトラクションはスタンバイパスなしの時間帯に乗車するのも効率的です。

スタンバイパスはファストパスに似た仕組みですが、パスを持っていても30分前後並びます。最大で1時間並ぶケースもあるので注意してください。

スタンバイパスなしで並べる時間は、混雑状況によって変わる可能性があります。下記のスタンバイパスの解説記事で前日の状況を確認しておくと安心です。

ファストパス、シングルライダーは休止されています。

なお、影響再開後のパーク入場、レストラン、ショップなどについては、以下の記事でレポートしています。こちらもごらんください。

「営業再開後のパークのレポート」を見る

人気アトラクションの運行情報、混みぐあいレポート

乗車して確認した人気アトラクションの待ち時間、感染対策、最後尾の見つけ方、従来からの変更点などをレポートします。

①ソアリン:ファンタスティック・フライト

エリア:メディテレーニアンハーバー
混雑度:スタンバイパスが必要
(休園前: ★★★★★)

ソアリンは昨年、トイ・ストーリー・マニア以来の目玉アトラクションとしてデビューし、初日に最大350分(6時間弱)待ちになった超人気アトラクションです。

これまでは待ち時間がピーク時で120分を超えていました。しかし、スタンバイパスが導入され、パスを取得できれば長時間ならばずに乗ることができます。

逆にスタンバイパスがないと、スタンバイ列に並べなくなったので注意してください。

スタンバイパスを取得してソアリンへ乗車する方法を下記記事で特集してお伝えしています。こちらを参考にしてください。

アトラクション入り口にスタンバイパスを読み取らせる機会があります。

ソアリンの建物「ファンタスティック・フライト・ミュージアム」内は、長い待ち時間を飽きさせないよう、かなり凝った作りになっています。しかし、列が進むのが早いので、ゆっくり展示を見られないのが残念です。

ドリームフライト号に乗って世界中を飛び回ります。まるで本当の飛行艇に乗っているような浮遊感です(写真は上海ディズニーランド版ソアリン)。
上海ディズニーランド ソアリン・オーバー・ザ・ホライズン
上海ディズニーランド ソアリン・オーバー・ザ・ホライズン

おまけ:営業再開した7月1日午前中には、待ち時間が10分前後になってネットもざわつきました。

二度とないだろう貴重な瞬間なので、私もしっかりスクショをとっておきました。

②トイ・ストーリー・マニア!

エリア:アメリカンウォーターフロント
混雑度:スタンバイパスが必要(一部時間帯以外)
(休園前: ★★★★★)

ずっと人気No.1だったトイ・ストーリー・マニア!(トイマニ)は、ソアリン登場後も引き続き人気No.2です。

トイ・ストーリー・マニア!にもスタンバイパスが必要です。ただし、12月27日時点では朝10時30分までと夜19時以降はスタンバイパスなしでも並べます。ただし、列が長くなってしまうと並べなくなりますので注意してください。

こちらの記事 で朝と夜のパス不要の時間帯の待ち時間を確認できます。

朝入園してすぐ、トイマニのスタンバイ列に並んだら25分待ちでした。

スタンバイパスが必要な時間になっても長い列ができている事が多いです。ウォーターフロントパークの中に列最後尾がありました。

スタンバイパスはアトラクションの入り口をいったん通りすぎるときに読み取らせます。室内に入る直前ではないので注意してください。

アトラクションの中に入るまで20分以上かかりました。

接触感染を避けるため3Dグラスは自分で取らず、キャストさんから受け取ります。

ライドにはこれまで通り乗車します。

スタンバイパスが不要になる19時にスタンバイ列を確認したらウォーターフロントパークの中に列最後尾がありました。このときは30分待ちでしたが、年末年始などの繁忙期はもっと待ち時間が長くなります。

おまけ:7月上旬のトイマニの様子

7月上旬はアメリカンウォーターフロント自体がガラガラでした。これまではトイマニのファストパス取得とスタンバイ待ちの行列で大混雑しているイメージが強いので驚きました。

トイ・ストーリーエリア内もほとんど人がおらず、どんどん先へ進めました。

驚異のスタンバイ10分待ち表示です。休園前だったら0が一つ多い100分待ちです。

③タワー・オブ・テラー

エリア:アメリカンウォーターフロント
混雑度:★★★★☆
(休園前: ★★★★☆)

タワー・オブ・テラー(タワテラ)の乗車にもスタンパイバスが必要になりました。

スタンバイ列はタワテラの入り口付近で、最後尾を見つけられると思います。列が長くなるとトイストリーエリアの入り口あたりで押し返しになり、さらに長くなるとタワテラのファストパス発券機のあたりに最後尾があります。

アトラクションのエリアに入っても、ホテルに入館するまでのスタンバイ列がけっこう長いです。

ホテルに入ってしまうと、入り口までは比較的すぐたどりつきます。

残念ながら再開直後は実施されていたプレショーはなくなっています。そのまま乗り場へ進みます。

エレベーター乗車前は、コロナ前と同じように1~6までの数字が書かれたところに立って待ちます。

12月までは3列あるエレベーターの真ん中の列を空けて乗車していました。12月以降は、列の間に透明のビニールシートが設置されて、列を空けずに乗車するようになりました。

④センター・オブ・ジ・アース

エリア:ミステリアスアイランド
混雑度:★★★☆☆
(休園前: ★★★★☆)

シーの中央ミステリアスアイランドあるセンター・オブ・ジ・アースも人気のアトラクションで、ソアリン、トイマニに続き待ち時間の長いアトラクションでした。

12月22日以降は、スタンバイパスの取得が必要になっています。

スタンバイ列はセンター・オブ・ジ・アースの入り口付近へ行けば見つけることができると思います。

スタンバイ列が洞窟内にあるので、直射日光にさらされないのも嬉しいところです(蒸し暑いですが)。

私がスタンバイパスで乗車したときは30分待ちでした。センター・オブ・ジ・アースの入り口付近からハーバー側に列が伸びていました。

アトラクション内部もスタンバイ列が延々と続きます。

12月まではエレベーター乗り場は黄色い枠で待機していましたが、12月から枠がなくなったので適当に周囲と距離を取って待ちます。

地下800mまで降りるエレベーター「テラベーター」の中には、これまで黄色い枠がありましたが、これもなくなりました。

ライドは、1列ずつ開けて乗車します。その他、通常の運行との大きな違いはありませんでした。

12月下旬の平日、スタンバイパスが不要になる19時にスタンバイ列を確認したら30分待ちでした(年末年始はこれより長くなっています)。

⑤インディ・ジョーンズ®・アドベンチャー: クリスタルスカルの魔宮

エリア:ロストリバーデルタ
混雑度:★★★★☆
(休園前: ★★★★☆)

パークの一番奥ロストリバーデルタにあるのがインディ・ジョーンズ・アドベンチャーです。

インディ・ジョーンズも待ち時間が長かったので、乗車にスタンパイバスが必要になりました。

スタンバイパスがあっても30分くらい待つことが多いです。スタンバイ列はポートディスカバリーとつながる橋(プエンテ・デル・リオ・ペルディード)の方まで伸びます。列はポートディスカバリー側へ伸びるので、左側からアトラクションへ近づくと最後尾を探しやすいです。

スタンバイ列の途中に、日陰やベンチがあります。

20分ほどでアトラクションの中に入りました。

さらに10分くらいで魔宮の内部に入りました。

内部に入ると列は比較的サクサク進みます。

以前はソーシャルディスタンス確保のため、ジープ型のライドの1列目と3列目だけの乗車でしたが、12月から列の間にビニールシートが設置されて全列乗車するようになりました。

おまけ:7月上旬のインディの様子

7月上旬は、11時くらいまでロストリバーデルタには、ほとんど人がいませんでした。11時でもインディが5分待ちでした。

普段は人であふれる遺跡のエリアもガラガラなので、ゆっくり内部の撮影ができました。

⑥レイジングスピリッツ

エリア:ロストリバーデルタ
混雑度:★★☆☆☆
(休園前: ★★★☆☆)

レイジングスピリッツもスタンバイパスが必要です。

ただし、絶叫系アトラクショの中では比較的待ち時間が少なかったので、スタンバイパスなしで乗車できる時間が長めに設定されています。

12月27日時点では、12:00~19:00のパスが発行されているので、11時45分くらいまでパスなしで乗ることができます。

スタンバイ列はジャスミンのフライングカーペットの方に伸びます。

15分待ちだと、この写真くらいの場所に最後尾があります。

列の進みは早めでした。

ライドは2人✕3列になっており、真ん中の1列をあけて乗車します。

おまけ:7月上旬のレイジングの様子

レイジングも11時をすぎた時点で、ほとんど人がいませんでした。キャストさんがちょっと暇そうにしていました。

無人の通路をひたすら進み、乗り場まで誰も合わずに到着しました。

私一人の乗車だったので「どこでも好きなところに乗車してください」と言われました(^^;

一周して乗降場所に戻ると、6人のキャストさんが一人乗車する私を囲むように手を降ってくれたので、頑張って振り返しました。

⑦マジックランプシアター

エリア:アラビアンコースト
混雑度:★★★★☆
(休園前: ★★☆☆☆)

マジックランプシアターは、大型シアター系のアトラクションです。

マジックランプシアターにもスタンバイパスが導入されました。

ただし、12月27日時点では14:00-17:00しかパスが発行されていないので、前後の時間はパスなしで鑑賞できます。

11月までは感染防止対策で一回の公演の鑑賞人数が半分以下になっていて、待ち時間が60分を超えることもありました。

12月からは鑑賞人数が大幅に増えたので、60分を超えることはなくなりました。

私が並んだときは列が短く、シアターの前が最後尾でした。スタンバイ列は最初黄色い線になっています。

プレショーが行われる部屋では、これまで絨毯に黄色い枠がありましたが、なくなっており周囲と適当に間隔をとって待機することになりました。

シアター内では隣のグループと1席空けてすわります。以前は1列おきに座っていましたが、12月からすべての列に座るようになりました。

ショーでは、シャバーンがマジックをするときに「1、2、3」と全員でカウントするところがあります。通常は、声が出ていないとやり直しですが、大声を出さないように指でカウントしました。

⑧タートル・トーク

エリア:アメリカンウォーターフロント
混雑度:★★★☆☆
(休園前: ★★☆☆☆)

タートル・トークはミニシアターで行われる参加型ショーです。

タートル・トークにもスタンバイパスが導入されました。マジックランプシアターと同じくパス発券時間が短いので、前後のパスが不要な時間に鑑賞してもよいと思います。

私は一番最後の時間帯(16:40-17:00)のスタンバイパスを取得しました。アトラクションに向かうとかなり長い列ができていました。

プレショーの部屋に入るまでに40分かかりました。私は最後、ギリギリにプレショーの部屋に入れたのですが、すぐ後ろのグループは次回公演になったので1時間待ちだと思います。

これまで通りのプレショーが行われています。プレショーの部屋には11月まであった黄色い枠がなくなったので適当に間隔を空けて待機します。マジックランプシアターよりゲストが密集していました。

「お前たち最高だぜ~」の掛け声は、「ウォーィ!」と声を出さずに、両手を挙げるように説明があります。

シアター内の座席には、黄色いテープが貼ってあります。別のグループと1席空けて座ります。タートル・トークも以前は1列空けて座っていましたが、今は全列座ることができます。

クラッシュが相変わらずが軽快にゲストをいじっていて、楽しめました。

⑨ニモ&フレンズ・シーライダー

エリア:ポートディスカバリー
混雑度:★★☆☆☆
(休園前: ★★☆☆☆)

ニモ&フレンズ・シーライダーはスタンバイパスなしでも乗車できるアトラクションです。

12月から1列空けずに乗車するようになったので待ち時間が減り、30分以内が多いです。

列が長くなると、アクアトピア寄りのエリアが最後尾になります。

館内に入る前のスタンバイ列には、黄色い線が設置されています。

プレシーのエリアは11月まで隣のグループと距離をあけるために黄色い枠がありましたが、現在はなくなっています。

ライドは、12月から1列空けずに全列を使うようになりました。隣のグループとは席をあけて座ります。

⑩シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ

エリア:アラビアンコースト
混雑度:★☆☆☆☆
(休園前: ★☆☆☆☆)

個人的に愛してやまないシンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジの状況も確認しました。

「安定の5分待ち」と言われるシンドバッドは、私も含め根強いファンが多く(特に夏の猛暑の時期は笑)、待ち時間が長めになっていました。

しかし、12月からボートを全列使うようになったので待ち時間が5~10分に減りました。。ただし、空いている時間帯は1列空けて案内されるようです。

おまけ:11月のシンドバッドの様子

11月までは安定の5分待ちだったシンドバッドに長蛇の列ができることがありました。

20分待ちになると、スタンバイ列の最後尾がサルタンズ・オアシスのあたりになります。

アトラクションの建物内に入ったあと、なんと左側にある通路へ進みます。

通常はめったに通ることができない屋外の通路を通りました。

⑪ジャスミンのフライングカーペット

エリア:アラビアンコースト
混雑度:★☆☆☆☆
(休園前: ★☆☆☆☆)

これまで10~15分待ちだったジャスミンのフライングカーペットですが、営業再開後は5~10分待ちが多いようです

スタンバイ列は短いので、最後尾を探すのも簡単だと思います。列が短いわりには直射日光があたる所が多いので気をつけてください。

これまでと同じように1~16番までの指示された番号で待機して、同じ番号のカーペットに乗ります。

⑫ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ

エリア:ポートディスカバリー
混雑度:★☆☆☆☆
(休園前: ★★☆☆☆)

シーの貴重な移動手段エレクトリックレールウェイも入場者数が減った分、待ち時間が減り10分くらいになっています。

黄色い枠でキャストさんが誘導するのを待ちます。シートの片側に、スペースをあけて2~3グループが座ります。

車両内は、先頭の窓があけてあり、十分換気されるので安心できました。

⑬ヴェネツィアン・ゴンドラ

エリア:メディティレーニアン・ハーバー
混雑度:★★☆☆☆
(休園前: ★★☆☆☆)

ヴェネツィアン・ゴンドラは、日中25分待ちくらいが多いですが、夕方以降、混雑して50分待ち近くなります。

待ち時間が長いときは、イソラ・デル・ゴンドリエーレ橋を渡った運河対岸に長い列ができます。

ゴンドラは、他のグループとは隣り合わないように乗船します。

⑭ディズニーシー・トランジットスチーマーライン(アメリカンウォーターフロント)

エリア:アメリカンウォーターフロント
混雑度:★☆☆☆☆
(休園前: ★☆☆☆☆)

アメリカンウォーターフロント発のトランジットスチーマーラインは、パーク内を一周します。

待ち時間は5~15分と短いです。ハーバーでのショー開催前後は運行が中止されますので、注意してください。

船に乗船する際は、隣のグループと1席以上開けて座ります。他のアトラクションのように1列空けないので、前後の人と接近します。オープンエアーだからか、1列空けていないのかもしれません。

12月から再開したアトラクション

⑮海底2万マイル

エリア:ミステリアスアイランド
混雑度:★☆☆☆☆
(休園前: ★☆☆☆☆)

営業再開時からずっと運休していた海底2万マイルがやっと再開されました。

一時期、ソアリンのスタンバイ列として利用されていましたが、やっと本来の形に戻りました。

潜水艦型のライドに3組が乗車します。換気などの対策がされたのかもしれませんが、乗っている分にはコロナ前と変わったような気はしませんでした。

2021年の1/12~3/4は、また運休する予定です。

⑯ディズニーシー・トランジットスチーマーライン(メディテレーニアンハーバー⇔ロストリバーデルタ)

エリア:メディテレーニアンハーバー、ロストリバーデルタ
混雑度:★☆☆☆☆
(休園前: ★☆☆☆☆)

トランジットスチーマーラインは11月までパーク内を1周するアメリカンウォーターフロント発着便しか運行されていませんでした。

12月からメディテレーニアンハーバーとロストリバーデルタ間の移動に利用できる便が再開しました。

アメリカンウォーターフロント発着便と同じように1列空けずに乗船します。

以上、アトラクションの状況をご紹介しました。

この他にも、マーメードラグーンのお子様向けのアトラクションなど、多くのアトラクションが営業しています。

ディズニーシーの休止アトラクション

12/27現在、ディズニーシーで休止になっているアトラクションは以下の通りです(この他、期間休止が予定されているアトラクションがあります)。

フォートレス・エクスプロレーション
アリエルのプレイグラウンド
マーメイドラグーンシアター

主要なアトラクション・ショーは、マーメイドラグーンシアターでしょうか。

休止中のアトラクションは今後変更される可能性があります。最新情報はディズニーシーの公式サイトで確認してください。

ディズニーシー休止中アトラクション(公式サイト)

以上、12月時点での最新のディズニーシーのアトラクションの様子について詳しくレポートしました。

東京ディズニーランド・シー

世界のディズニー再開情報

-TDS
-, , , , , ,

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です