スイス 人気の観光地 15選

スイス

グリンデルワルド駅前
スイスでは、マッターホルンアイガーユングフラウといったアルプスの山々をはじめとする美しい自然を満喫できます。登山好きの方はもちろん、ヨーロッパを数回旅行していて、ヨーロッパ的な街並みや教会の観光だけでは物足りなくなってきた方にもお勧めの国です。自然だけでなく、チューリッヒベルンなど歴史と近代的要素を兼ね備えた都市も多い点も魅力です。また治安面でも、テロが多発しているヨーロッパの中では比較的安全とされています。避暑地が多いため、日本以上に暑いヨーロッパの夏休みの旅行には特に最適です。一方、物価が高いのが最大にして唯一の難点ですので、この記事ではスイス旅行の費用を安く抑えるためのノウハウを多く公開しています。

スイス旅行をお勧めする理由

・圧倒的に美しいアルプスの自然を満喫できる
・自然だけでなくヨーロッパ歴史的・文化的な見所も多い
・避暑地が多いので夏休みの旅行に適している
・ヨーロッパの中では治安が良いとされている。現在、テロの危険性がない国はない、というのが真実ですが、過去の状況から言うとスイスはイギリス、フランス、ドイツ、スペインなどと比較してテロの発生件数は少ないです。下記の記事はヨーロッパのテロ発生状況をまとめているので参考にしてください。

スイス旅行の難点

・物価が高い
・冬は寒く、ウインタースポーツ以外には向かない

スイス旅行で鉄道を活用するノウハウ

スイスは鉄道網が発達しており、スイス鉄道SBBを上手に活用すれば効率よく都市を周ることができます。しかし、鉄道の料金も割高です。したがって、自分の旅行プランに合わせて、乗り放題のスイストラベルパスや鉄道料金が半額になるスイスハーフフェアカードなどを選択することが大切になります。下記の記事では、プランにあったパスを選択するためのヒントを解説しています。


スイスの鉄道パスのなかでも特に人気が高いスイスハーフフェアカード(スイス半額カード)について下記の記事で詳しく解説しています。

下記の記事ではスイス鉄道SBBのチケット予約方法や使いこなすと現地で大変便利なSBBのモバイルアプリについて紹介します。

スイス鉄道SBBの乗り方についてはこちらの記事で解説しています。

スイスの人気観光地

スイスで人気の観光地をご紹介します。この中からツェツマット(マッターホルン)、グリンデルワルド・インターラーケン(ユングフラウヨッホ)、チューリッヒ、ベルン、サンクト・ガレン、隣国リヒテンシュタインのファドゥーツは実際に訪問しましたので、詳細にご紹介します。

ツェルマット・マッターホルン : Zermatt・Matterhorn

ツェルマット・マッターホルン : Zermatt・Matterhorn
スイス観光で圧倒的な人気を誇るのが、雄大なマッターホルンを堪能できる山間の町ツェルマットです。街中からマッターホルンの姿を見ることができます。間近でマッターホルンが見られるゴルナーグラート展望台やハイキングコースの拠点にもなっています。ガソリン車の立ち入りが禁止されているため、空気も非常にきれいです。2017年7月29日にはツェルマットとグレッヘン(Grächen)間の登山ルートに全長494メートルと世界最長の吊り橋も開通しました。マッターホルンを眺められる絶景ルート上にあり、今後もますます人気が高まりそうです。
ツェルマットへのアクセス、人気の登山列車ゴルナーグラート鉄道の乗り方などのお役立ち情報は下記の記事を参照ください。イタリアのミラノ空港を経由することでお得にツェルマットに行く裏技も紹介しています。

ツェルマット 現地ツアー(VELTRA)ツェルマット ホテル(Booking.com)

グリンデルワルト/インターラーケン/ユングフラウヨッホ : Grindelwald/Interlaken/Jungfraujoch

アウレッチ氷河
ツェルマットと双璧の人気をなすのがグリンデルワルトです。世界遺産の山「ユングフラウ」を間近で望めるヨーロッパ鉄道の最高標高駅ユングフラウヨッホは、グリンデルワルトやインターラーケンを基点に登山鉄道ユングフラウ鉄道で行くことができます。グリンデルワルトを含むベルナーオーバーランドは、ミューレン(Mürren)、フィルスト(First)、ヴェンゲン(Wengen)、ラウターブルネン(Lauterbrunnen)など他にも人気の観光地が多くあります(ヴェンゲン、ラウターブルネン経由でもユングフラウヨッホへ行けます)。下記の記事では、ベルナーオーバーランドの位置関係やユングフラウ鉄道のチケット予約方法・乗り方、ユングフラウヨッホ見学方法などお役立ち情報をご紹介しています。

ユングフラウ方面 現地ツアー(VELTRA)グリンデルワルト ホテル(Booking.com)

チューリッヒ : Zürich

チューリッヒ Zürich
スイス最大の都市チューリッヒは、スイス旅行の玄関口であるだけでなく、歴史ある旧市街やチューリッヒ湖の美しい風景など見所にあふれた街です。下記の記事では、チューリッヒの見所の紹介、お得なチューリッヒ・カード、チューリッヒ空港から市内へのアクセスなどをご紹介しています。上で紹介したツェルマット、グリンデルワルトへチューリッヒから行く方法も詳しくご紹介しています。

チューヒッリ 現地ツアー(VELTRA)チューヒッリ ホテル(Booking.com)

ベルン : Bern

時計塔(Zytglogge)
スイスの首都ベルンは、「ベルン旧市街」として世界遺産にも登録されています。旧市街には、シンボルである時計塔やベルン大聖堂、アインシュタインの家などがあり、クマが見られるクマ公園も人気です。下記の記事では、旧市街を中心にベルンの見所や、トラムの乗り方、人気のお土産子マンデルベアリなどをご紹介しています。ベルンからツェルマット、グリンデルワルトへ行く方法は、上のチューリッヒのところでご紹介している行き方の記事を参考にしてください。

ベルン 現地ツアー(VELTRA)ベルン ホテル(Booking.com)

ザンクト・ガレン : Sankt Gallen

ザンクト・ガレン St.Gallen
スイスの東部にあるザンクト・ガレンには世界遺産に登録されているザンクト・ガレン修道院や修道院付属図書館があります。バロック建築の装飾は息を呑むほど美しく、また中世の魔法世界の雰囲気をかもし出す修道院付属図書館も必見です。チューリッヒからも電車で1時間ほどなので、気軽に訪問できます。下記の記事でザンクト・ガレンの観光について詳しくご紹介します。


ザンクト・ガレン 現地ツアー(VELTRA)ザンクト・ガレン ホテル(Booking.com)

リヒテンシュタイン/ファドゥーツ : Sankt Gallen

リヒテンシュタイン liechtenstein
スイスの隣国リヒテンシュタインは人口が世界で6番目に少ない小国で、ルパン三世カリオストロのモデルとしても有名な国です。首都ファドゥーツは、スイスのサルガンス駅(Sargans)からバスで30分ほどで到着します。チューリッヒからサルガンスも電車で1時間ほどなので、気軽に訪問できます。下記の記事でリヒテンシュタイン/ファドゥーツ観光について詳しくご紹介しています。


ファドゥーツ ホテル(Booking.com)

ルツェルン : Luzern

ルツェルン:Luzern

<出所>ルツェルン観光局 公式サイト

スイス中部にあるルツェン(Luzern)はスイス第4の都市です。イエスを処刑した古代ローマのピラトゥス司令官の亡霊がたどり着いたとされるピラトゥス山やリギ山・ルツェルン湖など自然を楽しめる観光スポットがあります。また、ルツェルンのシンボルでもあるカペル橋も有名です。
ルツェルン 現地ツアー(VELTRA)ルツェルン ホテル(Booking.com)

ジュネーブ : Genève

ジュネーブ:Genève

<出所>ジュネーヴ観光局 公式サイト

チューリッヒに次ぐスイス第2の都市です。スイスの西部に位置しフランスと接しており、文化的にもフランスの影響を受けています。見所にはレマン湖、サン・ピエール大聖堂、国連ヨーロッパ本部があります。時計や貴金属も有名で、全てのスウォッチ(SWATCH)が展示されている時計博物館シテ デュ タン(Cite du Temps)もあります。
ジュネーブ 現地ツアー(VELTRA)ジュネーブ ホテル(Booking.com)

サン・モリッツ : St. Moritz

冬期オリンピックも開催されたウィンタースポーツのメッカで、夏も保養地として有名です。スイス東南に位置していて、イタリア国境からも15kmしか離れていません。氷河急行(グレッシャー・エクスプレス)、ベルニナ・エクスプレスの発着駅としても大変人気のスポットです。
サン・モリッツ:St. Moritz

<出所>サンモリッツの公式サイト

サンモリッツ ホテル(Booking.com)

サース・フェー : Saas Fee

サース・フェー:Saas Fee

<出所>サース・フェー公式サイト

ツェルマットの隣に位置する山岳リゾート地です。ツェルマットと同じようにガソリン車の乗り入れが禁止されているため、美しい自然が保たれていますし、ツェルマットと比べると規模も小さく素朴な村です。リピーターも多いようです。ブリーク(Brig)やフィスプ(VISP)からバスで行くことができます。
サース・フェー ホテル(Booking.com)

ダボス : Davos

ダボス:Davos

<出所>ダヴォス公式サイト

スイス東部にあるリゾート地で、ウィンタースポーツの設備が整っていることで有名です。ダボスの名をもっと有名にしているのが、著名な政治家、学者、企業人などが世界の問題について討議する「世界経済フォーラム」が毎年開催されることです。会議の通称は「ダボス会議」と呼ばれています。
ダボス 現地ツアー(VELTRA)ダボス ホテル(Booking.com)

バーゼル : Basel

バーゼル : Basel
北西部にあるスイス第三の都市です。フランス、ドイツの二国と接しています。ライン川の最上流にあたり、市内の真ん中を流れています。見所はライン川の遊覧、バーゼル大聖堂、フランス・ドイツ。スイスの三国国境点にあるモニュメントなどです。
バーゼル 現地ツアー(VELTRA)バーゼル ホテル(Booking.com)

ローザンヌ : Lausanne

ジュネーブとベルンのおおよそ中間に位置する都市で、レマン湖の湖畔にあります。国際オリンピック委員会(IOC)の本部があることでも有名です。また、若手バレリーナの登竜門であるローザンヌ国際バレエコンクールも開催されています。
ローザンヌ 現地ツアー(VELTRA)ローザンヌ ホテル(Booking.com)

ルガーノ : Lugano

イタリアとの国境にありイタリア語圏に属しています。コモ湖とマッジョーレ湖に挟まれたルガーノ湖の湖畔に位置します。多くの化石が出土することから世界遺産に登録されたサン・ジョルジョ山(Monte San Giorgio)が近くにあります。
ルガーノ ホテル(Booking.com)

エンゲルベルク : Engelberg

エンゲルベルクは「天使の山」という意味です。美しい景色が望めるティトゥリス山の展望台への拠点となっています。万年雪の氷河が広がり、年間を通してスノーアクティビィティが楽しめる場所として人気です。
エンゲルベルク 現地ツアー(VELTRA)エンゲルベルク ホテル(Booking.com)

スイスの世界遺産

スイスには、9つの文化遺産と3つの自然遺産があります。それぞれ距離が離れているため、まとめて周りにくいのが難点です。私が訪問した3つ(下記で詳細のリンクあり)の中で、ダントツのお勧めはユングフラウ、アレッチ、ビーチホルン地域です。ザンクト・ガレンの修道院付属図書館もお勧めです。

◆文化遺産
・ザンクト・ガレン修道院(1983年) 観光レポートなど詳細はこちら
・ベルン旧市街(1983年) 観光レポートなど詳細はこちら
・ミュスタイアのベネディクト会聖ヨハネ修道院(1983年)
・ベッリンツォーナ旧市街の3つの城と防壁・城壁群(2000年)
・ラヴォーのブドウ段々畑(2007年)
・レーティッシュ鉄道アルブラ線・ベルニナ線と周辺の景観(2008年)
・ラ・ショー=ド=フォンとル・ロックル、時計製造業の都市計画(2009年)
・アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群(2011年)
・ル・コルビュジエの建築作品-近代建築運動への顕著な貢献(2016年)

◆自然遺産
・ユングフラウ、アレッチ、ビーチホルン地域(2001年) 観光レポートなど詳細はこちら
・サン・ジョルジョ山(2003年)
・スイスの活発な地殻変動地域サルドナ(2008年)

以上、スイスの人気観光地についてご紹介しました。

こちらの記事も人気です。

[PR]スイスの人気現地ツアー

-スイス
-, , , , , , , , , , ,