世界遺産「クラクフ歴史地区」を詳しく解説【ポーランド】

クラクフ

クラクフ(Kraków)は、日本で言えば「京都」にあたるポーランドの古都でたくさんの見所があります。また、近くにはアウシュヴィッツ強制収容所などがありポーランド観光の拠点になる都市です。クラクフの旧市街は世界遺産「クラクフ歴史地区」としても登録されおり、人気の観光地になっています。ただの世界遺産ではなく、そばにあるヴィエリチカ岩塩坑とともに世界遺産登録の第1号です(1978年の登録)。
それではクラクフ旧市街を中心にヴァヴェル城中央広場の織物会館や聖マリア教会などの見所を紹介します。ヴァヴェル城の入場チケットは1日の販売数が限られているので、また、記事の後半ではレオナルド・ダ・ヴィンチ傑作『白貂を抱く貴婦人』の鑑賞方法をご紹介します。※私が訪問した2016年ゴールデンウィークは、ヴァヴェル城で『白貂を抱く貴婦人』が展示されていましたが、2017年5月19日からクラクフ国立美術館の本館で展示されています。

フロリアンスカ門とバルバカン

クラクフ中央駅から旧市街方向に歩くと、フロリアンスカ門とバルバカン(円形の砦)が出迎えてくれます。それぞれ1300年、1498年に建設された歴史のある建物です。
1-IMG_20160502_233507
1-IMG_20160502_233238

中央広場

旧市街の中心には中央広場があります。中央広場には、聖マリア教会、織物会館、市庁舎の塔と見所となる建物が集まっています。
聖マリア教会は、1222年に建設されました。塔の上に登ることができます。
1-IMG_20160503_010616
織物会館の内部にはお土産屋さんがたくさんあり、にぎわっています。
1-IMG_20160503_145446
1-IMG_20160502_020426

ヴァヴェル城

歴代ポーランド国王の居城であったヴァヴェル城にも見所が多くあります。ヴァヴェル城観光で重要な点は入場チケットを確実にゲットすることです。入場チケットは一日の販売数に制限があり、旧王宮の展示や王族の私室など細かく分かれています。混雑している日は人気のあるチケットが午前中に売り切れるようです。
チケット売り場には、このように残り枚数が表示されています。私の目的だったダ・ヴィンチの「白貂を抱く貴婦人」も残り5枚と危うく売り切れる寸前でした。
1-IMG_20160503_211248
1-IMG_20160503_212156

ヴァヴェル大聖堂です。ポーランド国王が戴冠式を行ってきた教会です。
1-IMG_20160503_214207
王宮の中庭には一面に花が植えられておりとてもきれいです。
1-IMG_20160503_214355

旧王宮の建物に囲まれた中庭です。時間の都合で旧王宮には入場しませんでしたが、ここには無料で入れます。
1-IMG_20160503_212156

白貂を抱く貴婦人

私が訪問した2016年ゴールデンウィークは、以下でご紹介するとおりヴァヴェル城で『白貂を抱く貴婦人』が展示されていました。2017年5月19日からクラクフ国立美術館の本館で展示されています。下記の内容は、2016年ゴールデンウィークのものになります、ご注意ください。
クラクフ観光で個人的に一番楽しみにしていたのがレオナルド・ダ・ヴィンチの『白貂を抱く貴婦人』の鑑賞でした。通常は、チャルトリスキ美術館に所蔵していますが、改装中のため、旧王宮内で見ることができます。この絵は1489年から1490年ごろにかけて描れています。モデルはミラノ公ルドヴィーコ・スフォルツァの愛妾チェチーリア・ガッレラーニだといわれているそうです。ダ・ヴィンチの作品で、女性が単独で描かれている肖像画は4作品しか現存していません。他の3点は『モナ・リザ』、『ミラノの貴婦人の肖像』、『ジネーヴラ・デ・ベンチの肖像 』です。
旧王宮の中庭のこの入り口から入ります。
1-IMG_20160503_213737

オリエンタルアートの展示エリアを抜けて、一度中庭側に出ます。この後、いよいよ感動の御対面となります。
1-IMG_20160503_212231

小部屋で念願のダ・ヴィンチとじっくり対面することができました。モナリザにはかないませんが、長い間この婦人に見とれていました。残念ながら写真撮影禁止なので、これはポスターを撮影したものです。
1-IMG_20160503_212914
なお、描かれているのは白貂(てん)でなく、フェレットだそうです。

参考)クラクフ国立美術館 本館

現在、『白貂を抱く貴婦人』が展示されているクラクフ国立美術館 本館(The Main Building of the National Museum)について行き方、営業時間、入場料などをご紹介します。
クラクフ国立美術館 本館 (The Main Building of the National Museum)

<出所>クラクフ国立美術館 公式サイト

行き方
下記の地図のようにクラクフ旧市街の中心部から1km強、離れており徒歩15分程度です。トラムは20番でCracoviaで降ります。バスは 109, 124, 134, 144, 152, 164, 169, 173, 179, 194, 209, 229, 239, 249, 259, 269, 292, 304, 424, 502, 503, 504番でCracoviaで降ります。

入場料:11PLN ※クラクフカード(krakow card)で無料になります
営業時間・休館日
月曜:休館日、他祝日などの休館日は下記公式サイトを確認してください
火曜-土曜: 10:00 – 18:00
日曜: 10:00-16:00
■クラクフ国立美術館 公式サイト
クラクフ国立美術館 公式サイト
クラクフ国立美術館 公式サイト 休館日などの情報

クラクフカードについての詳細は下記の記事を参照してください。

竜の洞窟(Dragon’s Den)

城内からヴィスワ川に抜ける秘密の通路が竜の洞窟です。子供に人気の観光ポイントです。この看板が目印です。
1-IMG_20160503_215149
まずはこのような螺旋階段を下っていきます。
1-IMG_20160503_215240
階段を下りきると暗い洞窟に出ます。きれいなヴァヴェル城にこのような場所があることがすごく意外でした。
1-IMG_20160503_215459
洞窟を抜けると、竜の像があります。ガイドを見ると、「ときどき火を吹く」と書いてあります。どのくらいの間隔で吹くのかと待っていましたが、5分くらい待てば見られるようです。ちょうど火を吹いたところを撮影できました。
1-IMG_20160503_215821

ヤギェウォ大学

1364年にカジミエシュ大王により創立された由緒ある大学です。地動説を唱えたコペルニクスやローマ法王ヨハネ・パウロ2世が学んだことでも有名です。
1-IMG_20160502_005959

観光で疲れたら下記の記事で紹介するカフェ(ミルクバー)でゆっくり休憩されるのも良いと思います。

以上、クラクフの見所を紹介しました。観光客で混雑してはいますが、町全体から歴史が落ち着ける町です。4日間滞在しましたが、飽きることなく楽しく過ごすことができました。

クラクフに関するこちらの記事も人気です。

[PR]クラクフ発のお勧め現地ツアー
負の遺産「アウシュヴィッツ強制収容所」とクラクフから至近の世界遺産「ヴィエリチカ岩塩坑」が人気のようです。私は両方のツアーに参加しました。

-クラクフ
-, , , , , ,

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です