体験型アトラクション「ディレクティング・ドビー」解説【ハリーポッター スタジオツアー】

ハリーポッター

ロンドンの「ハリーポッター スタジオツアー」の体験型アトラクション「ディレクティング ドビー(DIRECTING DOBBY)」をご紹介します。

ディレクティング ドビー(DIRECTING DOBBY)とは?

ハリーポッターで人気のキャラクター屋敷しもべ妖精のドビー(dobby)を、モーションキャプチャーにより操作できる体験型のアトラクションです。

以前は、下記のように期間限定のアトラクションでしたが、好評だったため、現在は常設アトラクションになっています。ハリー・ポッター・スタジオ・ツアーでは、このように期間限定だったアトラクションが追加されることもあり、見学コースが毎年、拡充されています。

<出所>Warner Bros. Studio Tour London – The Making of Harry Potterオフィシャルサイト

下記のようにディズプレイの上に、動きをセンシングするカメラが付いています。人の動きを、ディスプレイのドビーが再現します。まるで俳優になったかのように、自由にドビーを操作できます。映画製作の舞台裏に触れられるという点でも貴重なアトラクションです。

私が訪問したときは、ちょうど遠足の子ども達がいて、楽しそうにドビーを操作していました。ディスプレイ上のドビーは、上の写真右のリアルなものに加えて、隣の3Dモデルなど、3パタンを操作できます。

ディレクティング ドビーの展示場所

ディレクティング ドビーは、屋外の展示があるTHE BACKLOTから、再び建物に入ったエリア「魔法生物部門」にあります。

ハリーやダンブルドア先生のダミーモデルがあるところです。

その他のドビーの展示

人気者ドビーは、ハリーポッター スタジオツアーでも、いろいろな形で展示されています。こちらはディレクティング ドビーのドビーの人形です。元がクリーチャーなだけあって、異常にリアルです。

こちらはドビーのイメージ原画です。ドビーが背負っている業のようなものが表現されていて、感慨深いものがあります。

以上、ハリポタ・スタジオツアーの体験型アトラクション「ディレクティング ドビー」(DIRECTING DOBBY)をご紹介しました。

予約がかなり難しいハリポタのチケットを予約する攻略法を下記記事で徹底的に解説しています。


ハリポタ・スタジオツアー メニュー

ロンドン・メニュー

[PR]ロンドン発のお勧めツアー お得に観光できる「ロンドンパス」、太古の世界遺産「ストーンヘンジ」、ハリーポッターの世界を体験できるワーナーブラザーズの見学ツアーが人気です。

-ハリーポッター
-, , , , ,

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です