【最新】Gotoトラベル利用の「ホテルミラコスタ」宿泊 徹底ガイド

TDL TDS

ディズニーシーホテルミラコスタ宿泊に役立つチェックインレストランショップ宿泊者特典などについて詳しくご紹介します。また、GoToトラベルを利用してミラコスタに宿泊した様子も合わせてレポートします。

GoToトラベルを利用してミラコスタを予約する方法は、下記の別記事で徹底的に解説しています。こちらの記事とあわせて読んでいただくと予約から宿泊当日のまで一通りカバーいただけます。

ページコンテンツ


ミラコスタのチェックインは3種類

ミラコスタのチェックインには3種類あります。

①通常のチェックイン

ミラコスタのレセプション(チェックインカウンター)で15時以降にチェックイン手続きを行います。

荷物は朝、ミラコスタか舞浜駅前の「東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンター」で先に預けることができます(チェックイン前にベルカウンターで受け取ります)。

GoToトラベルの地域共通クーポンが紙クーポンの場合、チェックイン時に受け取ります。

15時少し前から手続き開始になることもあるようです。

デメリットは、カウンターが混雑するとチェックインに時間がかかることです。

②プリチェックイン

ミラコスタか「東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンター」で朝など15時前にチェックインの手続きを済ませられます。

その場でカードキーをもらえるので、16:30以降、部屋へ直接行くことができます。

16:30より前に部屋に入れないのがデメリットです。

荷物を預けておくと部屋に届けておいてもらえます。

プリチェックインは公式サイトでの予約でも、ホテル予約サイトでの予約でも利用できます。

GoToトラベルの地域共通クーポンが紙クーポンの場合、ミラコスタではプリチェックイン時にクーポンを受け取れるようです。ウェルカムセンターのプリチェックインでは受け取れないので、ミラコスタのフロントで受け取ります。

GoToトラベルの紙クーポンを早めに利用したい場合は、プリチェックインをミラコスタで行ったほうが便利なようです。

③オンラインチェックイン

ディズニーリゾート公式サイトでミラコスタを予約した場合は、オンラインチェックインを利用できます。

スマートフォンをルームキーとして利用できます。

オンラインチェックインの詳細は以下の公式サイトを参考にしてください。

オンラインチェックインについて(公式サイト)

舞浜駅経由の場合「東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンター」が便利

舞浜駅経由でミラコスタやディズニー・シーへ行く場合、駅前にある「東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンター」を利用すると便利です。

「東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンター」でできること

手荷物を預けられる(ミラコスタへ運んでくれる)
ディズニーリゾートライン2日フリーきっぷを宿泊者数分もらえる
プリチェックインできる

舞浜駅前で大きな荷物を預けて身軽になれますし、2日フリーきっぷを受け取って無料でリゾートラインに乗れるので、プリチェックインをしなくてもウェルカムセンターを利用すると良いと思います。

ウェルカムセンター利用、プリチェックインのレポ

私は、舞浜駅経由でミラコスタ、ディズニーシーへ行ったので、朝、ウェルカムセンターを利用しました。

地域共通クーポンが電子クーポンだったので(紙クーポンを受け取る必要なし)、ウェルカムセンターでプリチェックインも済ませました。

ディズニーシーに到着して、すぐ入場待ちの列に並べましたし、夕方もチェックインの手続きをしないで部屋に戻れたので、時間を効率的に使えました。

15時以降、部屋へすぐに入りたい方は、通常のチェックインが良いと思います。

ウェルカムセンターは舞浜駅南口にあります。ディズニーホテルサービスカウンターの営業時間は朝7:30から夕方17:00です。プリチェックインは16:00まで受け付けています(11月28日時点)。

南口の改札を出たら、リゾートラインの乗り場がある左側へ進みます。

リゾートラインの乗り場の手前、左手にある建物が「東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンター」です。

入り口で宿泊ホテルをつたえ、検温をうけて入場します。2階がミラコスタなどディズニーホテルサービスカウンターです(1階は、ヒルトン東京ベイなどオフィシャルホテルのカウンター)。平日の7時50分ころだったせいか、人が少なく待ちませんでした。

最初に案内されたカウンターで荷物を預けて、リゾートラインの2日フリーきっぷを受け取りました。ここでプリチェックインをするかどうかの確認があります。プリチェックインをしない場合は、そのままリゾートライン乗り場へ向かいます。

プリチェックインをする場合は、隣のプリチェックインのカウンターへ移動します。宿泊者カードに記入し、GoTo利用の場合は、全員分の身分証の提示を行います(幼児も保険証などの提示が必要とのことです)。ルームキー、宿泊者特典のパークチケット購入申込書などを受け取ります(パークチケットは、ミラコスタのパークチケットカウンターで購入できます)。

上で説明したように、プリチェックインすると部屋に16:30以降しか入室できないので注意してください。また、ウェルカムセンターでのプリチェックインではカード精算が完了しないので、チェックアウトをミラコスタのレセプションする必要があります(エクスプレスチェックアウトは利用不可)。

数分でプリチェックインが終わったので、リゾートラインでディズニーシーへ向かいます。

ミラコスタで荷物を預けたり、プリチェックインをする場合は、東京ディズニーシー・ステーションでリゾートラインを降車した後、ホームを進行方向前方へ進むとミラコスタ連絡用改札口があります。

私はシーのエントランスへ直接向かいました。

ミラコスタの入館・パークとの出入り

ミラコスタへはメインエントランスから出入りするか、パークと直結になっている「ホテル&パーク・ゲートウェイ」から入館と13時以降は入園・再入園(12月1日~)することができます。

公式アプリのマップにも記載されているのですが、わかりにくいので補足説明をつけます。

<出所>©Disney/Google

ミラコスタのメインエントランスです。リゾートラインで来る場合は、左側からメインエントランスに来ることになります。

メインエントランスの扉は、ミッキー・デザインになっています。

ミラコスタとリゾートラインをつなぐ通路です(ミラコスタ側からディズニーシー・ステーション側を見た写真)。写真の左側にはパーク入口へ降りる階段があります。

シー入場後、ミラコスタへ入館する場合は「ホテル&パーク・ゲートウェイ」が便利です。メディティレーニアン・ハーバー(下の写真→の場所)にあります。パークからミラコスタへの入館は終日利用できます。ミラコスタからパークへの入園・再入園は13時以降のみ可能です(12月1日~)。

私はシーで夕方すぎまで遊んでからミラコスタに入館したので、「ホテル&パーク・ゲートウェイ」を使いました。クリスマスのデコレーションされたエンポーリオの前を通ります。

奥にある入口が「ホテル&パーク・ゲートウェイ」です。パークに再入場する場合は、手の甲にスタンプを押してもらいます。

前の前にエレベーターがあるのでロビーがある2階にあがることができます。

階段でもロビーにあがれます。

かわいいシーのマップも。

階段の踊り場はミラコスタ館内から(レストラン・部屋以外で)、一番いい感じにメディティレーニアン・ハーバーを見渡せるスポットかもしれません。

ミラコスタのロビー

ミラコスタはロビーを中心にレセプション、レストラン、ショップなどが配置されていて、各施設へアクセスしやくできています。

ガレオン船

ロビーには、中央に巨大なガリオン船のブロンズ像があります。

ガリオン船にはミッキー船長(カピターノ・ミッキー)が乗船しています。

天井画

天井には、ミラコスタの8つエリアを表す女神が描かれています。

例えば、こちらはマーメードラグーンの女神です。それぞれの絵画には隠れミッキーが描かれています。ロビー2階からだと小さくて分かりにくいので、エレベーターで4階、5階まであがって近くで見るとわかりやすいかもしれません。

レセプション(チェックイン・チェックアウト)

レセプションもロビーに面しています。こちらでチェクイン・チェックアウトの手続きなどをおこいます。

プリチェックインでも説明しましたが、GoToトラベルを利用する場合は、全員分の身分証明証(免許書、マイナンバーカード)の提示が必要です(幼児も保険証などの提示が必要とのことです)。

チケットカウンター

宿泊者特典のパークチケットは、レセプションの左奥にあるチケットカウンターで購入できます。

下記で説明するパークチケット購入申込書を記入して、こちらのカウンターで購入します。

チケットカウンターは6:00から営業しています。夕方以降はレセプションでの販売になります。

レセプションでキャストさんにチケット購入と伝えれば、適切なカウンターに案内してくれます。

ベルデスク

荷物預け・受け取りは、ロビー北側にあるベルデスクで行います。

宿泊者特典のパーク・チケット購入

ミラコスタ宿泊者は1人1泊につき1枚パークチケットを購入できます。

公式サイト以外の楽天トラベル、一休.com、JTBなどの予約でもチケットを購入できます。

シーかランド、どちらかを選べます。

チェックアウト日以降のチケットしか購入できないので、普通はチェックアウト日のチケットを購入します。

スペチアーレ・ルーム&スイートに宿泊の場合は、チェックイン日の12時入場チケットも購入できます。

チェックイン日のチケットは自分で予約する必要があります。

チケット予約についてはこちらの記事を参考にしてください。

チェックイン時に受け取る封筒に、チケット購入申込書が入っています。必要事項を記入の上、ロビーにあるチケットカウンター(夕方以降はレセプション)で購入します。

チケット購入時も、身分証明証の提示が必要なので注意してください。

ハッピー15エントリー

11月29日現在、ディズニーホテル宿泊者特典のパークへの優先入場「ハッピー15エントリー」は中止されています。

ただし、パークへの入場は発表されている入場時間9:00より前に入場が開始されているので注意してください。

パークの入場などについてはこちらの記事を参考にしてください。

客室

ミラコスタの客室は、部屋が面する場所によって①ポルト・パラディーゾ・サイド、②ヴェネツィア・サイド、③トスカーナ・サイドの3つに別れています。

公式サイトの図がわかりやすいので引用します。

<出所>©Disney

宿泊料金は、ポルト・パラディーゾ・サイドが高く、ヴェネツィア・サイドとトスカーナ・サイドはほぼ同じです。

ヴェネツィア・サイドとトスカーナ・サイドでは、かならずパーク側に面するヴェネツィア・サイドのほうが人気があるようです。

①ポルト・パラディーゾ・サイド


メディティレーニアンハーバーがあるポルト・パラディーゾは一番人気があり、宿泊料金も高めです。

ポルト・パラディーゾ・サイドはさらに、メディティレーニアンハーバーが見渡せせる「ハーバービュー」、ポルト・パラディーゾの広場や街並みが見渡せる「ピアッツァビュー」、建物の壁や屋根で視界が遮られてしまう「パーシャルビュー」の3つに別れています。

②ヴェネツィア・サイド


ヴェネツィアン・ゴンドラの乗り場などがあるパラツィオ・カナルに面した部屋です。

③トスカーナ・サイド


メディティレーニアンハーバーやパラツィオ・カナルと逆側に面した部屋です。

パーク・エントランスに面していてアクアスフィアが見られる部屋や、ミラコスタ・メインエントランスの噴水に面してパーク内部は見られない部屋など、場所によって眺望がかなり異なります。

スペチアーレ・ルーム&スイート

ミラコスタで最高グレードの部屋がスペチアーレ・ルームとスイートです。

ポルト・パラディーゾ・サイド、または、ヴェネツィア・サイドに面しています。

専用ラウンジでのチェックイン・チェックアウト、ラウンジでの飲み物サービス、朝食サービスなどがついています。

また、チェックイン日の12時入園のチケットも購入可能です(11月29日時点)。

ヴェネツィア・サイド スーペリアルーム レポ

ヴェネツィア・サイド スーペリアルームに宿泊しましたので、部屋やアメニティなどをレビューします。

プリチェックインをしていたので18時ころにパークからミラコスタへ戻りました。

プリチェックイン時に預けた荷物は部屋に届いていました。

チェックインのときに受け取る館内マップに部屋へのルートが印刷されているで確認してください。ミッキーのマークが宿泊する部屋です。

ロビーとヴェネツァ・サイドをつなぐ通路です。

2階からは、ミラコスタの下を通過するパークの通路が見えます。クリスマス・デコレーションが前の前に見えました。

朝は、ハーバーに出ているパージが見えました。

反対側には、ステンドグラス越しに、アクアスフィアが見えます。

途中、通路が分かれるところには部屋番号が書かれているので確認してください。

廊下の絨毯は、お約束のミッキー柄になっています。

廊下の壁には、ミッキーたちの冒険の様子が描かれていました。カードキーをタッチして入室します。

室内

室内は海をイメージしてブルー基調でした。

窓側のベッドの下には、トランドルベッドが収納されていて引き出すと3名で宿泊できます。ベッドスローに描かれているのは、マーメイド風のミニーでしょうか。

ヘッドボードにはパラツィオ・カナルの風景が描かれています。壁にはミッキー&フレンズのタペストリーがかかっていました。

重厚感のあるソファーはゆったり座ることができました。

テレビでフロアガイドを見たり、ルームサービスを頼んだり、することもできます。

Wifiのパスワードもテレビ画面に表示されています(マップの裏などにもWifiパスワードが記載されています)。

ミラコスタのロゴが刺繍されたパジャマです。着心地が良いので、ぜひ販売してほしいです。

窓際のテーブルで、チケット購入申込書を記入しました。

封筒にはミラコスタのポストカードも入っていました。

天井にもマーメードが描かれています。

湯沸かしポットとティーセットです。日本茶、コーヒーがありました。

ティーセットの下の扉を開けると冷蔵庫があります。

冷蔵庫には、無料のミネラルウォーターが3本入っていました。

クローゼットにはセキュリティボックスがありました。

スリッパは、ミッキー・マークの刺繍付きでした。

眺望

部屋はゲストが立ち入らないパラツィオ・カナルの奥側でした。静かといえば、静かでしたし、閑散としているといえば、閑散としていました。

朝はこのような感じでした。

バスルーム・アメニティ

右側の浴室の扉にはミッキーがいました。

アメニティは、ミラコスタデザインのカップ、アメニティーキットの缶ケース(中は綿棒・コットン・シャワーキャップ・ヘアバンド)、シャンプー、コンディショナー、歯ブラシがおいてありました。この他にも、ブラシ、ひげ剃りなどがあります。

ドライヤーとブラシは引き出しに入っています。

浴室は、狭すぎず、広すぎず、ちょうど良い感じでした。

当然、ウォシュレット付きのトイレです。

なお、連泊する場合は、部屋の清掃やタオルの交換が行われません。必要な場合は、連絡する必要があります。

以上、ヴェネツィア・サイド スーペリアルームのレポートでした。

ミラコスタのレストラン

ミラコスタ館内には、3つのレストランがあります。

オチェーアノ:地中海料理

シルクロードガーデン:中華料理

ベッラヴィスタ・ラウンジ:ラウンジ・イタリア料理

オチェーアノとシルクロードガーデンの入り口はロビーのレセプションの対面にあります。入り口は一緒になっていて、キャストさんにどちらのレストランを利用するか伝えます。

中に入って正面がオチェーアノ、右手がシルクロードガーデンです。

ベッラヴィスタ・ラウンジの入り口はショップ「ミッキランジェロ・ギフト」の右側にあります。

参考までにメディティレーニアンハーバーから見たミラコスタのレストランの位置は以下の通りです。オチェーアノは左側にもずっと続いていて、シルクロードガーデンはオチェーアノの奥(建物の内側)にあります。

朝食は、オチェーアノでブレックファスト・ビュッフェが提供されています。11月28日現在、ベッラヴィスタ・ラウンジの朝食営業は休止されています。

ミラコスタのレストランのメニューなど詳しい情報は、こちらの公式サイトを参照してください。

ミラコスタのレストラン(公式サイト)

ミラコスタのレストラン事前予約

GoToトラベルの影響で混雑しているため、利用する場合は、事前予約が無難です。予約がないと利用できないケースが多いようです。

予約は2ヶ月前からディズニー公式サイトで行います。

公式サイトでミラコスタを予約した場合、宿泊者特典枠での予約が可能ですが、ホテル予約サイトで予約した場合は、一般ゲストと同じ枠での予約になります。

そのため、予約開始時点でないと満席で予約できないことも多いです。

レストラン予約の方法については、こちらの記事を参考にしてください。

事前にレストラン予約が取れなかった場合は?

事前予約が取れなかった場合、どうすればよいのか公式サイトに問い合わせて見ました。

当日、空席があればミラコスタのカウンターで相談すれば予約できることもある、との回答でした。

時間帯などを調整して、当日席が確保できることもあるようですが、確実ではないので、やはり事前予約がベストです。

ミラコスタでは、朝食などのルームサービスも提供されています。

ただし、朝食で4,000円とお安くはありません。

ルームサービス(公式サイト)

ミラコスタ近辺には、コンビニやレストランなどがありません。パーク内で食事を済ませるか、リゾートラインで舞浜駅に移動してイクスピアリで食事する方も多いようです。

パン、カップ麺であれば、ミラコスタ内の「ミッキランジェロ・ギフト」でも販売されています(以下で説明)。

オチェーアノのディナービュッフェのレポ

私は、オチェーアノのディナービュッフェをなんとか予約しました。ディナービュッフェは、大人(13才以上)が平日5,800円、土日祝が6,300円です。

ロビーに面したレストランの入り口で予約時間・氏名を伝えます。

オチェーアノの中に通されたら、名前を呼ばれるまで待ちます。

パークを眺めながら5分くらい待ちました。

料理はキャストさんが順番に皿へよそってくれます。基本的にすべての料理を盛ってくれるので、不要なものは伝えましょう。

人気メニューのローストビーフです。テリヤキソースかマスタードソースかを選びます。

クリスマスシーズンだったので、スイートのコーナーにはシュトーレンなどのクリスマスメニューがありました。

ビュッフェにはドリンクが付いてないので別にオーダーする必要があります。クリスマス・スペシャルドリンクをオーダーしました。

ディズニーホテルのレストランは、地域共通クーポンの電子クーポンが利用できる唯一の場所です(パーク内レストランなどは紙クーポンのみ)。

ショップ「ミッキランジェロ・ギフト」


ミラコスタ内のショップ「ミッキランジェロ・ギフト」ではオリジナルグッズや宿泊者限定のグッズを購入できます。

また、飲み物やお菓子や日曜雑貨が販売されており、ちょっとしたコンビニ代わりにも利用できます。

営業時間は8:00~22:00です(11月29日時点)。

「ミッキランジェロ・ギフト」の入り口もロビーに面しています。

ショップの天井の絵が未完成なのも、多くの作品が未完成だったことでも有名な巨匠ミケランジェロにあやかってのことでしょうか。

ホテル宿泊者限定グッズ

現在(2020年11月時点)では、ミラコスタ宿泊者限定でぬいぐるみバッジ付きトートバックが販売されています。購入にはカードキーなどの提示が必要です。

ミラコスタ・オリジナルグッズ

ミラコスタデザインのコスチュームを着たミッキー、ミニーのぬいぐるみバッジや、キーチェーン、パスケースなどのミラコスタ・オリジナルグッズが販売されています。

ミラコスタ限定のクッキー缶も並んでいます。

チョコウエハースは、ミラコスタ、アンバサダーホテル、ディズニーランドホテルなどディズニーホテル・デザインです。

ディズニーパークのグッズ

種類が豊富というわけではありませんが、ベイマックスグッズ、ディズニーランドの新エリアグッズなど、ディズニーランド系のグッズも並んでいました。

お菓子系のお土産もたくさん並んでいました。

飲み物・お菓子・日用雑貨など

「ミッキランジェロ・ギフト」の店内の奥の方は、ちょっとしたコンビニみたいになっています。ディズニーシー付近にはコンビニがないので、価格は少し高めですが便利です。

飲み物は、500mlのペットボトルが200円と、パーク内と同じ価格です。ビールやチューハイなどのお酒も売っています。

カップヌードルや緑のたぬきなどもあります。

食パンやインスタントのお茶漬けもあります。

お菓子や酒のつまみです。

絆創膏、熱さまシート、おむつなど、ちょっとしたときに便利な日用品も並んでいます。

ミラコスタ館内の施設・サービス

ステーション・デリバリーサービス

ミラコスタで預けた荷物を東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンターで受け取れるサービスです。

ステーション・デリバリーサービスは有料になります。

料金

1個:660円
2個:1,120円
・・・

預け入れはロビーにあるベルデスクなどで行います。ウェルカムセンターでの受け取りは、20:00までなので注意してください。

ホームデリバリーサービス


荷物を自宅に配送するサービスです(有償)。

手続きは、2階にあるホームデリバリーサービスのカウンターで行います。

サローネ・デッラミーコ


5階にあるスペチアーレ・ルーム&スイートに宿泊するゲストが利用できる専用ラウンジです。

チェックイン、チェックアウトをしたり、ラウンジでドリンクを飲んだりできます。

テルメ・ヴェネツィア(プール)

屋外プールと屋内プールがあります。屋外プールは夏期のみ、屋内プールは年中無休で営業しています。

夏期以外は、利用料金1,000円がかかります。

<出所>ミラコスタ公式サイト/©Disney

ヴェネツィア・サイドの1階にあり、サウスエレベーターでおります。

私が宿泊した日は点検のため休みでした(年中無休のはずなのに)。

チェックアウト

チェックアウトは12時です。

精算が必要ない場合は、部屋のテレビで「エクスプレス・チェックアウト」の手続きをすれば、レセプションへ行かずにチェックアウトできます。

テレビのメニューから「エクスプレス・チェックアウト」を選びます。

私は、「東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンター」でプリチェックインしたので、エクスプレスチェックアウトを利用できませんでした。普通に、レセプションでチェックアウトしました。

「エクスプレス・チェックアウト」をした場合は、ロビーなどにおいてある返却ボックスに、ルームキーを返却します。

チェックアウト後、ベルデスクに荷物を預けることができます。

私は、チェックアウト日、ディズニーランドへの入園だったので、ミラコスタには預けず、ディズニーランドステーションのコインロッカーに荷物を預けました(荷物を受け取りにディズニーシーへ戻ってくるのが面倒だったので)。

以上、ディズニーシー・ホテルミラコスタについて詳しくご紹介しました。

GoToトラベルを利用してミラコスタを予約する方法は、下記記事を参考にしてください。

東京ディズニーランド・シー

世界のディズニー再開情報

-TDL, TDS
-, , , , , , ,

関連記事


  1. あつこ より:

    店名は、ミケランジェロギフトではなく、ミッキランジェロギフトだったと思います。
    オープン当時と名前変わったんですか?
    ここ何年も行っていないので。

    • deeluxe より:

      あつこ様

      ご親切にご指摘いただき、ありがとうございました!

      思いっきり書き間違えていました。修正いたしました(^^;;

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です