ディズニーチケット「日付変更」の成功率を上げる方法

TDL TDS

ディズニーチケット日付変更しようとしてエラーが出まくる場合、効率的にアクセスしてエラーを減らす方法をご紹介します。

なお、ご紹介する日付変更方法は公式アプリでは利用できず、スマホかパソコンのブラウザを利用します。

この方法は、新規販売日や大量の再販があった場合など、チケットの在庫はあるのにエラーで日付変更の手続きができない場合に特に有効です(なぜ有効化は記事の後半で解説)。

追記:パソコンのブラウザでも使える方法が判明したので追記しました


①事前準備(予約詳細ページURLコピー)

アクセスが集中する前に、公式のオンライン予約・購入サイト(公式)にアクセスします。

オンライン予約・購入サイト(スマホ用:公式)
※パソコンのブラウザを利用する場合も、スマホ用のページにアクセスしてください

通常通りに日付を変更したい購入済チケットの予約詳細ページを表示します(表示方法がわからない場合は こちら)。

このページのURLをコピーします。以下のようなURLになっているはずですので、確認してください。

https://reserve.tokyodisneyresort.jp/sp/order/detail/?receiptNO=xxxxxxxx&pagingNo=1&rangeDate=0&cancelReservation=&pastReservation=
補足:アクセスが集中してしまったあとにURLを調べる方法

アクセスが集中してしまったあとだと予約詳細ページにたどり着けず、URLを調べられません。

そのときは、日付変更対象のチケットを予約したときに送られてくるメールに添付されているPDFのファイル名を確認してください。xxxxxxxxx.pdfという名前になっています(xxxxxxxは半角数字)。

上のURLのxxxxxxxxをpdfのファイル名の数字に置き換えればOKです。

例)チケットのPDFが012345678.pdfの場合

https://reserve.tokyodisneyresort.jp/sp/order/detail/?receiptNO=012345678&pagingNo=1&rangeDate=0&cancelReservation=&pastReservation=

パソコンのブラウザでアクセスする場合は、URLのコピーや以下の②、③の操作は不要です。ブックマークバーにこのURLをブックマークしておきます(詳しい説明はこちら)。

URLは同じチケットに対しては基本的に変わらないようなので、メモアプリなどにコピーしておけば毎回調べる必要はありません(一応、このページでも保存します)。

②予約詳細ページのURLを貼り付け

上でコピーした予約詳細ページのURLをに貼り付け、「URLを設定」ボタンをタップしてください。過去に入力したURLが最初に設定されているので、変更する場合は「クリア」して入力してください。

URL

※次回以降、間違ったチケットを日付変更しないよう、日付変更に成功したら、URLをリセットして「URLを設定」を押しておくと安心です

③アクセスボタン

②でURLを設定後、下記ボタンを利用すると「予約詳細ページ」に直接アクセスできます(過去にURLを入力していると、それが自動設定されます)。

注意:アクセスが集中するとエラー画面しか表示されなくなるので、空いている間に、このボタンを押して予約詳細ページが実際に表示されるか確認しておいてください。

なお、予約詳細ページの表示にはログインが必要です。アクセスが集中していない場合は、ボタンを押して表示される画面でログインしてください。

エラーでログイン画面が表示できない場合は、トラベルバッグのページでログインをしてみてください。トラベルバッグではログインだけでOKです。ログインを済ませたら上のボタンでアクセスしてください。

トラベルバッグ

アクセス集中時は「予約詳細ページ」へのアクセスでエラーが出まくります。

次の項目の説明を参考にして、アクセスを繰り返してください。方法は、3Dタッチ対応iPhoneと、それ以外のAndroidスマホなどで異なります。

予約詳細ページが表示されたら、通常通り「予約内容を変更する」ボタンをタップしてください。

「予約内容を変更する」ボタンをタップしたときもエラーが出るケースが多いです。ただし、カレンダーページさえ無事表示できれば、その先はエラーが出にくいです。

アクセスを素早く繰り返す方法

①3Dタッチ対応 iPhone

iPhoneの多くの機種は3Dタッチ(触覚タッチ)に対応しています。下記の操作を実際に試して確認して、うまく行かなかったら、②の方法を試してください。

アクセスボタンを長押しします。

そうすると、アクセスするページのプレビューが以下のように表示されます。プレビューがエラー画面だった場合、下にスワイプしてプレビューを消去し、再度アクセスボタンを長押ししてください。

予約詳細ページが表示された場合は、画面をもう一度タッチすると通常表示になります。

②Androidなどその他のスマホ

アクセスボタンをタップすると、別タブで予約詳細ページが表示されます。

エラーページが表示された場合は、画面上部のアドレスバーを右にスワイプすると、もとのこのページを表示できます(AndroidのChromeブラウザの場合)。

エラーページのタブが溜まってきたら、まとめてタブを閉じてください。

③パソコンのブラウザ

予約詳細ページのURLをブックマークバーにブックマークしておきます。上で説明したようにスマホ用のページをブックマークしてください(パソコン用のページはブックマークできません)

ブックマークバーへの登録は、アドレスバーの鍵アイコンをドラッグしてブックマークバーでドロップするだけです(WindowsのChromeの場合)。

ブックマークのクリックを繰り返すだけなので、最速のアクセス方法です。

この方法がなぜ効率的なのか?

上のボタンを使うと通常よりどのくらい繋がりやすいのか、少し説明が長くなりますが、解説します。

日付変更をするには以下の操作が必要です。

予約・購入履歴
↓①
ログイン
↓②
予約・購入履歴一覧
↓③
表示チケット切り替え(予約日経過の場合)
↓④
予約詳細ページ
↓⑤
日付選択カレンダー
↓⑥
・・・

アクセスが集中していると、画面を1つ進むたびにエラー画面になります。しかも、途中の画面でエラーがでると最初からやり直しです。

一番アクセスが集中する新規予約日は、1つ画面を進むのにざっくり30回以上はアクセスが必要でした(2月24日の場合)。

「予約詳細ページ」までは4回操作があるので、アクセスが30回に1回しか成功しないと「予約詳細ページ」を表示できる確率は

30+30✕30✕30 = 27,030

約2.7万回に1回になります。
※全操作で成功確率が一定かは確認できていませんが、大きな差はなさそうです。
※ログインは1回成功すれば次回から不要なので加算

新規予約の場合は、最初の日付選択画面にアクセスするのにざっと1,000~5,000回のアクセスが必要ですが、2.7万回に比べれば楽勝です。

ちなみに、5回に1回は成功する場合でも、

5+5✕5✕5 = 130

約100回に1回しかアクセスできません。

以上のように通常ルートだとほぼ無理ゲーの確率になります。

一方、ログイン画面(①)をトラベルバッグでパスし、上のボタンで予約詳細ページへ直接アクセスすれば、④の操作だけ(=アクセスボタンを押す)になるので、30回に1回の成功確率になります。

通常ルートに比べて900倍繋がりやすい計算です(5回に1回の場合は25倍)。

なお、エラーがでない場合(サーバーが空いている場合)は、通常ルートが4回、このルートが2回の操作なので大差ありません。

補足:予約詳細ページの先の日付選択カレンダーに直接アクセスすれば、もっと成功確率が上がります。ただし、色々問題がある可能性があるのでやめています。

以上、アクセス集中時にディズニーチケットの日付変更の成功率を上げる方法をご紹介しました。

ただし、この方法を使っても新規予約時は、予約詳細ページの次の日付選択カレンダーでエラーが出るので、成功率が劇的に上がらないかもしれません。また、再販時は、スピード勝負なので、このページをブックマークするなどして、さくっとアクセスしないと、逆に時間がかかる可能性があります。

ミラコスタなどディズニーホテルにGoTo割引でお得に泊まる攻略法タイプ別にアップしています。

ディズニー「直営ホテル」GoTo攻略法

「パークチケット付き」プラン 攻略法

「新幹線・飛行機付き」プラン 攻略法

「日帰り」プラン 攻略法


東京ディズニーランド・シー

世界のディズニー再開情報

-TDL, TDS
-, ,

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です