イギリス鉄道(National Rail)のチケット予約を詳しく解説【最新版】

イギリス ロンドン

イギリス鉄道チケット安く予約する方法National Rail公式サイトの使い方公式サイトとtrainlineの比較など、イギリス鉄道のチケット予約に役立つ情報を詳しく解説します。

イギリス鉄道(National Rail)は、イギリス国鉄の民営化後、20以上の会社に分かて運行しているれたため、他の国と比べて鉄道のシステムがわかりにくくなっています。

そこで本記事では、イギリス鉄道の基礎知識、National Rail公式サイトの使い方や、公式サイトより使いやすいと評判のtrainlineでの予約方法などをわかりやすくご紹介します。

また、イギリス鉄道の早割Advanceを活用して安く予約する方法や、周遊パス「ブリットレイル・パス」を使うと安くなるか、なども解説しています。

イギリス鉄道の基礎知識

ポイント1:運行会社が複数に分かれている

イギリスの鉄道は、1994年にイギリス国鉄が民営化され、20以上の運行会社に分割されました。

ロンドン近郊を運行している会社だけでも、Great Western Railway(GWR)、South Western Railway、London Overground、London Northwestern Railway、Chiltern Railwaysなど10社近くあります。

Google Mapで経路検索したときに表示されるGWR(Great Western Railway)などが運行会社名です。

運行会社が多くて混乱しますが、チケットの予約などはNational Railという統一ブランドになっています。駅の表示もNational Railのロゴになっています。

チケットの検索は、National Railの共通サイトで簡単に行なえます。ただし、実際のチケット予約は各運行会社のサイトで行う必要があるので、個別にユーザ登録が必要だったりして手間がかかります。

ポイント2:チケットの種類

イギリスの鉄道チケットを購入する場合に、おぼえておきたいのが、AdvanceOff-PeakAnytimeというチケット種別です。

Advance(アドバンス):いわゆる早割です。予約した便のみ乗車できます。運賃は最安になります。

Off-Peak(オフピーク):平日の通勤時間帯(午前6:30-9:30くらい、午後17:00-19:00くらい)以外のオフピークの便に乗車できるチケットです。通常チケットから2~3割安くなります。

Anytime(エニータイム):どの便でも乗車できます。いわゆる正規料金です。

なお、オフピークの時間帯は、運行会社によって変わります。検索してOff-Peak料金が表示される便は、基本的にオフピーク時間の運行です。

ポイント3:安く予約する方法

売り切れる前にAdvanceで予約するのが一番安くなります。ただし、乗車便が固定されるので自由度が減ります。

早く予約すると、どの程度安くなるのか、ロンドン-エジンバラの料金を調査しました。

Off-Peak時間帯の5便に関して当日(朝)、1ヶ月先、2ヶ月先の料金を調査しました。左から当日(朝)、1ヶ月先、2ヶ月先です。

調査結果を見てもわかるように、基本的には早い時期に予約すれば安くなります。

2ヶ月先(=2ヶ月前の予約)だと最安値が£27です。ロンドン-エジンバラ間の正規料金(Anytime料金)は£166なので、83%OFFということです。

Advance料金は、出発日が近づくと徐々に値上がりしていますし、Advanceでの予約枠が完売することもあるので、やはり早めの予約が安くする秘訣のようです。

料金は、Peak/Off-Peakなどの時間帯でも変わりますし、曜日でもかなり変わります(月曜より、火曜日が安い)。

日程に自由度が有る場合は、Off-Peak時間の出発を選んだり、曜日も調整するのが運賃を安くするポイントです。特に、直前でAdvanceが予約出来ない場合は、Off-Peakの時間帯の便にすると正規運賃より2~3割安く乗車できます。

Advanceが売り切れた、予定に柔軟性をもたせたい、などの場合は、記事後半で紹介する周遊パス「ブリットレイルパス」を利用すると、正規料金よりかなり安くなります。

また、イギリス鉄道では、往復(return)チケットを購入すると、かなり割引されます。特に同一日に往復する場合は、片道切符と往復切符で値段がほぼ同じです。往路日と復路日が異なっても割引されるので、同一区間を往復する場合は、極力、往復切符を購入しましょう。

イギリス鉄道のオンライン予約

上で説明したように、早めにオンライン予約するのが運賃を安くするポイントです。

イギリス鉄道には、大きく3つの予約方法があります。

①National Rail公式サイト(英語)

②trainline(英語)

③レイルヨーロッパ(日本語)

それぞれのメリット、デメリットを簡単にまとめます。

①National Rail公式サイト
余計な手数料がかからないので安い
✕予約手続きや問い合わせが英語
✕各運行会社のサイトでの予約手順が異なる
✕モバイルチケットの使い方が運行会社で異なる
②trainline
○公式サイトと同じ料金で予約できる(手数料除く)
どの運行会社のチケットも手軽に予約できる
約5%の手数料がかかる
✕予約手続きや問い合わせが英語
③レイルヨーロッパ
日本語で予約できる
○日本語で問い合わせができる
手数料がかかる(49,999円以上は無料)
✕為替レートが割高

英語の予約で問題ないという方は、ちょっと手間はかかりますが、余計な手数料がかからないNational Rail公式サイトがおすすめです。

英語はちょっと不安だけど、手数料を抑えたいという方は、比較的予約が簡単な②trainlineがおすすめです。

日本語で予約したいという方は、③レイルヨーロッパがおすすめです。

以下、①~③の順に予約方法を解説します。それぞれの説明に下記ボタンでジャンプできます。

②trainlineの説明へ ③レイルヨーロッパ(日本語)の説明へ

①National Rail公式サイトでの予約方法

National Rail公式サイトでは、20以上ある各運行会社の列車を統合して検索できます。

ただし、上記で説明したように、検索のあとの予約手続きは各運行会社のサイトへジャンプします。運行会社の数が多くて説明しきれないので、予約方法は簡単に流れを説明します。

まず、下記リンクからNational Rail公式サイトにアクセスします。

National Rail公式サイト(英語)

便の検索(運行会社共通)

便の検索画面が表示されます。Fromに出発駅(例:London)、Toに到着駅(例:Oxford)を入力します。続いて、Whenに出発時刻を選び、その下でチケット枚数を選択します。入力したらGoをタップします。

条件に該当する便が表示されます。この例では、Advance料金が最安チケットとして表示されています。Advance料金なので、画面下にはTickets valid for this service only(この便にしか利用できません)と表示されています。

Off-Peakなど他の料金を確認したい場合は、More fareをタップします。チケットを購入する場合は、Buy nowをタップします。

チケット予約の流れ

Buy nowタップ後は、運行会社のサイトにジャンプします。

この先の流れは、運行会社によって異なります。一例として、Chiltern Railwaysの場合の流れを簡単にご紹介します。

手順の説明が長くなるので、②trainlineでの予約方法を確認したい方は、以下のボタンで説明をスキップしてください。

②trainlineの説明へジャンプ

最初にチケット配送方法を選択します。E-Ticket(eチケット)や、駅券売機での印刷などが選べます。Chiltern Railwaysの場合、E-Ticketはアプリをインストールして読み込む必要があります。

続いてユーザ登録になります。運行会社ごとにユーザ登録する必要があるようです(trainlineはユーザ登録なしで購入可能)。

ユーザ登録をしていない場合、Register(新規登録)をタップします。氏名、メールアドレス、パスワードを入力します。入力したら画面下のRegister nowをタップします。

「登録アドレス宛に送付したメールを確認してください」とのメッセージが表示されます。

メールが届くので、Validate account(アカウントを有効にする)をタップします。

ブラウザが立ち上がり、「アカウント有効化に成功」と表示されます。ここでBuy Ticketsをタップすると、最初からやり直しになるので、ログイン画面が表示されているタブに戻ります。メールアドレスとパスワードを入力してログインします。

ログインすると、購入するチケットの詳細が表示されます。間違いがないか確認します。

続いて、トラブル時の保険を付けるかを選択します。

続いて、カード情報を入力します。

カード請求のための、住所を入力します。

最後に、Pay nowのボタンをタップします。

以上、ご紹介したように公式サイトのチケット予約の手順は煩雑です。複数の運行会社の便を予約する場合は、かなりの手間になります。

②trainlineでの予約方法

trainline(トレインライン)は、National Railと同じように複数の運行会社の路線を検索できます。どの運行会社のチケットも簡単に予約できる便利なサービスです。

約5%の手数料がかかるのが最大の難点ですが、National Rail公式サイトと比べると、手数料もやむを得ないと思うほど、予約は簡単です。

それでは以下で、trainlineでの予約方法を説明します。まずは、下記リンクからtrainlineにアクセスしてください。

trainlineにアクセス

①便の検索

National Railと同じように、fromに出発駅(例:London)、 toに到着駅(例:Oxford)を入力します。ロンドンには複数の主要駅がありますが、Londonと入力すれば大丈夫です。Outに往路の日付・出発時刻を入力します。往復で検索する場合は、Add returnを選択します。チケット枚数を入力したら、Find times and prices(時刻と運賃の検索)をタップします。

条件に該当する便が表示されます。最安の便には、Cheapestと表示されます。Advanceのチケットには、Limited tickets left at this price(この価格の席は限られています)と表示されます。予約するチケットの金額>をタップします。

②便の予約

便の詳細情報が表示されます。以下のようにチケット種類にAdvanceと表示されています。Specified train only(指定列車のみ)と表示されています。

Seat requestedでは希望する座席の位置などを指定できます。ただし、イギリスの列車は座席指定なしの列車も多いので、指定が可能な場合のみ有効になるようです。

座席指定の画面では、座席の位置と向きを指定することができます。

次に、受け取り方法を選択します。基本的には、etickets(eチケット)を選択すれば良いです。eチケットの送り先のメールアドレスを、Your confirmation will be sent to…に入力します。間違えると、電子チケットが届かないので良く確認してください。

最後に支払い方法を選択します。クレジットカードで支払う場合は、Pay by cardをタップします。Paypalでも支払いが可能です。

③クレジットカード決済

支払いに利用するクレジットカードの情報を入力します。私は日本発行のVISAカードを利用しましたが、問題なく決済できました。

最後に、クレジットカード裏面の3桁数字を入力します。Pay now by cardをタップすると購入が完了します。

④eチケット受信

下記の画面がでれば、チケット予約が完了です。National railに比べると、かなり簡単です。

eチケットがメールで送られてきます。PDF形式の電子チケットが添付されています。

PDFを開くと、下記のような電子チケットになっています。これを画面で表示して、自動改札などでQRコードを読み取れば、そのまま乗車できます。

③レイルヨーロッパ(日本語)での予約方法

英語での予約は心配という方は、レイルヨーロッパ ジャパンが便利です。駅名などの入力も日本語に対応しています。

基本的には、公式サイトと連動した運賃で予約できます。ただし、予約手数料が1,500円かかるのと、為替レートが割高なのが難点です。

予約手数料は一律なのでチケットをまとめて購入すれば割安になります。また、49,999円以上だと手数料が掛かりません。できるだけまとめて購入することをおすすめします。

日本語でイギリス鉄道のチケット予約(レイルヨーロッパ)

日本語で予約を進められるので手順は簡単だと思います。以下のように、主要な駅名は日本語で入力できます。

該当する便が表示されます。Advance割引の料金も表示されます。

該当する便を選択すると、複数の料金が表示されます。「格安2等」や「フレキシー2等」と表示される料金が、公式サイトのどのチケットに対応するか、わかりにくいのが難点です。そこで、詳細を表示をタップします。

そうすると下記のようにチケットの詳細条件が表示されます。Advanceのチケットだということがわかります。

レイルヨーロッパでは料金が割引になるキャンペーンを時々実施してクーポンコードを発行しています。キャンペーンの詳細は下記記事でご紹介していますので参考にしてください。

レイルヨーロッパでのチケットの購入方法は下記の記事で詳しく解説しています。参考にしてください。

周遊パス「ブリットレイル・パス」

イギリスの鉄道旅行に、周遊パス「ブリットレイル・パス」(BritRail Pass)を利用する方も多いです。

利用期間中は乗り放題になるので、事前に切符を予約することなく、自由に鉄道旅行を楽しむことができます。期間は、2日間から最大22日間まであります。また、期間中の連続した日で利用しなくてはいけないパス(連続使用タイプ)と、1ヶ月中の好きな日に使えるタイプがあります。

例えば、ブリットレイル・パスの2日間パス(2等、連続使用)は、約13,800円です(2020年3月27日まではキャンペーンで11,700円)です。

ロンドン-エディンバラの正規運賃は£166(約23,600円)なので、片道だけでも、かなり割安になります。

ただし、上で解説したように早めに予約できる場合は、Advance料金を使ってパスより割安にできます。

したがって、予定を完全に決めずに旅行したい場合や、Advanceで予約できない場合に、ブリットレイル・パスはお得になります。

ブリットレイル・パスは、有効エリアによって複数の種類があります。例えば、イングランド、ウェールズ、スコットランドすべてのエリアの列車に乗れるのが、ブリットレイル・パスです。イングランド・エリア限定で良い場合、ブリットレイル・イングランド・パスになります。

パスの詳細は、下記レイルヨーロッパのサイトで確認できます。

ブリットレイル・パスの詳細(レイルヨーロッパ)

アクセスすると「鉄道パス」のページが表示されます。そこで以下のように訪問予定のエリア(イングランドなど)を選択し、SEARCH(検索)をクリックすると、指定エリアが含まれるブリットレイルパスが表示されます。

駅での切符購入・自動券売機の使い方

チケットは駅の窓口や自動券売機でも購入できます。

駅の窓口や自動券売機でチケットを購入する方法や、自動券売機で予約したチケットを発券する方法、イギリス鉄道に乗車する流れは、下記の別記事で詳しく解説しています。オンライン予約したeチケットで乗車する方法も解説しています。

イギリス鉄道の路線図

イギリスの島内を網羅する鉄道ネットワークが構築されています。

<出所>www.projectmapping.co.uk @2019 Andrew Smithers

ロンドン(London)、バーミンガム(Birmingham)、マンチェスター(Manchester)、リバプール(Liverpool)、グラスゴー(Glasgow)、ニューキャッスル(Newcastele)、エジンバラ(Edinburgh)などの主要都市の駅がハブになっています。

Google Mapでルート検索ができるので、路線図でルートを確認する必要はありませんが、大雑把にでも主要駅の場所を把握しておくと便利だと思います。

詳しい路線図は、National Rail公式サイトからダウンロードできます。

イギリス鉄道 路線図・マップ(公式サイト)

参考:鉄道を使って人気観光スポットへ行く方法

本サイトでは、鉄道を使って観光スポットへ行く方法を解説しています(ロンドン起点)。鉄道乗車の具体例としてご紹介します。

ハリー・ポッター スタジオツアー(London・Euston-Wartford Junction)

ロンドン郊外のワーナー・ブラザーズ・スタジオでは、映画「ハリー・ポッター」の撮影につかったセットなどを見学できます。

ワーナー・ブラザーズ・スタジオの最寄り駅は、Wartford Junction(ワトフォードジャンクション駅)です。ロンドン中心部にあるLondon Euston駅からWest Midlands TrainsやLondon North Eastern Railwayで行くことができます。

なお、Wartford Junction駅などロンドン近郊のNational railの駅は、オイスター・カードというロンドンで使える交通系ICカードでも乗車ができます。

詳細はこちらの記事を参照してください。

ウィンザー城(London Paddington-Windsor & Eton Central)

エリザベス2世が週末滞在することでも有名なウィンザー城は、ロンドンから西に30kmほど離れた場所にあります。

最寄り駅は、城の目の前にあるWindsor & Eton Central駅かWindsor & Eton Riverside駅です。

Windsor & Eton Central駅には、London Paddington(ロンドン・パディントン)駅からGreat Western Railway(GWR)で行くことができます。

Windsor & Eton Riverside駅に行く場合は、South Western Railwayを使います。

ロンドン・パスを購入すると、ウィンザー城までの鉄道に、無料で乗車することができます。
※スラウ経由(GWR利用)のみ

こちらの記事では、ロンドン・パスを使ってウィンザー城まで移動した様子をレポートしています。

ストーン・ヘンジ(London Waterloo-Salisbury)

イギリスを代表する世界遺産 ストーンヘンジ(Stonehenge)にもロンドンから鉄道で行くことができます。

ストーン・ヘンジの最寄り駅は、ソールズベリー(Salisbury)駅です。ロンドン市内のWaterloo(ウォータールー)駅からSouth Western Railwayに乗車します。

<出所>© Peter Skuce / public domain.

詳細はこちらの記事を参照してください。

パリ・ブリュッセル(Eurostar)

National Railではありませんが、イギリスには、海底トンネルを通ってロンドンとフランス・パリ、ベルギー・ブリュッセルを結ぶユーロスター(Eurostar)が運行しています。

ユーロスターは、ロンドンのセントパンクラス駅(St.Pancras)に発着します。パリからセントパンクラス駅に到着後、イギリスの鉄道に乗り換えて、スコットランドやウェールズに移動することもできます。

ユーロスターについては、こちらの記事を参照してください。

以上、イギリスの鉄道(National Rail)について、チケットの予約方法を詳しく解説しました。

ヨーロッパ鉄道・メニュー

-イギリス, ロンドン
-, , , , , , , , ,

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です