世界遺産「カルヴァリア・ゼブジトフスカ」への行き方【クラクフ】

クラクフ

ポーランドの古都クラクフから訪問できる世界遺産は「アウシュヴィッツ強制収容所」、「ヴィエリチカ岩塩坑」、そして「クラクフ歴史地区」が有名です。もうひとつクラクフの近くには「カルヴァリア・ゼブジトフスカ(Kalwaria Zebrzydowska)」という世界遺産があります。正式名称は「カルヴァリア・ゼブジドフスカ : マニエリスム建築と公園が織りなす景観及び巡礼公園」です。名前の通り、教会および巡礼地です。

他の世界遺産と違って観光ツアーも出ておらず、行き方を詳しく説明したサイトもありません。名前を覚えるのさえ大変な「カルヴァリア・ゼブジトフスカ」へ、事前にポーランド語のサイト含め調べまくった結果、無事に行ってくることができたので紹介します。

なお、現地ツアーもでないといいましたが、1つだけカルヴァリア・ゼブジトフスカを含むツアーが催行されています。クラクフ市内の歴史地区とカルヴァリア・ゼブジトフスカの両方を観光できるツアーです。手軽に観光するには便利なツアーだと思います。

カルヴァリア・ゼブジトフスカへの行き方

まずカルヴァリア・ゼブジトフスカの正確な場所がわからず苦労しました。下記マップの位置になります。

Google Mapでここへの行き方を調べると翌日の朝出発というような検索結果がでます。これは電車が一日数本しかないためです。バスであれば一時間に数本でていますし、所要時間も1時間弱なのでお勧めです。

バスは、アウシュヴィッツ強制収容所と同じクラクフ中央駅のバスターミナルから出ます。ターミナルはクラクフ中央駅の東側(ガレリアと逆側)になります。バスチケットは下の写真のチケット売り場で購入できます。
1-IMG_20160501_194341
Kalwaria Zebrzydowskaと書いた紙を渡せば、切符を確実に買えると思います。バスに乗るときに運転手から購入することもできます。料金は片道6PLN(180円)と格安です。
時刻表がさがせず苦労しましたが、下記サイトを見つけました。バス会社が3社ほどありますが、 INTERPALMが一番多いようです。
クラクフ<=>カルヴァリア・ゼブジドフスカのバス時刻表⇒ここをクリック

バスはこのような感じのミニバスで、D15番乗り場やそのそばの乗り場から出ているようです。チケット購入時に乗り場を確認するのが確実でしょう。
1-IMG_20160501_194431
無事バスに乗れれば50分程度で、カルヴァリア・ゼブジトフスカ(Kalwaria Zebrzydowska)に到着します。
バスは大修道院から少し離れた場所に到着しますので、この地図にしたがって20分ほど大修道院まで歩いてください。

ここがバス停です。マイナーな世界遺産のせいか、バスから降りたのは私だけでした。
1-IMG_20160501_204129

この教会を目印に左手に折れて進みます。
1-IMG_20160501_204920

途中、坂がきついですが、かわいいおうちが並んでいるのであきません。
1-IMG_20160501_205948
大修道院に到着です。
1-IMG_20160501_210640

修道院の中は美しい装飾がなされています。
1-IMG_20160501_211017

中庭を抜けると写真で見かけるこの風景になります。
1-IMG_20160501_211752

標識にしたがって巡礼ルートを歩きます。
1-IMG_20160501_212635

巡礼ルートでは教会がいくつも回ります。
1-IMG_20160501_213304
1-IMG_20160501_214031

以上、クラクフ近郊にある世界遺産「カルヴァリア・ゼブジトフスカ(Kalwaria Zebrzydowska)」へのアクセス、観光のしかたについて紹介しました。他のクラクフ周辺の世界遺産と比べると地味さはいなめませんが、ポーランド人の敬虔な信仰に触れられる貴重な場所だと感じました。ぜひ足を延ばしてみてください。

クラクフに関するこちらの記事も人気です。

[PR]クラクフ発のお勧め現地ツアー
負の遺産「アウシュヴィッツ強制収容所」とクラクフから至近の世界遺産「ヴィエリチカ岩塩坑」が人気のようです。私は両方のツアーに参加しました。

-クラクフ
-, , , ,

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です