agoda(アゴダ)のホテル予約ガイド – 評判・口コミ・予約時の注意点・クーポンなど

ホテル

ホテル予約サイト agoda(アゴダ)について、評判口コミクーポン安く予約する方法予約時の注意点など、予約する上で知っておくべき情報を詳しく解説します。

ホテル料金を検索すると、agodaが最安価格に表示されることが多くなりました。安いのはいいけど、agodaでホテルを予約しても大丈夫なのか?が気になるところです。

本記事では、この点を中心にagodaについて解説します。

なお、私自身は過去に10回以上、agodaで海外ホテルを予約していました。以下が私の宿泊履歴です。最初に予約したのは2012年なので、利用歴が8年位になります。

いつの間にか、ホテルが割引になるagoda VIPメンバーにもなっていました。

agodaを使い続けている私の経験もふまえて、役立つ情報をまとめました。クーポン情報を見たい方は、以下のメニューを使ってジャンプしてください。

agodaってどんな会社?

agodaはシンガポールに拠点を置くホテル予約サイトです。同じホテル予約サイトのBooking.comと同じブッキング・ホールディングスの傘下になっています。つまり、agodaとBooking.comは兄弟会社みたいなものです。

設立は2005年で15年の歴史があります。ホテル予約サイトとしては、老舗と言っていい部類です。

もともとアジアのホテル予約サイトとしてスタートしたので、アジア地域のホテルが安く予約できるサイトでした。ブッキング・ホールディングスの傘下になってからは、Booking.comと提携してヨーロッパなど他地域のホテルも安く予約できるようになっています。

上の私の予約履歴を見ていただいてわかるように昔は台湾、香港などアジアのホテルを予約していますが、最近はヨーロッパのホテルも予約しています(私は時間をかけて最安のサイトを探して予約します)。

agodaの評判・口コミ

agodaの評判・口コミを見てみると、下記のようなものが見受けられます。

予約したのに現地で予約が入っていないことが発覚した

キャンセル無料だと思っていたのに有料だった

予約したのと違うグレートの部屋に宿泊させられた

トラブルがあったのに問い合わせ窓口と連絡がとれなかった

悪質、詐欺、2度と利用しない、という強い言葉で書かれているものも多くあります。実際に、非常に困られた方も多くいるのでないかと思います。

ただし、旅行慣れされている方はご存知かと思いますが、agodaと同じようなホテル予約サイトBooking.com、エクスペディア、Trip.comなどの評判も同じ感じで、悪質、詐欺、2度と利用しない、という口コミがたくさんあります。

自分で利用した経験や世間の情報を見ても、agodaだけがトラブルが多いということではないと思います。逆に、トラブルに対して誠意ある対応だったというケースもあります。

ですので、JTBのような良い対応は望めませんが、普通に利用できるというのが私の評価です(当然リスクはあります)。私は10回以上宿泊して予約ミスなどのトラブルはありませんでした。

逆に言えば、価格が高ければagodaで予約するメリットはありませんので、他のサイトで予約することをオススメします。

また、後で説明しますがホテル予約サイトとして不親切な面もありますので、予約時は注意してください。注意さえすれば、問題はありません。

agodaは競合サイトに比べてやすいのか?

agodaは競合サイトと比べて、宿泊料が安いケースが多いですが、ホテル予約サイトは競争が激しく、鉄板の最安サイトはありません

手間はかかりますが、主要なホテル予約サイトでの料金を比較して予約することをオススメします。

以前はアジアのホテルagodaが安いことが多かったですが、最近はTrip.comが安いことも多いです。

ただ、「競合サイトが横並びの価格の中、agodaだけがなぜが安い」ということがあります。

以下の例は、当サイトで定期的に宿泊料を調査しているディズニーランド・パリの提携ホテルの価格比較です。一番左がagodaの宿泊料金です。

アゴダ
アゴダ
エクスペディア
エクスペディア
ブッキングドットコム
ブッキングドットコム
ホテルズドットコム
ホテルズドットコム
ウイーン・ハウス ドリーム キャッスル・アット・ディズニーランド ☆☆☆☆
11,600 16,200 14,650 16,200
ウイーン・ハウス マジックサーカス・ホテル ☆☆☆☆
9,050 13,800 12,500 13,800
ラディソン ブル・ホテル・パリ マルヌ・ラ ヴァレ ☆☆☆☆
15,500 16,200 16,200 16,200
オテル・レリゼ ヴァル・デューロップ ☆☆☆☆
14,650 16,900 16,900 16,900
アダージョ マルヌ・ラ・ヴァレ・ヴァル・デューロップ ☆☆☆
8,700 8,800 8,800 8,800
エクスプローラーズ・ホテル ディズニーランド・パリ ☆☆☆
14,200 18,750 18,750 18,750
カンパニール・ヴァル・ドゥ・フランス ☆☆☆
8,800 10,600 10,600 10,600
B&B オテル ディズニーランド・パリ ☆☆
11,000 11,000 11,000 11,000

このように横並び価格の中、agodaが突出して安いホテルがあり、実際に予約している人も多いようです。

Googleのホテル検索では、agodaの料金が出ないこともあり、個別に料金を検索すると、実は最安だったことも多くありました。

agoda 予約時の注意点

agodaは予約システムが不親切なので、これがトラブルの元になっている可能性もあります。

予約時に注意しなくてはいけないポイントを解説します。

下記がagodaでホテル検索すると表示される画面です。ここで注意点が2つあります。

1つ目は「キャンセル無料」の表示です。2つ目は、表示される宿泊料金です。

一覧からホテルをクリックすると、予約の詳細画面になります。一覧には「キャンセル無料」と書かれていましたが、すべてのプランがキャンセル無料というわけではありません。それどころか、キャンセル無料のプランは(このケースだと)表示されておらず、「他n件の宿泊プランを見る」をクリックすると現れます。

キャンセル無料のプランは、宿泊プランの詳細に「xxxx年xx月xx日の【前日】までキャンセル無料」と書かれているプランだけです。よく確認してください。また、xx日が無料の期限でなく前日までなのも注意点です。キャンセル無料のプランは、宿泊料も高くなります。

注意点の2つ目は、予約の最後の過程まで、実際に支払う金額が表示されないことです。上記のように、宿泊プラン詳細画面まで15,606円と表示されています。しかし、いざ支払いに進もうとすると下記のように税金・サービス料金が追加されて、17,167円になっています。他のサイトと料金を比較する場合も、最終金額を比較してください。

なお、最後の最後まで支払い金額が分からないのは、エクスペディア、ホテルズドットコムも同じなので、agodaだけが不親切なわけではありません。

一方、Booking.comは下記のように最初の画面から総額で表示されているので、価格調査のときに便利です。

最初の画面ではBooking.comのほうが高く見えますが、実際の宿泊料金はagodaと同じ€143です(agodaは日本円の宿泊料が安く見えるように為替レートを設定しています)。

Booking.comを持ち上げるつもりはありませんが、不利になるにも関わらず最初から総額表示していることは高く評価して良いと思います(同じ系列のサイトなのですが)。

agodaのクーポン・宿泊

agodaでは、いろいろな形でクーポンが配布されます。以下で、3つのタイプのクーポンと、利用方法、クーポンが使えない場合のチェックポイントを解説します。

(1)割引クーポンのページ

一番標準的なクーポンの確認方法は、「割引クーポン」のページを確認することです。

agodaにアクセス

上記ボタンでagodaのトップページにアクセスすると、「割引クーポン」というリンクがあるので、ここをクリックします。

クーポンの一覧ページが表示されます。下記のように香港、台北など都市限定の割引クーポンが頻繁に配布されています。期間限定で、どの都市にも利用できる10%OFFクーポンが配布されていることがあります。

対象のクーポンをクリックすると、クーポンコードが表示されるのでコピーします。表示されている注意事項をよく確認しておきましょう。

(2)トップページのフラッシュ・セール

トップページにアクセスすると、突如、下記のようなクーポンコードが表示されるケースもあります。

下記は2020年1月に表示されていたクーポンです。このタイプのクーポンは画面を閉じてしまうと、再度表示できなくなることもあるので、すぐにスクショしておくと安心です。

(3)ホテル限定のクーポン

対象ホテルを限定したフラッシュセールのクーポンが配布されることも多くあります。この場合、ホテルを検索すると以下のようにクーポン適用の表示があります。この場合、クーポンを入力しなくても、すでに適用済のことが多いです。

クーポンの使い方

クーポンが利用できる場合は、①お客様情報の入力ページの右側にクーポン入力欄が表示されます。ここにコピーしたクーポン・コードを貼り付ければ、料金が割引になります。

agodaのクーポンが使えない場合は

せっかくクーポンを入力したのに「有効なクーポンコードを入力してください。」と表示され、使えないことがあります。

クーポンが有効でない理由が詳しく表示されないので、なぜ使えないのか判断に困る場合が多いです。クーポンが使えないケースには以下が考えられます。

クーポン適用対象外のホテルである。XX地区のホテル限定というように対象外であることが、わかりやすいケースもありますし、大手ホテルチェーンはそもそもクーポン対象外というケースもあります。

クーポンが自動的に適用済だったり、クーポンが適用出来ない場合は、クーポン入力欄が表示されません。

上で紹介したフラッシュセールなどは、対象を確認しようにも説明ページにたどり着けなくなる場合も多いので、クーポンコードをコピーするだけでなく、最初に対象をしっかり確認しておくと良いです。

Agoda VIPでの割引宿泊

過去2年で5回以上宿泊しているとAgoda VIPになり、対象となる35,000以上のホテルを会員割引で予約できます。

私もAgoda VIP会員ですが、実際のメリットはそこまで感じていません。似たようなBooking.comの.genious会員と比べてイマイチです。

一番イマイチだとおもう点が、Agoda VIP割引が怪しい点です。下記のように、対象施設には、Agoda VIP割引と表示され、VIP会員なら普通より安く予約できるように見えます。

が、VIP会員でログインせずに一般の料金を確認してみると、まったく同じだったりします。なんとなく騙された気分になります。

ただ、実際に安くならないかと言うとそうでもなく、下記のホテルは、300円ほど安くなります。2%プラスで割引された計算になります。

Agodaコイン

agodaには、Agodaコインというポイント制度があります。対象のホテルでは、宿泊費の3%ほどのポイントが還元されます。

agodaコインは、Agoda VIP以上にイマイチです。

というのも、ポイント発行後1ヶ月には無効になってしまいます。しかもポイント発行は、ホテルにチェックアウトした7日後です。1ヶ月以内に定期的にホテルに宿泊する人(誰??)以外は使えません。

下記は、私のagodaコインの画面です。4千円くらいのコインを獲得していますが、すべて無効になっています。こんな使うハードルの高いポイントシステムを提供する意味がわかりません。

agodaの問い合わせ

予約証が届かないなどのトラブルやagodaへの各種質問は下記問い合わせページから行えます。

agoda 問い合わせページ

メールや電話での問い合わせ先がわかりにくいので手順をご紹介します。

問い合わせページにアクセスすると、以下のように問い合わせの内容を選択する画面になります。

予約済のホテルに関する質問は、ログインしてから問い合わせます。それ以外の質問は、右下の「さらに表示」をクリックします。

やっと電話やメールでの問い合わせ先が表示されました。

日本語対応の問い合わせの電話番号が表示されます。受付時間は、毎日09:00 – 21:45の間です。

以上、ホテル予約サイトagodaについて、評判・口コミ、クーポン、予約時の注意点などを解説しました。記事後半ではディスりまくってしまいましたが、それでも私はガッツリ利用しています。それだけ利用価値があるサイトだということです。

主要な海外ホテル予約サイトについて評判・口コミ、クーポン、予約時の注意点など役立つ情報をまとめています。
ホテル予約ガイド・クーポン情報

-ホテル
-, , , , , ,

関連記事


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です