ヨーロッパ旅行で格安SIMを使う方法ガイド – SIMロック解除など

プリペイドSIM

ヨーロッパ各国で広く使える旅行用の格安SIMなど、ヨーロッパ旅行でスマホをお得に使う方法をご紹介します。海外パケ放題など、海外でのスマホ利用料金が定額になったとはいえ、docomo 海外パケ・ホーダイ、au 海外W定額、softbank 海外パケットし放題は1日で2,980円の料金がかかります(25MB以上利用の場合)。海外旅行になれた人は、1ヶ月間で1GB~3GB使える長期間・大容量で、ヨーロッパのどの国でも使えて1,000円~2,000円と爆安で日本のAmazonで簡単に買える、といいところばかりのSIMカード(プリペイドSIM)を利用しています。海外でスマホを安く使うには、このSIMカードを購入するのが一番です。しかし、海外のSIMカードは、スマホがSIMロックが解除された、いわゆるSIMフリーになっていないと使えません。この記事では、SIMフリーにする方法など、海外でプリペイドSIMを使う方法をご紹介します。

海外旅行用SIMカードのメリット・デメリット

海外旅行用のSIMカード(プリペイドSIM)は海外パケ放題やWifiレンタルなどと比較しても圧倒的に安いですが、デメリットもあります。メリット、デメリットを整理します。

〇海外旅行用SIMカードのメリット

・とにかく安い。ヨーロッパ用で千円ちょっと、香港などアジア用は500円ちょっとであります
・LINEなど日常使っているアプリも普通に使える。ラインでの通話もできる(中国を除く)
・日本で簡単に買える
・複数の国を周遊しても、国ごとに料金がかからない

☓海外旅行用SIMカードのデメリット

・SIMロック解除したスマホでないと使えない(SIMフリースマホならロックはかかってません)
・電話の通話やキャリアメールが受信できない
※LINEの通話やGmailの受信は可能です
中国(除く香港)はスマホのアクセスに制限がかかっていてちょっと特殊です。下記記事で中国でSIMカードを使う方法を解説しています。参考にしてください。

SIMカードはどのスマホでも使えるの?

SIMカードは、iPhoneでもAndroidでも使うことができます。ただし、大前提としてSIMロックが解除されているスマホ(いわゆるSIMフリースマホ)でないと利用できません。SIMロックとは、Docomo(ドコモ)、AU、Softbank(ソフトバンク)など、契約した携帯会社のSIMしか使えないように制限されていることを言います。SIMロックがかかっていると、当然、海外の携帯会社のSIMカードは利用できません。Docomo(ドコモ)、AU、Softbank(ソフトバンク)などで契約したSIMロックがかかっているスマホでも、2015年5月からSIMロック解除が義務化されています。2015年5月以降に販売されたスマホは、Docomo(ドコモ)、AU、Softbank(ソフトバンク)、どの携帯電話会社でも手続きを行えばSIMロックが解除できます。

スマホがSIMロックをされているか調べる

スマホがSIMロックされているか簡単に調べることは難しいです。基本的には、Docomo(ドコモ)、AU、Softbank(ソフトバンク)で購入したiPhone、AndroidはSIMロックされていると考えてください。Yモバイル!のスマホもSIMフリー端末以外ではSIMロック解除が必要です。それ以外のBIGLOBE、楽天モバイル、DMM mobileなど格安スマホで契約したSIMフリースマホは、基本的にSIMロックされていません。これは目安ですので、詳しくは携帯を購入したショップに確認してください。

H.I.S.モバイルが販売している変なSIMのサイトでは、スマホのSIMロックが解除可能かを判定してくれるサービスがありますので、このサイトを使って確認するのも良いかもしれません。

「変なSIM」SIMロック解除 シミュレーター

スマホのSIMロックを解除する

Docomo(ドコモ)、AU、Softbank(ソフトバンク)で契約したSIMロックされたスマホでもロックを解除すれば、プリペイドSIMを使うことができます。ただし、スマホを契約してから、各通信会社101日以上経過している必要があります。2015年5月以降に発売されたスマホであれば、SIMロックの解除をネット、もしくは、携帯ショップですることができます。ネットで手続きする場合は基本的に手数料がかかりませんが、携帯ショップの場合は、3,000円の手数料がかかります。2015年5月より前に販売されたスマホはSIMロックできるかショップで確認してください。

ドコモのスマホのSIMロック解除

購入から100日以上経過していれれば、ネット、またはDocomoショップでSIMロック解除の手続きができます。具体的な解除方法は下記のDocomoの公式サイトを参照してください。docomoショップや電話でSIMロック解除をする場合の手数料は3,000円(税抜)です。パソコンのmy docomoから手続きする場合は無料です。

ドコモ公式サイトのSIMロック解除の手続きの説明

AUのスマホのSIMロック解除

ネット、またはauショップ各店でSIMロック解除の手続きができます。具体的な解除方法は下記のAUの公式サイトを参照してください。ショップでのSIMロック解除する場合の手数料は3,000円(税抜)です。パソコン、スマホで手続きする場合は、無料です。

AU公式サイトのSIMロック解除の手続き

SoftbankのスマホのSIMロック解除

ネット、またはSoftbankショップ各店でSIMロック解除の手続きができます。具体的な解除方法は下記のSoftbankの公式サイトを参照してください。ショップでのSIMロック解除する場合の手数料は3,000円(税抜)です。パソコン、スマホで手続きする場合は、無料です。

Softbank公式サイトのSIMロック解除の手続き

Y!mobile(ワイ モバイル)のスマホのSIMロック解除

My Y!mobile、またはY!mobileショップ各店でSIMロック解除の手続きができます。具体的な解除方法は下記のSoftbankの公式サイトを参照してください。ショップでのSIMロック解除する場合の手数料は3,000円(税抜)です。パソコン、スマホで手続きする場合は、無料です。

Y!mobile公式サイトのSIMロック解除の手続き

海外旅行用のSIMカードを買う

海外旅行用のSIMカードは日本にいる間にAmazonなどで購入します。海外についたら、スマホに挿入しているSIMカードを日本の携帯会社のものから海外旅行用のSIMカードに交換します。その後、スマホの通知設定でローミングを有効にします。基本的には、これだけで安く海外でスマホを使うことができます。下の写真がSIMカードです。慣れてしまえば、誰でも簡単にSIMカードを交換することができます。

ThreeプリペイドSIM

以前は、海外旅行先の空港に到着したら、携帯ショップで現地の携帯会社のSIMカードを購入するしかありませんでした。現地の携帯ショップの店員と英語でやり取りしたり、SIMカードの設定も複雑だったり、苦労も多くありました。しかし最近は、冒頭でもご紹介したように日本にいるうちにAmazonで安く購入できます。しかも、ヨーロッパのほぼすべての国で、1ヶ月間・1GBを使えて千円ちょっとという、以前からしたら信じられない好条件のSIMカードを購入できます。格安スマホと同じで、このプリペイドSIMを使い始めたら、海外パケ放題やWifiレンタルがバカバカしくなるほどです。

ヨーロッパ旅行用に私も愛用していて一番メジャーだと思われるのがイギリスの通信会社ThreeのSIMカードです。
ThreeプリペイドSIM

1GBのデータ通信が可能
・利用開始から最大30日間利用可能
・イギリスを中心に60カ国で利用可能

というハイスペックにもかかわらず990円(2019年3月時点)と圧倒的な安さで購入できます。

データ容量3GBのタイプもありますので、旅行の期間や用途に合わせて購入してください。Threeデータ専用 SIMカードの買い方、使い方、実際にヨーロッパ各国で使ったレポートを下記記事で詳しく解説しています。参考にしてください。

ヨーロッパ用はThreeのSIMを選んでおけば間違いありません。その他、香港・マカオ旅行、中国旅行におすすめなSIMカードを下記記事で紹介しています。

ヨーロッパ各国のプリペイドSIMを購入レポート

手間はかかりますが現地の携帯ショップでSIMカードを購入するのが楽しみという方もおられます。以下の記事では、イタリア・ミラノ、ポーランド・ワルシャワ、ポルトガル・リスボン、各地の現地携帯ショップでSIMカードを購入した様子をレポートしています。

ワルシャワでは、なんとSIMカードが150円爆安でした。このような場合は、現地で購入しても良いと思います(手間を考えると、150円も990円も大差ないとも言えますが)。なお、ヨーロッパ各地でのおすすめSIMカードを下記の記事で解説しています。

以上、ヨーロッパ旅行などで海外旅行用SIMカードを購入してスマホを安く使う方法を解説しました。

海外旅行のノウハウに関するこちらの記事も人気です。

-プリペイドSIM
-, ,