アムステルダム トラム・バス・地下鉄の乗り方、チケットの買い方 徹底ガイド

アムステルダム

アムステルダムトラムバス地下鉄など公共交通機関乗り方チケット買い方などを詳しく解説します。

アムステルダムの観光スポットは中心部に集まっています。それでも、例えばアムステルダム中央駅からゴッホ美術館までは徒歩だと30分以上かかります。したがって、アムステルダム観光にはトラム・バス・地下鉄の活用が欠かせません。トラム・バス・地下鉄は共通のチケットで乗車できますが、微妙に乗り方が違ったりするので、この記事ではトラム・バス・地下鉄、それぞれについてチケットの買い方、乗り方をご紹介します。

アムステルダムのトラム・バス・地下鉄 チケットの種類とお得なチケット

アムステルダム市内のトラム・バス・地下鉄はGVB(アムステルダム市営交通会社)が運営しています。チケットはトラム・バス・地下鉄で共通です。

チケットには、

1時間チケット(€3.2)
1日~7日間のデイチケット(乗り放題チケット)(€8~)

があります。加えて、アムステルダム・トラベルチケット(€17~)があります。トラベルチケットは、アムステルダムの公共交通機関 乗り放題に加えて、スキポール空港との鉄道往復乗車がセットになったチケットです。

選ぶポイント①:ゴッホ美術館、ダム広場などアムステルダムの主要観光スポット間の移動は徒歩だとちょっと遠いので、トラム・バス・地下鉄を多く利用します。したがって一日、観光する日は、乗り放題チケットがお勧めです。

選ぶポイント②:乗り放題チケットを、GVBの乗り放題チケットと、アムステルダム・トラベルチケットのどちらにすべきかの判断ですが、スキポール空港と往復するか?、で決まります。

・アムステルダム・トラベルチケット2日券 €22.5
・GVBの2日(48時間)チケット €13.5+スキポール空港 鉄道往復 €11 = €24.5

上記の通り、空港と往復する場合は、トラベル・チケットがお得です。ただし、トラベルチケットの2日券は、2日目深夜までしか使えないのに対し、GVBの2日チケットは48時間使えます。そのため、スキポール空港に午後到着し、空港へ午前中に戻る場合は、GVBのチケットだと実質3日間使えてお得です。

なお、チューリップで有名なキューケンホフ公園や風車村があるザーンセ・スカンスへ行く場合は、アムステルダム市内の乗り放題に加え、アムステルダム郊外も乗り放題になるアムステルダム&リージョン・トラベルチケットがお得になります。

アムステルダム・トラベルチケットとアムステルダム&リージョン・トラベルチケットの買い方、使い方は下記記事で詳しく解説しています。

チケットの料金

■時間チケット

・1時間チケット(GVB 1 hour) €3.2
※1時間チケットも時間内であれば、トラム-バス間などの乗り換えが可能

■デイチケット(乗り放題)

・1日(24時間)チケット €8
・2日(48時間)チケット €13.5
・3日(72時間)チケット €13.5
・4日(96時間)チケット €24.5
・5日(120時間)チケット €29.5
・6日(144時間)チケット €33.5
・7日(168時間)チケット €36.5

トラム・バス・メトロのマップ

アムステルダムでは、トラム・バスが網の目のように運行しています。下記がGVB公式サイトのマップへのリンクです。

アムステルダム トラム・バス・メトロのマップ(GVB公式サイト)

アムステルダム・トラベルチケットを購入すると便利な紙のマップをもらえます。

移動ルートを調べる場合は、日本と同様にGoogle Mapを使うのが一番簡単です。

Google Mapは「アムステルダム中央駅」や「アムステルダム国立美術館」など日本語でルート検索できるので便利です。検索結果に表示されるMはメトロです。トラムのアイコンはトラムになります。

アムステルダムのルート検索には、9292というアプリが便利という話もありますが、下記のように広告が表示されて鬱陶しいので私は使いませんでした(現地では現地の広告が表示されます)。

下記は、Google Mapで検索したアムステルダム国立美術館へ最寄り駅から行くのルートです。

こちらは、9292の検索結果です。9292のほうが正確に情報がでるかと思ったのですが、同じでした。

チケットの買い方

チケットは、トラムの場合、車内の券売所、バスの場合、運転手から購入できます。メトロは、駅の自動券売機で購入できます。車内や運転手から購入する場合はクレジットカードでの支払いになります。また、有効期間が3日以上のデイチケットは購入できません。

デイチケットを購入する場合も、短い期間であれば現地購入で問題ありません。事前にオンラインで購入しておくことも可能です。オンライン購入した場合は、アムステルダム中央駅やスキポール空港の指定場所で引き換えます。下記サイトでは日本語で購入することができます。

バス・トラム・地下鉄のデイチケット(Getyourguide:日本語)

自動券売機でのチケットの買い方

メトロは、日本の鉄道と同じように、自動改札を通って駅構内に入ります。したがって最初に券売機でチケットを購入しておく必要があります。

自動改札のそばには以下のような自動券売機がおいてあります。チケットの買い方を説明します。
アムステルダム トラム バス 地下鉄 チケット 買い方

最初は、オランダ語で画面が表示されているので、画面下に表示されている English をタッチして英語に切り替えます。
アムステルダム トラム バス 地下鉄 チケット 買い方

表示が英語に切り替わりました。1時間チケット、デイチケットを購入する場合は、2番目のBuy disposable GVB chipcardをタッチします。
アムステルダム トラム バス 地下鉄 チケット 買い方

チケットの種類を選びます。GVB 1hour(1時間チケット)、GVB 24hrs / 1 day(1デーチケット)、・・・から選択します。
アムステルダム トラム バス 地下鉄 チケット 買い方

次にチケットの枚数を選択します。
アムステルダム トラム バス 地下鉄 チケット 買い方

最後に支払い方法を選択します。現金の場合は、Cash、クレジットカードの場合は、Credit Cardを選択します。
アムステルダム トラム バス 地下鉄 チケット 買い方

領収書(receipt)が必要かをYes / No で選びます。
アムステルダム トラム バス 地下鉄 チケット 買い方

券売機の右側にあるクレジットカードの読み取り機などで支払いをします。
アムステルダム トラム バス 地下鉄 チケット 買い方

支払いが完了すると、カード型の切符が出てきます。

アムステルダム トラムの乗り方

トラムの停留所には、次に来る便の番号や予想到着時刻が表示されます。

番号と行き先があっているかよく確認しましょう。

トラムの中には、下の写真のようにカスタマーサービスがあります。ここで係員から切符を購入できます。デイチケットやトラベル・チケットなど乗り放題のチケットは、入り口の横にあるカードリーダーにタッチして読み取らせます。

次の停留所は車両の前後に表示されています。降りる停留所になったら、下の写真の降車ボタンを押します。

出口にもカードリーダーがあるので、チケットを読み取らせてください。降車時にカードを読み取らせ忘れると、有効時間内でも次の乗車ができなくなるので注意してください。

アムステルダム バスの乗り方

利用頻度が高いと思われるアムステルダム中央駅のバスターミナルについてご紹介します。バスターミナルはアムステルダム中央駅正面口の逆側にあります。改札なしで通れる自由通路を使って反対側に行きます。
アムステルダム バス 乗り方

エスカレーターを上がった2階がバスターミナルになっています。
アムステルダム バス 乗り方

バス乗り場には、次の到着便の路線番号と到着予定時刻が表示されます。
アムステルダム バス 乗り方

バスもトラム同様に表示されている路線番号、行き先時間違いがないか確認して乗車しましょう。
ザーンセ・スカンス Zaanse Schans 風車村 行き方

デイチケットやトラベル・チケットの場合は、カードリーダーに読み取らせます。運転手から購入する場合は、行き先や「ワンデーチケット」などと伝えて購入します。運転手から指示があったらクレジットカードの読み取り機にカードを入れてください。購入したチケットはカードリーダーにタッチしておきましょう。
アムステルダム バス 乗り方

ほとんどのバスは、下の写真のように行き先、次の停留所が分かりやすく表示されます。降りるバス停が近づいたら降車ボタンを押して知らせましょう。
アムステルダム バス 乗り方

降車時は、出口にあるカードリーダーにチケットをタッチしてから降りるのを忘れないようにしましょう。
ザーンセ・スカンス Zaanse Schans 風車村 行き方

アムステルダム 地下鉄(メトロ)の乗り方

アムステルダムの地下鉄(METRO)の乗り方は、日本の地下鉄とほとんど変わりません。地下鉄の駅の入り口には、下の写真のようにMの標識がでています。

アムステルダム中央駅で鉄道から地下鉄の乗り換える場合は、少しわかりにくいですが、Mのマークが表示されているので、この案内にしたがって進みます。

地下鉄は自動改札を通ります。上で解説した自動券売機が改札の手前にあるので、チケットを購入しておきましょう。日本と同様に、入場できる自動改札には緑の矢印が、入場できない改札には赤い✕が表示されています。チケットを改札にタッチして入場します。

路線番号や行き先の案内にしたがって乗り場まで進みます。

プラットフォームには、到着する便の路線番号、行き先、到着予想時刻が表示されています。

電車が到着したら扉にボタンがあるので、タッチして開きます。

降車時も同様にボタンをタッチして扉を開けて、下ります。

駅から出るときも自動改札にチケットをタッチして出ます。

降り方が紛らわしいケースがあるので補足します。地下鉄の路線には、オランダ鉄道NSと共有している路線があります。このような路線では、地下鉄から乗車した場合は、降りるときも下記のようにMetroと書かれた赤い自動改札から出なくてはいけません。

下記のようにTrein(鉄道)と書いてある黄色い自動改札もありますが、こちらからは出られないので注意してください。

スキポール空港までの鉄道

スキポール空港とアムステルダム中央駅の移動は、GVBの公共交通機関でなくオランダ鉄道NSの電車になります。通常のGVBのチケット、デイチケットではオランダ鉄道NSには乗車できません。アムステルダム・トラベルチケットであれば、往復各1回乗車することができます。
スキポール空港 アムステルダム アクセス 行き方 構内図

スキポール空港とアムステルダム中央駅の電車移動については下記の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

以上、アムステルダム観光に欠かせないトラム、バス、地下鉄について乗り方、チケットの買い方などを詳しく解説しました。

アムステルダム メニュー
アムステルダムに関するこちらの記事も人気です。

[PR]アムステルダムのお勧めツアー

-アムステルダム
-, , , , , , , ,

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です