ドイツ鉄道DB 乗り放題パス「ジャーマン レイルパス」徹底解説【ドイツ】

ドイツ

ドイツ鉄道DBが乗り放題になる鉄道パス「ジャーマンレイルパス(German Rail Pass)」の購入方法料金キャンペーン情報などを解説します。ジャーマンレイルパスを購入したほうがよいのか、個別にチケットを購入したほうが安いのかも比較します。私が実際にドイツ旅行したときは、ジャーマンレイルパスと個別購入を比較した結果、個別のチケット購入にしました。この理由なども解説します。

ジャーマンレイルパスの基本情報

ジャーマンレイルパスを購入する上での基本情報をまとめます。

・ジャーマンレイルパスはドイツ鉄道DBと私鉄の一部が乗り放題になる鉄道パスです
・連続した日に使用できる「通用日連続タイプ」と、1ヶ月内の自由な日に使用できる「フレキシータイプ」があります。
・適用日は、2日、3日、4日、5日、7日、10日、15日から選べます。
・1等車(1st class)用と2等車(2nd class)用のチケットがあります。
・2名で一緒に旅行する場合は、ツインパス(セーバー)という最大15%オフになるパスが購入できます。
ドイツ国内の鉄道に加え、ドイツとイタリア、オーストリア、ベルギー、スイス、ポーランド間の指定路線にも乗車することができます。詳細は記事の後半を参照してください。
・12歳から27歳はユース割引のチケットになります。

ジャーマンレイルパスとドイツ鉄道DBの個別チケット購入の比較

ドイツを鉄道で移動して旅行する際、ジャーマンレイルパスの購入と、チケットの個別購入とどちらがいいのか、どちらがお得なのか悩みます。ジャーマンレイスパスの値段は、4日連続通用タイプで28,600円です。1日あたりで換算すると約7,200円(€54)です。IC(特急)で2時間のハンブルク-ベルリン間が正規料金だと8,700円(65€)なので、ジャーマンレイルパスのほうがお得に感じます。しかし、ドイツ鉄道DBは早割でチケットを予約すると同じハンブルク-ベルリン間が2,700円(€19.9)と爆安で買えてしまいます。早割チケットは、指定した列車にしか乗れないので、乗り損ねると切符を買いなおしになります。ですので、以下のような方にはジャーマンレイルパスの購入をお勧めします。

・電車で長距離移動する(1日平均7,200円分の距離を移動しないと元がとれません)
・ドイツ旅行のプランが流動的で早割切符の購入が難しい
・旅行のスケジュールがタイトで、電車に乗り損ねる可能性がある

私は冒頭で書いたようにチケットを個別購入しました。その理由は、4日間の滞在で、ハンブルク、ベルリン、ドレスデンの3都市の移動と距離が長くなかったのと、プランが決まっていたためかなり安く個別にチケットを購入できたからです。ドイツ鉄道DBでチケットを予約・購入する方法は下の記事で詳しく解説しています。参考にしてください。

ジャーマンレイルパスの値段

ジャーマンレールパスの料金(レイルヨーロッパ)は下記の通りです。同行者がいる場合は、15%OFFになるツイン(セイバー)チケットが購入できます。また12~27歳は「ユース」、60歳以上は「シニア」料金が適用されます。ツイン、ユース、シニア料金はこちらのレイルヨーロッパのサイトを参照してください。

有効期間2 等車1 等車
パスタイプ連続通用 フレキシー連続通用 フレキシー
2日 *¥18,200¥18,900¥23,900¥25,000
3 日 *¥21,500¥22,600¥29,400¥30,500
4 日 *¥23,800¥24,400¥31,700¥32,800
5 日¥27,600¥28,900¥37,700¥38,900
7 日 *¥27,000¥27,600¥36,400¥37,700
10 日¥40,200¥45,200¥54,600¥61,500
15 日¥56,500¥62,800¥76,600¥86,600

なお、ジャーマンレイルパスの上記料金は2019年3月29日までのキャンペーンで割引価格になっています。連続通用、フレキシーとも2日、3日、4日、7日用が10%OFFになっています。5日用はキャンペーンが適用されていないので、7日間のほうが安くなっています。乗車期間は2019年5月31日までになっています。したがって、2019年のゴールデン・ウィーク期間の旅行には適用されます。

ジャーマンレイルパスの最新料金を確認(RAILEUROPE)

ジャーマンレイルパスの購入方法

ジャーマンレイルパスは、①レイルヨーロッパのサイトか、②ドイツ鉄道DBの公式サイトから購入できます。下記のリンクから購入ができます。

①ジャーマンレイルパス購入(レイルヨーロッパ:日本語)

レイルヨーロッパでジャーマンレイルパスなど鉄道パスを購入する方法は下記の記事で詳しく解説しています。

レイルヨーロッパでは料金が割引になるキャンペーンを時々実施してクーポンコードを発行しています。今はちょうどジャーマンレイルパスの割引キャンペーンが実施されています(2019年3月29日まで)。2日間有効、3日間有効、4日間有効、7日間有効のチケットが10%割引で購入できます。詳細は下記記事ご紹介していますので参考にしてください。
ジャーマンレイルパスキャンペーンを確認(RAILEUROPE)

公式サイトで購入する場合は、下記のリンクをクリックしてください。

②ジャーマンレイルパス購入(ドイツ鉄道 公式サイト:英語)

ドイツ鉄道公式サイトのリンクをクリックすると下の画面になります。Consecutiveが連続通用日で、Flexiがフレキシータイプになります。赤いBOOK NOWをクリックして購入手続きを進めます。
ジャーマンレイルパス

ジャーマンレイルパス購入時の事前の座席予約

ジャーマンレイルパス利用者は、ICEなどの座席指定がある列車にも追加料金なしで乗車することができます。ただし、事前の座席を確実に確保しておきたい場合は、事前の座席指定が有料で行えます。座席指定の料金は列車の種類によって異なります。ジャーマンレイルパスの公式サイトには、ラッシュ時間、祝日や繁忙期は予約をお勧めする、と記載されています。

■座席指定料金

ICE:2等席(2nd class) € 4.50 / 1等席(1st class) € 5.90
ユーロシティ(EuroCity)・インターシティ(InterCity) 国内線:€ 3.50~
レイルジェット(Railjet): € 3.50~

なお、RegionalExpress (RE)、Regionalbahn (RB)、S-Bahnは予約が不要です(予約できません)。

ジャーマンレイルパスの座席指定についてはジャーマンレイルパス公式サイトで詳しく解説してあります。

ジャーマンレイルパスの座席指定(公式サイト:英語)

ジャーマンレイルパスの現地購入

ジャーマンレイルパスは、ドイツ現地でも購入可能です。駅にあるドイツ鉄道DBの窓口で購入できます。購入時には、パスポートを提示する必要があります。これは、ジャーマンレイルパスを使用できる対象者が「ヨーロッパ圏外に居住する旅行者」に限られるからです。利用日が決まっている場合は、購入と一緒にバリデーション(利用開始手続き)を行ってもらいましょう。

ジャーマンレイルパスのバリデーション

ジャーマンレイルパスは、利用開始時にバリデーション(利用開始手続き)をする必要があります。バリデーションはドイツ鉄道の駅の窓口で行います。窓口で、利用開始日を記入してもらいましょう。利用日前日など、利用開始前にバリデーションをすることも可能です。

ドイツ鉄道DBの乗車レポート

私は、デンマークのコペンハーゲン ⇔ ハンブルク ⇔ ベルリン ⇔ ドレスデン ⇔ チェコのプラハ をドイツ鉄道DBに乗車して移動しました。上で説明したようにジャーマンレイルパスは使いませんでしたが、下記記事で乗車の様子をレポートしていますので参考にしてください。

ジャーマンレイルパスを国際列車に使う

ジャーマンレイルパスはドイツ国内の鉄道に加え、ドイツとイタリア、オーストリア、ベルギー、スイス、ポーランド間の指定路線に使うことができます。

ドイツ-イタリア間

 EC利用 ミュンヘン(München)-イタリア ヴェネツィア(Venezia)、ヴェローナ(Verona)、ボローニャ(Bologna)
 ※直通EC利用時、有料座席指定が必要

ドイツ-オーストリア間

 EC利用 ミュンヘン(München)-オーストリア インスブルック(Innsbruck)、クフシュタイン(Kufstein)、ザルツブルク(Salzburg)
 ※直通EC利用時のみ

ドイツ-ベルギー間

 ICE利用 ケルン(Köln)-ベルギー ブリュッセル(Bruxelles)
 ※ICE乗車のみ有効

ブリュッセル観光については下記の記事を参考にしてください。

ドイツ-スイス間

 ミュンヘン(München)-スイス バーゼル(Basel)

スイス観光については下記の記事を参考にしてください。

ドイツ-ポーランド間

 ICバス(IC BUS)利用 ベルリン(Berlin)-ポーランド クラクフ(Kraków)線
 ※有料座席指定が必要

クラクフ観光については下記の記事を参考にしてください。

ドイツ-チェコ間

 ICバス(IC BUS)利用 ミュンヘン(München)/ニュルンベルク(Nürnberg)-チェコ プラハ(Praha)線
 ※有料座席指定が必要

以上、ドイツを鉄道で旅行するときに便利なジャーマンレイルパスの料金や購入方法を解説しました。なお、ドイツの鉄道の乗り方などは下の記事で詳しく解説しています。参考にしてください。

ドイツに関するこちらの記事も人気です。

[PR]ドイツ旅行にお勧め

-ドイツ
-, , , , ,

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です