【TDL/ TDS】スマホのファストパスを徹底予想(追記:7/17)

ディズニー

東京ディズニーランド東京ディズニーシーファストパスが、今年の夏からスマホで取れるようになる、という発表がありました。上海ディズニーランドでは、すでにスマホでファストパスが取れます。上海ディズニーのファストパスに基づいて、TDL/TDSのスマホのファストパスがどのようなものになるか予想したいと思います。
上海ディズニーランド 公式アプリ ファストパス
スマホのファストパスは、東京ディズニーシーの「ソアリンファンタスティック・フライト」のオープンに間に合うように導入するとのことです。上海ディズニーでもソアリンが一番人気で、入園したらすぐ公式アプリを使ってソアリンのファストパスを取るというのが、鉄板の行動パタンです。上の画像は実際に上海ディズニーに行ったときにスマホでとったファストパスです。

追記(2019/07/17):スケジュールが前倒しされ、7/17にスマホでファストパスが取得できるようになりました。結局のところ、ほぼ海外ディズニーと同じシステムでした。上海ディズニーなどと異なるのは、ファストパス取得のボタンをタッチした時点でチケットのQRコードを読み込ませる点、5分前にならないとスマホのファストパスのQRコードが表示されな点、キャンセルができる点、でしょうか。ディズニーリゾート公式アプリを普段利用していれば、誰でも使える簡単システムです。スマホ・ファストパスの攻略法は、海外のスマホ・ファストパスと基本的に同じで、「とにかく早く入場して入場と同時にスマホでファストパスを取得する」ことです(入場しないとスマホ・ファストパスは取得できないので)。入園と同時にスマホでファストパスを取ったら、スタンバイで乗車するアトラクションに移動すればOKです。シーに関しては、当面、ソアリンとトイマニの2トップになりそうです。

長い期間、スマホ・ファストパス予想の記事をたくさんの方にご覧いただきましたが、無事、利用が開始されてよかったです。ソアリンがオープンしたら、スマホを活用したファストパスの実践的な攻略法をご報告したいと思います。

追記(2019/07/16):予想通り、スマホファストパスがソアリンのオープンに合わせて7/23(火)から提供開始になりました。以下でお伝えしたファストパスのシステム変更から考えても、上海ディズニーランドなど他の海外ディズニーランドと似たシステムになりそうです。シーでは、新規オープンするソアリンのスマホ・ファストパスの争奪戦になりそうです。本記事の最後には、上海ディズニーランドでのソアリンのスマホ・ファストパスの入手方法の解説記事もご紹介しているので、事前の予習にご活用ください。
利用開始に向けて、7payのようなシステムのトラブルによる混乱がないことを祈るのみです。

追記(2019/07/10):スマホファストパス導入の前段階として、紙のファストパスの取得方法が変わりました。ファストパス発券機にチケットを入れると「ファストパス・リマインダー」という紙が出てくるようになりました。重要なポイントはチケット自体がファストパスになったということです。チケット(年パス)を発券機に読み取らせた時点で、「このチケットは○アトラクションに何時から何時まで優先搭乗可能」という情報をシステムに記録します。ファストパス・リマインダーは、「システムに記録したよ」という単なるレシートのようなものです。ですので、ファストパスを他人にあげるということができなくなりました(今までも規約上は・・・だったと思いますが)。「ファストパス・リマインダー」はレシートなので、あげても物(権利)は譲渡できていないということです。

チケット自体がファストパスになっているのは、上海のスマホファストパスと同じ仕組みです。上のソアリンのスマホファストパスにはQRコードが表示されます。実はこれ、ファストパスのQRコードでなく、チケットと同じQRコードです。このQRコードをファストパスラインでの入場時に読み取らせると、「このチケットは○アトラクションにXX:XX~XX:XXまで優先搭乗可能」という記録がシステムにあるかをチェックします。

長々と書いてしまいましたが、要は「ファストパスの仕組みの変更=スマホファストパスが導入間近」ということです。

スマホ・ファストパスを実際に使った感想

上海ディズニーでスマホ・ファストパスを実際につかった経験から感想をまとめます。上海ディズニーは、TDL/TDSと比べて圧倒的に空いていて、ファストパスの利便性も低いですが、それでもスマホでのファストパス発券はマストでした。

①移動距離が減ってかなり楽

混雑しているTDL/TDSで効率的にアトラクションに乗りためにはファストパスの活用が欠かせません。しかし、ファストパスを取るためにパークの端から端まで歩くことが結構あります。一方、上海ディズニーではスマホでファストパスが取れたので、歩く距離が減りました。アトラクションの列に並んでいたり、ショー待ちをしながらでもファストパスが取れるのは本当に楽でした。

②ファストパス発券が人気アトラクションに集中する

今の東京ディズニーシーでは、トイ・ストーリー・マニアのファストパスが一番人気です。開園直後は、トイ・ストーリー・マニアのファストパス発券機に長蛇の列ができます。ファストパスを取るだけで30分以上並んだりするので、これを避けて、他のアトラクションのファストパスを取る人も多いと思います。スマホのファストパス発券であれば、列に並ぶ必要がないので、今より人気アトラクションのファストパスに人気が集中しそうです。TDSでは現在、トイ・ストーリー・マニアのファストパスが一番人気ですが、「ソアリン」がオープンしたら確実に一番人気になるはずです。上海ディズニーランドは、オープンしてかなり時間が経過していますが、今もソアリンに人気が集中しています。ソアリンは、TDLよりも広い上海ディズニーディズニーの端の方にありますが、ゲートから入園してすぐファストパスを取れるので、多くの人がゲートのそばでファストパスをとっていました。そのため、開園直後にファストパスを取得しても、夕方の時間帯ということが多いようです。
上海ディズニーランド ソアリン・オーバー・ザ・ホライズン 東京ディズニーシー ソアリン

③ファストパスを使える時間帯がわかりやすい

紙のファストパスはとったあと、パスケースなどにしまい込むので使える時間を忘れがちです。一方、スマホのファストパスは、使える時間になると公式アプリの画面上に、使えるファストパスが表示されます。ファストパスを使い忘れることも減りますし、アトラクションの列ですぐ出せるので便利でした。下記は、上海ディズニーのプーさんの大冒険のファストパスですが、5:00PM近くになると、スマホにこの画面が表示されます。
上海ディズニーランド 公式アプリ ファストパス

④公式アプリ以外は使わなくなる

TDS/TDLでは、公式アプリ以外の待ち時間などわかるアプリがたくさん使われています。公式アプリよりも使い勝手がよいものがあるので人気もあります。しかし、ファストパス発券は公式アプリでしかできないので、多少不便でも公式アプリを使う人が圧倒的に増えそうです。TDL/TDSの非公式アプリを作っている方々は、スマホでファストパス発券のニュースを聞いてショックを受けているのではないかと思います。

スマホ・ファストパスのとり方・使い方

スマホ・ファストパスが先行導入されている上海ディズニーでのファストパスのとり方、使い方をご紹介します。ディズニーランドは各パークでシステムが異なりますが、アプリの機能は統一する方向で進んでいるようですので、TDL/TDSのスマホ・ファストパスは上海のものに近くなると予想します。

スマホ・ファストパスを使うための事前準備

スマホ・ファストパスは、ディズニーパークの公式アプリで発券しますが、アプリ利用にあたって事前準備が必要です。上海ディズニーの場合は、以下の手順が必要です。

①公式アプリをインストールする
②上海ディズニーランドのユーザ登録をする
③公式アプリでログインし、チケット(QRコード)を登録する

TDL/TDSの公式アプリでは、すでにレストランやショーの予約可能で、その場合の手順とほぼ同じですので、ファストパスに対応した場合も似たような手順になると予想されます。

スマホ・ファストパスの発券方法

公式アプリでファストパスを取る方法をご説明します。下記の画面のようにGet Fastpass(ファストパスを取得)のボタンがあります。
上海ディズニーランド 公式アプリ ファストパス

上の画面だけでなく、ソアリンなどファストパスに対応しているアトラクションの詳細画面にもGet Fastpass(ファストパスを取得)のボタンがあります。どちらからでも発券可能なので、ボタンをタップします。
上海ディズニーランド 公式アプリ ファストパス

次に、誰のファストパスを取得するのか選択します。上海ディズニーのアプリは、同行者のチケットを相互に登録しておけます。したがって、AさんとBさんのアプリそれぞれに二人分のチケットを登録しておくと、二人分を一度にとったり、AさんかBさんのどちらかの分だけファストパスを取ることができます。
上海ディズニーランド 公式アプリ ファストパス

人を選んだら、ファストパスを発券するアトラクションを選択します。ファストパス取得時間帯に加えて、現在のスタンバイ待ち時間も表示されていて便利です。上海ディズニーは空いているので、スタンバイのほうが早いことが結構あります。
上海ディズニーランド 公式アプリ ファストパス

アトラクションを選んで確定すると、ファストパスの発券は完了です。ファストパスの利用時間と次にファストパスが取れる時刻が表示されています。
上海ディズニーランド 公式アプリ ファストパス

ファストパスの使い方

ファストパスを使い方を説明します。取得したファストパスはメニューのMy Plansから確認できます。下の画面はファストパスがない状態なので表示されていませんが、使えるファストパスが一覧できて、いつ使えるかもわかりやすいので便利です。

画面で確認しなくてもファストパスの利用時間になったら自動的にファストパスの大変便利でした。

紙のファストパスを使うときと異なる点は、スマホ画面のファストパスを機械に読み取らせることです。下の写真ではキャストさんがスマホを読み取らせてくれていますが、自分でスマホの画面にチケットを表示し、読み取り機に差し込みます。ただ、スマホ画面に表示されるファストパスのQRコードは、紙チケットなどに印刷されているQRコードと同じようなので紙チケットを読み取らせても大丈夫なようです。

上海ディズニーランド 公式アプリ ファストパス
上海では、ファストパスの偽造が問題となったので、チケット登録時に自分の顔写真を撮影して一緒に登録しておきます。上の機械でファストパスを読み取らせると、キャストさんが手元にもっている端末にその顔写真が表示されます。これで本人がちゃんとファストパスを使っているのか確認していました。日本では、そこまで偽造が問題になっていないので、顔写真の登録は行わないのではないかと思われます。

以上、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーで、この夏から可能になるスマホでのファストパス発券について、先行導入されている上海ディズニーの事例を参考に予想してみました。上記の予想が大幅に外れる可能性もあるので、スマホでファストパスが発券できるようになったら実際に行って確認しようと思います。

下記記事では2019年7月23日に東京ディズニーシーにオープンする話題のアトラクション「ソアリン」に関して徹底的に解説しています。

-ディズニー
-, , , , , , , ,

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です