ロンドン「ハリー・ポッター スタジオ・ツアー」体験レポート:後編

ハリーポッター

大人気のハリー・ポッター スタジオ・ツアーの見学コースの紹介の後編です。後半には、展示のハイライトである本物のホグワーツエクスプレス、ハグリッドの撮影方法の秘密やホグワーツ魔法魔術学校の巨大な模型などがあり、興奮はまだまだ続きます。
見学コースの前半は下記の記事で紹介しています。読み飛ばしてしまった方は見てみてください。

禁じられた森

私が訪問した時点では、まだオープンしていませんでしたが、現在は新エリア「禁じられた森」(FORBIDDEN FOREST)が広がっています。

<出所>ワーナー・ブラザース スタジオ公式サイト

ヒッポグリフのバックビークです。残念ながらUSJのフライト・オブ・ザ・ヒッポグリフのように乗ることはできません。
57-122-DSC_0398

ロンが大嫌いなアラゴグです。
56-121-DSC_0397

ホグワーツエクスプレスの展示

二つ目のセクションはキングス・クロス駅が大きなスケールで再現されています。本家も観光名所になっているキングス・クロス駅の9と4分の3番線です。記念写真を撮ることもできます。
35-071-DSC_0345

展示の目玉「ホグワーツエクスプレス」です。
36-073-DSC_0347

ホグワーツエクスプレスの中にも入ることができます。
38-080-DSC_0355

ホグワーツエクスプレスでの旅を体験できます。どんな体験ができるかは行ってのお楽しみです。
39-086-DSC_0362

休憩所・バタービール

ホグワーツエクスプレスの展示を抜けると、食事を取れる休憩所があります。定番のバタービールもなかなかの味でした。
40-088-DSC_0364

屋外展示(ナイトバスなど)

続いて屋外の展示になります。夜の騎士バス(ナイトバス)です。
41-093-DSC_0369
ホグワーツの橋をわたることもできます。
42-094-DSC_0370

ハリーが住んでいた「プリベット通り4番地」です。
45-103-DSC_0379

「ハリー・ポッターと賢者の石」で登場したチェスの駒です。
46-106-DSC_0382

人形の展示

再び室内の展示に戻り、撮影で使われた人形が展示されています。ハーマイオニーの人形です。かなりリアルでした。
48-112-DSC_0388

ドビーめの人形です。ドビーの撮影は基本的にCG(VFX)だったそうです。ただ、一部のシーンではこのような人形が使われ、7作目などでは実際に人が入って撮影されたそうです。
49-114-DSC_0390

ハグリッドの撮影用のマスクです。マスクを肩にのせて撮影していたとは驚きです。このように撮影方法を展示してあるのも、このツアーのうれしいところです。
51-116-DSC_0392

ダイアゴン横丁

ダイアゴン横丁のセットも、もちろんあります。
58-123-DSC_0399

セットの詳細な設計図も大量に展示されています。ハリーポッターがいかに緻密に作られたかがわかります。
60-128-DSC_0404

原画も多く展示されています。お気に入りはドビーめでの原画でございます。
61-130-DSC_0406

ホグワーツ魔法魔術学校の模型

最後の目玉が模型というにはあまりに巨大なホグワーツ魔法魔術学校です。360度見渡せます。
64-141-DSC_0417

お土産ショップ

展示が終わるとお土産コーナーです。本物っぽい展示もうれしいところです。定番の百味ビーンズやカエルチョコも売っています。
65-147-DSC_0423

約3時間大満足のスタジオ見学ツアーでした。料金は43ポンド(約6200円)と安くはありませんが、ロンドンを訪問した際には必ず訪れたいスポットです。

このツアーは大人気のためチケットはかなり先の日程まで売り切れていることが多く、入手困難なチケットになっています。ただし、チケットを予約するための裏ワザもあります。下記の記事では、公式サイトでの購入方法や入手が困難なハリー・ポッター スタジオ・ツアーのチケットを入手する方法を徹底解説しています。参考にしてください。

[PR]ロンドンの人気現地ツアー

ハリー・ポッターがお好きな方にはこちらの記事も人気です。

ロンドンに関してこちらの記事も人気です。

-ハリーポッター
-, , , ,

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です