世界遺産「ベルン旧市街」観光を詳しく解説【スイス】

ベルン

スイスの首都ベルンは「ベルン旧市街」として世界遺産に登録されています。旧市街は湾曲するアーレ川に囲まれており、見所がコンパクトにまとまっています。ベルン(Bern)のシンボルである時計塔、面白い像がたくさんある噴水、ベルンのシンボルであるクマを見られる公園などお勧め観光スポットをご紹介します。ベルン大聖堂の塔から旧市街やアルプスの眺めは最高です。
ベルン大聖堂(Berner Münster)

ベルン 観光のお勧めスポット マップ

ご紹介するお勧め観光スポットの位置関係がわかりやすいように地図上に表示します。少しがんばれば徒歩でも移動できる距離です。

Loading map...

Loading

ベルン中央駅(Bern Hauptbahnhof)

ベルンの入口となるベルン中央駅です。チューリッヒからは1時間ちょっと、ツェルマットやグリンデルワルトなどアルプス方面からも鉄道で2、3時間ほどの距離です。
ベルン中央駅(Bern Hauptbahnhof)

駅前に出たらシュピタル通り(Spitalgasse)を駅を背にして左手に進みます。
ベルン中央駅(Bern Hauptbahnhof)

牢獄塔(Käfigturm)

ベルン駅から旧市街に向かってあるくと、まず出迎えてくれるのがこの牢獄塔です。昔は時計台でしたが、17世紀に再建され19世紀末まで牢獄として使われていました。牢獄塔あたりからマルクト通り(Marktgasse)と呼ばれるメインストリートになります。牢獄塔の目の前にある泉がアンナ・ザイラーの泉です。
牢獄塔(Käfigturm)

子喰鬼の泉(Kindlifresserbrunnen)

牢獄塔からマルクト通りを進むと時計台が見えます。時計台の手前でコーンハウス通りと交差します。コーンハウス通りの左手側に子喰鬼の泉が見えます。時計台へ行く前にちょっと寄り道してみましょう。
子喰鬼の泉(Kindlifresserbrunnen)

時計塔(Zytglogge)

ベルンの写真は必ず時計塔になっているというほど、ベルンを象徴する建物です。元は西門として機能していましたが、16世紀に再建され時計塔となりました。毎時56分から仕掛け人形が動き出します。
時計塔(Zytglogge)

仕掛け人形が動き出す時間になると観光客が集まってきます。スリには十分注意しましょう。
時計塔(Zytglogge)

時計塔内部のガイドツアーもあります。14:30スタートで所要時間は45分間です。下記のサイトから予約できるようです。料金は15CHFです。

ベルン 時計塔のツアー予約

ツェーリンガーの泉(Zähringerbrunnen)

ベルンを築いたツェーリング家を記念している泉です。クマが甲冑を着ているというユニークな像です。
ツェーリンガーの泉(Zähringerbrunnen)

アインシュタインの家(Einsteinhaus Bern)

アインシュタインが大学を卒業して結婚し住んでいた家がミュージアムになっています。アインシュタインが住んでいたころの家具などを見学できます。
アインシュタインの家(Einsteinhaus Bern)

営業時間: 10:00 – 17:00 最終入場 16:45
入場料:6CHF
アインシュタインの家 公式サイト

ベルン大聖堂(Berner Münster)

アインシュタインの家を超えて、最初の十字路を右に曲がるとベルン大聖堂にたどり着きます。絶好の撮影ポイントなので天気が良かったら絶対に塔に登ることをお勧めします。塔はスイス随一の高さ100mを誇り、344段の階段を登る必要がありますが、それだけの価値があります。美しいベルン旧市街の街並みとユングフラウ、アイガー、メンヒなどアルプスの山々を両方堪能できます。

ベルン大聖堂の正面です。入口は左手にあります。
ベルン大聖堂(Berner Münster)

中に入るとショップがあり、そこで塔のチケットを購入できます。レジで5CHFを払ってチケットを購入しましょう。入口は下の写真のところになります。チケットは塔を登ったところで係員が確認しますので、なくさないようにしましょう。
ベルン大聖堂 塔入口

階段をひたすら登ります。途中、このように壁がない箇所もあります。景色は美しいですが、高所恐怖症だとちょっと怖いです。
ベルン大聖堂(Berner Münster)

階段を登りきると美しいベルン旧市街の街並みを見渡すことができます。時計塔の屋根も見えます。
ベルン大聖堂(Berner Münster)

旧市街に負けず美しいのがアルプスの山々です。山の名前を説明している掲示もあります。
ベルン大聖堂(Berner Münster)

大聖堂の横にある大聖堂公園には、現地の人が多くくつろぎに来ていました。無料のトイレもありました。清潔でお勧めです。
ベルン大聖堂(Berner Münster)

ベルン大聖堂 教会
営業時間
 月-金 10:00-17:00(夏期) / 12:00-16:00(冬期)
 土 10:00-17:00(夏期) / 10:00-17:00(冬期)
 日 11:30-17:00(夏期) / 11:30-16:00(冬期)
入場料:無料

ベルン大聖堂
営業時間(最終入場時間)
 月-金 10:00-16:30(夏期) / 12:00-15:30(冬期)
 土 10:00-16:30(夏期) / 10:00-16:30(冬期)
 日 11:30-16:30(夏期) / 11:30-15:30(冬期)
入場料:5CHF

クマ公園(Baerengraben)

大聖堂を見学したら、元のクラム通りに戻ります。通りを先に進むと、ニーデック橋を渡ります。ニーデック橋の右手にはクマ公園があります。クマはベルン州のシンボルで、ベルン(BERN)の名前の由来にもなっています。
クマ公園(Baerengraben)

クマが目の前をのそのそ歩いてきます。
クマ公園(Baerengraben)

綱渡りするクマの像も名物です。
クマ公園(Baerengraben)

バラ公園(Rosengarten)

クマに癒されたら、小高い丘からベルン旧市街を見渡せるビュースポットのあるバラ公園に向かいます。クマ公園からビュースポットまでは10分弱坂道を登ります。

ニーデック橋からの道が突き当たるところに、左手に上がる道があります。
バラ公園(Rosengarten)

坂道を登りきるとベルン旧市街を一望できるスポットです。大聖堂が見えます。
バラ公園(Rosengarten)

私が訪れたGWは花の季節には少し早く、満開のバラを見ることはできませんでした。
バラ公園(Rosengarten)

以上、ベルンの主要な見所をご紹介しました。個人的には、半日あればゆっくり観光ができると思います。美術や博物館が好きな方はベルン美術館やベルン歴史博物館などを見学しても良いでしょう。

ベルンに関するこちらの記事も人気です。

[PR]ベルンの人気ツアー
スイス鉄道などの運賃が半額になるスイス ハーフフェアカードや、日本人ガイドによるベルン市内観光が人気です。

-ベルン
-, , , , , ,