【2019最新】モンサンミッシェル 鉄道(TGV)+バス での行き方を詳しく紹介

パリ

パリからモンサンミッシェル電車(TGV)をバスを乗り継いで行く方法を詳しくご紹介します。2019年9月に実際に訪問した最新の情報です。

パリからモンサンミッシェル(Mont Saint-Michel)へは、フランス版の新幹線TGVとバスを乗り継いで行くことができます。モンサンミッシェルには、TGVの最寄り駅がないので、バスを乗り継ぐ必要があり、これが大変で個人で行く難易度を上げています。

本記事では、パリ モンパルナス駅でのTGV乗車から、レンヌ駅でのバスへの乗り換えモンサンミッシェルへの無料シャトルバスの乗車まで、できるだけわかりやすく具体的にご紹介します

なお、モンサンミッシェル観光は人気があり、TGVのチケットは事前予約が確実です。また、早期の予約で運賃が割引になります。また、手頃な値段でパリから現地ツアーが催行されており、ツアーで行く方も多くいます。モンサンミッシェルへのベストな行き方の選び方、TGVのチケット予約方法などを下記記事で詳しく解説しています。まずは、こちらの記事を参考にしてモンサンミッシェルへ行く計画を立ててください。

本記事の後半では、モンサンミッシェルへ最安で行ける格安長距離バスFLixBUSをモンサンミッシェルからパリまで乗車した様子をレポートしています。

モン・サン・ミッシェルへのTGV+バス移動 概要

計画の記事でも説明していますが、最初にルートの概要を説明します。

上の地図で、①パリ市内④モンサンミッシェルは、約280km離れています。TGVが停まるモンサンミッシェルの最寄りは②レンヌ駅(Gare de Rennes)です。

②レンヌ駅からモンサンミッシェルまでは、バスで移動します。バスは、レンヌ駅のTGVの到着時間に合わせて運行しています。

モン・サン・ミッシェル島内へ車は入場できないので、バスは③モンサンミッシェル手前のシャトルバス乗り場に到着します。最後、無料シャトルバスに乗って④モンサンミッシェルに到着します。

まとめると下記のルートになります。

TGV:①パリ・モンパルナス駅 ⇒ ②レンヌ駅 (1時間半~2時間)

バス:②レンヌ駅 バス停 ⇒ ③モンサンミッシェル行きシャトル・バス乗り場 (1時間10分)

シャトルバス:③シャトル・バス乗り場 ⇒ ④モンサンミッシェル(10分)

パリ・モンパルナス駅からのTGV、バスの時刻表を下記に掲載します。時刻表は時期によって変わります。下記は2019年9月2日~2019年12月14日のダイヤです。

パリ⇒レンヌ⇒モンサンミッシェル 時刻表
番号101103105107
①モンパルナス駅 発07:4009:5210:5214:52
②レンヌ駅 着09:2511:2512:2516:25
②レンヌ駅 バス停発09:4511:4512:4516:45
③モンサンミッシェルシャトルバス乗り場着10:5512:5513:5517:55
モンサンミッシェル⇒レンヌ⇒パリ 時刻表
番号102104106108
③モンサンミッシェルシャトルバス乗り場発10:0511:2014:0518:05
②レンヌ駅 バス停着11:1512:3015:1519:15
②レンヌ駅 発11:3512:5215:3519:37
①モンパルナス駅 着13:0914:4717:0921:09

なお、時刻表は時期によってかわりますので、最新情報を下記で確認してください。

モンサンミッシェル TGV・バス時刻表

(1)モンパルナス駅でのTGV乗車

パリには主要駅が複数ありますが、レンヌ(Rennes)行きのTGVは南にあるモンパルナス駅(Gare Montparnasse)が始発です。

モンサンミッシェルへTGVで行く最大のメリットは観光客で混む前にモンサンミッシェルに到着できることです。モンパルナス駅 7:40発のTGVに乗車すれば、レンヌ発モンサンミッシェル行きのバスの始発 9:45 に接続できます(2019年現在)。この便の利用をおすすめします。

パリ paris ホテル hotel お勧め

パリ中心部からモンパルナス駅への所要時間は、地下鉄で20~30分くらいです。時期によりますがパリの朝7時台はまだ暗いので、地下鉄乗車は十分注意してください(上の写真は日中のモンパルナス駅です)。

モンパルナス駅は、ベルサイユ宮殿へ行く場合も始発になり、パリ郊外への移動に便利な駅です。駅周辺は、パリ中心部よりホテル宿泊費がかなり安いので、私はよくモンパルナス駅周辺のホテルに滞在します。パリの地下鉄の乗り方、パリのホテルについては下記記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

モンパルナス駅の構内です。駅に到着したら、レンヌ行きTGVが出発するプラットフォームを確認します。構内のいたるところに、掲示があります。掲示には、青の背景と緑の背景があります。出発便は、青の背景のディスプレイです。間違って緑の方を確認しないようにしてください。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

私は出発30分前の7時すぎに到着したため、レンヌ行きのプラットフォーム番号がまだ表示されていませんでした。番号は出発の20分~10分前に表示されることが多いです。

TGVでは頻繁に遅延が発生します。遅延する場合は、この掲示板に遅延予定時間が表示されます。モンパルナス駅は始発なので、通常より遅延が少ないはずですが、それでも遅延した場合は、そういうものだと思って諦めるしかありません。
※2019年9月時点は7:35発でしたが、現在は7:40発です。Rennes着 9:25は変更なしです

駅構内には、フランス国鉄SNCFの自動券売機や有人の窓口があります。レンヌ行きTGVのチケットをここで購入することもできます。

しかし、週末などは特にTGVが満席になることがあります。早期予約したほうが料金も安くなりますし、早めにオンラインでチケットを予約しておくことをおすすめします。当日は土曜でしたが、私が乗車したTGVも満席でした。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

モンパル駅構内には、コンビニRELAYやパン屋PAULなどがあり、早朝から営業しています。TGVには食堂車があり、コーヒーや軽食を買えますが、駅で購入しておいたほうが割安です。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

PAULはパンとコーヒーを買う人で、いつも行列ができています。構内に数店舗あるので行列が長い場合は、他の店舗の混雑ぐあいを見てください。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

朝食のパンやコーヒーを買っていたら、出発20分前になり、出発ホームが「8番」と表示されました。なお、フランス国鉄SNCFの公式アプリ「OUI.sncf」でも出発ホームを確認できます(チケットをSNCFで購入していると、メニューのMy Tripsに表示されます)。

8番ホームに向かいます。モンパルナス駅のTGV出発ホームは、わかりやすく順番に並んでいるので、簡単に探せると思います。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

ホームを進んでいくと、自動改札があります。私が乗車したときは稼働しておらず、そのまま通れました。稼働してる場合は、チケットのQRコードを読み取らせてください。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

ホームにも列車の番号や行き先が掲示されています。念の為、確認しておくと安心です。ホームには、アルファベットで位置が掲示されています。何号車がアルファベットのどのあたりにあるかも確認できます。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

チケットに記載された号車、座席を確認して、その車両まで進みます。アプリの場合、チケットに号車番号(Coach)と座席番号(Seat)が以下のように表示されます。

車両の入口扉に車両番号が表示されていますので、確認して乗車します。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

座席番号の表示は、車両の種類によって異なります。私が乗車した車両は座席の肩の部分に表示されていました。フランスでは、座席番号を気にせずに他人の席に座っている人をよく見かけます(特に空いているとき)。誰かが自分の席に座っていたとき、「エクスキュゼ・モワ」(すみません)といって、チケットを見せて代わってもらいましょう。他の空いている席に座ってもよいですが、その席の人が後からくると面倒です。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

TGVの車内(2等)は、下の写真のような感じです。日本の新幹線よりはちょっとしょぼい特急レベルでしょうか。頭上には、荷物置きのスペースがあります。小型のスーツケースなら置くことが可能です。大きい荷物は、扉付近にある荷物置きのスペースに置きます。ただし、盗難のリスクもあるので極力目の届くところにおくのがベターです。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

2等でもシート間隔は十分あります。TGVには、電源が付いている車両が多いです。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

列車は定刻の7:35に出発しましたが、駅構内を出る前に突然停止し10分くらい止まっていました。電気系統が故障したとのことでした。フランスの鉄道は車両も路線も古いので珍しいことではありません。いきなり10分の遅延となりました。遅れてもレンヌのモンサンミッシェル行きのバスはまってくれるので問題ないのですが、気持ちの余裕はなくなります。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

TGVはノルマンディーの田園風景の中を走ります。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

TGV車内にはトイレや食堂車があります。トイレは清潔でした。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

トイレや食堂車がある方向は、車両の端に表示されています。車両の扉は、ボタンを押さないと開かない場合があります。ドアにボタンがついているので押してください。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

7:40発のTGVは途中ノンストップでレンヌまで行きます。ちょうど中間あたりで24時間耐久レースで有名なル・マン(Le Mans)を通過します。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

レンス駅には、10分弱おくれの9:33に到着しました。遅延しても、バスは待ってくれますので、慌てずに移動しましょう。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

(2)レンヌ駅でのバス乗車

レンス駅でモンサンミッシェル行きのバスに乗り換えます。レンヌ駅は、少し前まで改装工事をしていましたが、ほぼ完了していました。

モンサンミッシェル行きのバス乗り場は、地図の④の位置です(2019年9月現在)。以下で、乗り換えルートを紹介しますが、地図の①から④に向かって順に進みます。

ルートが途中、わからなくなったらGoogle Mapを使って④の位置に目指して進んでください。TGVを降りてから5分かからずにバス乗り場に着きます。

バスのチケットは上の地図③駅出口付近のチケット売り場で購入できます。ただし、スムースに乗り換えるには、バスのチケットを事前購入しておくほうが良いです。バスのチケットもスマホで簡単に買えます。TGV車内で購入しても十分間に合います。スマホでチケットを購入する方法は、計画の立て方の記事で詳しく解説しています。

それでは、レンヌ駅での乗り換えについて説明します。私が乗車したTGVは4番ホームに到着しました。10号車だったので、ホームの中間あたりに降りました。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

ホームの階段は2階に上がるものと、地下に下るものがあります。下の写真だとわかりにくいですが、上り階段の裏に下り階段があります。下り階段のほうが、モンサンミッシェル行きのバス乗り場までスムースに行けます。なお、降りたのがホームの進行方向前方の場合は、上りエスカレーターがあります。その場合のルートは後ほど説明します。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

階段を降りたら、上のマップの②Ty Vornがある方向(列車進行方向に対して右側)へ進んでください。下の写真の右側が目印になるサンドウイッチショップのTy Vornです。ここをマップの③駅出口の方向に向かって右手へ進みます。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

最後、エスカレーターを上がると③駅出口に着きます。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

駅出口の手前に、チケット売り場があります。行列ができているので、事前購入しておいたほうがよさそうです。

なお、進行方向前方で降りた場合、上りエスカレーターがあります。この場合は、エスカレーターを上がって駅構内(2階)に行き、③駅出口の方向へ進むと、下の写真の下りエスカレーターがあります。このエスカレーターを降りて、③駅出口の方向に進んでください。降りた先に、さらに下りエスカレーターがありますが、降りずにそのまま渡り廊下を進んでください(降りると②Ty Vornに出ます)。

駅を出ると、目の前がバス乗り場です。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

ディスプレイに行き先と乗り場の番号(Quai)が表示されています。モンサンミッシェル行き(LE MONT ST MICHEL)は、2番と3番と書かれています。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

2番の列に並びました。2番のバスは満席で乗れませんでしたが、すぐに来た3番のバスに乗車しました。バス入口にいる係員にスマホ画面でチケットを提示しました。土曜で乗客が多かったので2台運行したようです。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

バスは自由席です。たくさんの人が並んでいましたが、全員乗車できたようです。乗車が完了ししだい、出発しました。TGVは7~8分の遅れでしたが、バスは定刻5分遅れくらいで出発しました。遅れた分、きっちり待つのではなく、乗車が完了したら出発という感じのようです。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

バスは田舎道を走ります。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

1時間10分ほど走ったところで、かすかにモンサンミッシェルの修道院の塔が見えてきました。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

(3)モンサンミッシェル行きシャトルバスの乗り方

バスはほぼ時間通り11時にモンサンミッシェル手前のセンターに到着しました。到着したバス停の100mくらい後方に、モンサンミッシェル行きの無料シャトルバスの乗り場があります。写真だとわかりにくいですが、バスを降りたところからシャトル乗り場が見えます。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

シャトル乗り場まで歩きます。途中、ビジターセンターの前を通ります。中にトイレがあります。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

シャトルバス乗り場です。複数台のシャトルバスで観光客をピストン輸送しています。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

11時台と午前中にも関わらず、シャトル乗り場には行列ができていました。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

有料ですが、馬車で行くこともできます。暑い日にはあまりおすすめしません。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

かなり長い行列ができていました。写真では隠れていますが、前方に小さくモンサンミッシェルが見えます。徒歩だと30分以上かかりますが、歩いている人もたくさん見かけました。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

15分並んで、シャトルバスに乗車しました。無料ですので、そのまま乗り込みます。3台くらい待ったので、混雑時は5分間隔以下で運行しているようです。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

シャトルバスは空調も聞いていて快適です。行きは2箇所、帰りは1箇所、途中のバス停で停まります。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

2箇所目に停車するのが、陸側中心部のショップやレストランがあるところです。帰りは、ここで降りてお土産を買うのがおすすめです。シャトルバスに乗らずに、ここまで歩いても5分ちょっとです。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

シャトルバスの終点は、下の写真のあたりです。モンサンミッシェルの入口まで100mくらいです。帰りのシャトルバスはこの反対側あたりから出発します。干潮だったので、海に浮かぶ、でなく、干潟に浮かぶモンサンミッシェルでした。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

私が訪問した2019年9月には、モンサンミッシェルの入口まで行く途中の干潟に赤い鳥居がありました。厳島神社のある廿日市市とモンサンミッシェル市の観光友好都市10周年を記念して期間限定で建てられたものです。珍しがって写真を撮っている観光客がいました。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

大迫力のモンサンミッシェルを間近に見ることができます。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

モンサンミッシェルの入口 Porte de l’Avancee です。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

門をくぐり、モンサンミッシェルの島の中に到着しました。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

門を入ってすぐのところにトイレがあります。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

以上、パリ・モンパルナス駅からモンサンミッシェルへの移動ルートをご紹介しました。

格安バスFLiXBUSでの移動レポート

いろいろな移動手段をご紹介するために、帰りはモンサンミッシェルに最安で行く方法である格安長距離バスのFLiXBUSを利用しました。

通常は、モンサンミッシェル発パリ行きは1日1便 17:20発があり、日曜は15:15発もあります(2019年9月現在)。

FLiXBUSは基本的に事前予約が必要です。予約方法は、計画の記事で詳しく説明しています。

FLiXBUSを利用すると、パリ中心部から少し離れたLa Défense駅に到着するのが22:10になります。安全を考えると、TGV+バスは21:09着なので、こちらかツアーのほうが安心です。ただし、運賃は半額程度ですし、レンヌ駅での乗り換えも不要というメリットがあります。

逆方向のパリ発モン・サン・ミッシェル行きの便は、La Défenseを7:55に出発し、モンサンミッシェルへ12:40に到着します。13時ころだと日帰りツアーの団体さんが到着し、島内が非常に混雑するので、早く着けるTGV+バスの利用をおすすめします(日帰りの場合は特に)。

それでは、モンサンミッシェル発パリ行きのFLiXBUSについてレポートします。

チケットには、パリ発のバスの乗り場は、モンサンミッシェル駐車場の7番(P7)、と書いてあります。
駐車場のマップがモンサンミッシェル行きのシャトルバス乗り場のそばにありました。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

P7は、シャトルバスに乗るときに並んだ道を、島と逆側に歩いた場所にあります。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

シャトルバス乗り場から5分弱歩くとP7と書かれた看板がありました。P7は観光バス向けの駐車上で広いスペースにはたくさん観光バスが停まっていました。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

出発時間20分前の17時に行ったところ、駐車場の一番手前に下の斜視の緑とオレンジのFLiXBUSが停まっていました。バス停があるわけではなく、このバスを探して乗車します。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

スマホでドライバーさんにチケットを見せて乗車しました。念の為、事前に有料の座席指定をしていました。座席番号 10c でしたが、下の写真のようにa,b,c,dという表記はありませんでした。結局の所、前から10列目の左からa,b,c,dの位置の席を自分で探すということでした。その席には、すでに団体さんが座っていました。予約していることを説明しても、どいてくれなかったので、ドライバさんに頼んで説明してもらいました。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

シートは観光バス・レベルで5時間程度の乗車であれば問題ありませんでした(バスに5時間乗っていること自体は楽ではありませんが)。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

ドライバさんの裁量で飲み物が販売されているようです。ミネラルウォーターの500mlペットが1€、コーラの350ml缶が1.5€、レッドブルが2€でした。良心的な価格ですので、買っている人も多かったです。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

トイレも付いています。乗車時間が長いですし、ツアーバスのようにドライブインにちゃんと寄るわけでもないので重要です。ただし、ドライバさんに頼んで鍵を開けてもらわないといけないようでした。このときも、途中まではドアが閉まっていたようです。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

バスは時間通り出発しました。途中3、4箇所のバス停に寄りました。渋滞もなかったので、予定より早く途中のバス停に到着しました。早く到着しても、そのバス停の出発時間まで待つので、パリへの到着時間は早くなりません。停留所の1箇所では、15分ほど下車ができる停車がありました。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

パリに近づくころには外も車内も真っ暗になります。パリまで残り1時間くらいのところで、トイレ休憩が10分ほどありました。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

渋滞もなく、ほぼ予定通りの22:05にLa Défense駅のバスターミナルに到着しました。乗車時間は長かったですが、乗り換えがないのはやはり楽でした。モンサンミッシェル アクセス TGV バス

モンサンミッシェル行きのバスにLa Défense駅から乗車する場合、バス停の場所はGoogle Mapでは以下の位置になります(FliXBUS公式サイトのマップはOpenStreetMapを使っていてわかりにくい)。

La Défense駅の構内には、バスターミナルTerminal Jules Verneへの案内がでています。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

バスターミナルには、モンサンミッシェル行きバスの乗り場番号が掲示されるので、その番号の乗り場で待っていてください。
モンサンミッシェル アクセス TGV バス

以上、格安長距離バスFLiXBUSでモンサンミッシェルからパリに移動した様子をご紹介しました。

実際に利用した感想をまとめます。

・運行も定刻通りで、バスもすぐ発見できたので、今回は順調に移動できた

・5時間のバス乗車は長いが、乗り換えがないのは安心できた

・ホテルに戻るのが11時近くになり、安全の面では少し不安がある

・乗客は基本的に観光客だけなので危険は少なそう。ただし、座席指定の件などもあったので、TGVのほうがより安心かもしれない

以上、パリからモン・サン・ミッシェルへTGVとバスを乗り継いで行く方法を詳しくご紹介しました。

下記メニューから、モンサンミッシェル観光に役立つ情報へ簡単にアクセスできます。

モンサンミッシェル・メニュー

こちらの記事も人気です。

[PR]パリの人気現地ツアー

-パリ
-, , , , ,

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です